元 宝月(元寶月、げん ほうげつ、502年 - 524年)は、北魏皇族。臨洮王。は子煥。

経歴編集

京兆王元愉楊奥妃のあいだの子として生まれた。弟に元宝暉(幼主元釗の父)、元宝炬西魏の文帝)がいる。508年永平元年)に父が冀州で反乱を起こして敗死したため、宝月は兄弟たちとともに宗正寺に幽閉された。515年延昌4年)、宣武帝が死去すると、宝月は幽閉を解かれ、清河王元懌の庇護を受けた。父の名誉が回復されて臨洮王に追封され、宝月はその封を嗣いだ。524年正光5年)5月25日、邸で病没した。持節・都督秦州諸軍事・平西将軍・秦州刺史の位を追贈された。は孝王といった。

妻子編集

編集

編集

  • 元蒨(字は長禕)
  • 元森(字は仲蔚、臨洮王)

伝記資料編集

  • 魏故平西元王墓誌銘(元宝月墓誌)