メインメニューを開く

概要編集

仙台駅の北・X橋交差点[注 1]から広瀬通を直進する形で接続し、市道宮城野1888号元寺小路福室線・市道宮城野1282号元寺小路福室(その2)線・市道宮城野1562号元寺小路福室(その6)線・市道宮城野1479号元寺小路福室(その5)線[注 2]・市道宮城野1096号元寺小路福室(その1)線・市道若林385号元寺小路福室(その2)線・市道宮城野1035号元寺小路福室(その4)線を通し、鶴巻交差点[注 3]に至る。

東北自動車道仙台宮城ICから、仙台西道路国道48号)・広瀬通・当道路を経て、仙台東部道路仙台港IC付近[注 4]までを、仙台市都心部を貫通する形でほぼ一直線に結ぶ。

沿革編集

  • 1959年(昭和34年)3月4日 - 市道宮城野1205号銀杏町5号線、供用開始。
  • 1984年(昭和59年)3月30日 - 市道宮城野1282号元寺小路福室(その2)線、供用開始。
  • 1989年(平成元年)3月28日 - 市道宮城野1096号元寺小路福室(その1)線・市道若林385号元寺小路福室(その2)線・市道宮城野1035号元寺小路福室(その4)線、供用開始。
  • 2011年(平成23年)3月2日 - 市道宮城野1562号元寺小路福室(その6)線、供用開始。
  • 2013年(平成25年)10月31日 - 新宮城野橋(下り線)供用開始、片側1車線・計2車線で暫定利用開始。
  • 2014年(平成26年)7月10日 - 旧宮城野橋(2代目)を撤去。
  • 2017年(平成29年)
    • 3月26日 - 新宮城野橋(上り線)供用開始、上り2車線と下り1車線・計3車線で暫定利用開始。
    • 6月 - 新宮城野橋が片側3車線・計6車線で完全供用開始。
    • 11月21日 - 五輪工区の一部が供用開始。
  • 2018年(平成30年)3月8日 - 五輪工区[注 5]が供用開始[1][2]。これにより、全線開通。

構成する市道編集

市道宮城野1888号元寺小路福室線編集

X橋交差点から、東八番丁中江線[注 6]および宮沢根白石線[注 7]と交差して、榴岡公園北西の交差点[注 8]に至るまでの、1,018mの区間。現在、西行きの一方通行となっている市道宮城野1312号二十人町線を拡張し、片側3車線・計6車線化した道路として事業中。宮城野橋(X橋)の架け替えも、当事業に含まれる。現在区画整理が進行中であり、部分的に開通している。

宮城野橋架け替え編集

地上を走るJR東日本東北本線と高架部分を走る同東北新幹線の間を横架する、片側1車線・計2車線の宮城野橋(通称 X橋 , 橋長193m)を、片側3車線・上下線別の橋に架け替える工事[3]。北側の橋(下り線)を2013年に暫定供用させた後、旧宮城野橋を撤去し、南側の橋(上り線)を2016年度に完全供用させる計画[3]。北側の橋(下り線)は、2013年10月31日に供用開始した[4]。南側の橋(上り線)は、旧橋を2014年7月10日未明に撤去した[5]のち、2017年3月26日に3車線(上り2車線+下り1車線)にて暫定供用開始[6][7]、2017年6月に6車線にて完全供用開始した。

当初の計画案ではX橋交差点ではなく、中央2丁目交差点[注 9]に接続させ、駅前通をオーバークロスさせる予定だったが、再検証した上で現行の工事に変更[8]。これによって事業費と工期が圧縮され、橋長も370mから152mに短縮された[8]

市道宮城野1282号元寺小路福室(その2)線編集

前節・市道宮城野1888号線から接続し、榴ヶ岡公園東交差点[注 10]を経て、市道宮城野1253号台1号線交差部分に至るまでの、317mの区間。片側2車線・計4車線道路として供用済みとなっている。

市道宮城野1562号元寺小路福室(その6)線編集

前節・市道宮城野1282号元寺小路福室(その2)線から接続し、市道宮城野1457号宮城野通1号線との接続部に至るまでの、400mの区間。2011年3月2日に供用を開始した[9]

市道宮城野1479号元寺小路福室(その5)線編集

前節・市道宮城野1562号元寺小路福室(その6)線から接続し、仙台医療センターの北で現存する市道宮城野1205号銀杏町5号線と合流、銀杏町交差点[注 11]に至る、670mの区間。市道宮城野1205号銀杏町5号線と重複する区間は、片側2車線・計4車線道路。

市道宮城野1096号元寺小路福室(その1)線編集

前節・市道宮城野1479号元寺小路福室(その5)線から接続し、自衛隊正門前交差点[注 12]に至るまでの、559.1mの区間。片側2車線・計4車線道路として、供用済み。

市道若林385号元寺小路福室(その2)線編集

前節・市道宮城野1096号元寺小路福室(その1)線から接続し、卸町4丁目交差点[注 13]を経て、箱堤交差点[注 14]に至るまでの、1,456mの区間。陸上自衛隊仙台駐屯地と接している区間は片側2車線・計4車線、他区間は片側4車線・計8車線として供用済み。

当道路は宮城野区若林区の区境界線となっており、当市道のみ若林区に属する道路として扱われている。

市道宮城野1035号元寺小路福室(その4)線編集

前節・市道若林385号元寺小路福室(その2)線から接続し、扇町7丁目交差点[注 15]等を経て、鶴巻交差点に至るまでの、2,576.2mの区間。片側3車線・計6車線として供用済み。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 広瀬通駅前通の交差点
  2. ^ 市道宮城野1205号銀杏町5号線と重複
  3. ^ 宮城県道23号仙台塩釜線との交差点
  4. ^ 仙台港ICは当道東端の鶴巻交差点から、宮城県道23号仙台塩釜線を約1km北上したところに所在
  5. ^ 市道宮城野1562号元寺小路福室(その6)線、市道宮城野1479号元寺小路福室(その5)線にまたがる、1,217mの区間。
  6. ^ 東八番丁通
  7. ^ 東十番丁通
  8. ^ 北へ伸びる市道宮城野1311号小田原二十人町線、北東に伸びる市道宮城野1284号仁天門下丁線、接続する後節・市道宮城野1282号元寺小路福室(その2)線、南へ伸びる市道宮城野1456号榴岡公園西線、南南西に伸びる市道宮城野1281号梅原南丁線との変則6叉路
  9. ^ 広瀬通愛宕上杉通の交差点
  10. ^ 宮城県道137号荒浜原町線との交差点
  11. ^ 宮城の萩大通りとの交差点
  12. ^ 市道宮城野1097号東仙台南小泉(その1)線・通称 東の杜大通、陸上自衛隊仙台駐屯地敷地内への私道との交差点
  13. ^ 仙台市道若林373号卸町中央線、仙台市道宮城野1090号六丁目鶴ケ谷(その2)線との交差点
  14. ^ 国道4号仙台バイパスとの交差点
  15. ^ 市道宮城野1060号扇町25号線との交差点

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集