メインメニューを開く
元始天尊。

元始天尊(げんしてんそん)とは、「太元」を神格化した道教神学中の最高神。また、霊宝天尊太上道君)、道徳天尊太上老君)と並ぶ三清の一柱。

隋書』「経籍志」によると元始天尊は太元、即ち全ての物事よりも先に誕生した常住不滅の存在であり、天地再生の際に人々に道を説いて救済を与えるという(開劫度人)。また『雲笈七籤』の巻二では、万物の始めであり「」の本質であるとされ、同巻三によると大羅天の玄都にある玉京に住むという。

同じく三清の一人である太上老君と比較すると、元始天尊が活躍する古典文学は少ない。

文学作品に登場する元始天尊編集

  • 封神演義 - 代の神怪小説。この作品では闡教を治める教主として登場し、弟子の姜子牙に封神を任せるという重要な役割を担っているが、自ら剣を取って仙人の戦いに参加するなど、本来の信仰のイメージとは異なる姿で描かれている。

参考文献編集