元悼皇后(げんとうこうごう、? - 318年以前)は、前趙劉曜の最初の妻(即位前没)。姓は卜氏。兄弟に左光禄大夫の卜泰がいる。劉倹劉胤を生んだ。

元悼皇后
前趙の追封皇后

死去 318年以前
配偶者 劉曜
子女 劉倹劉胤
兄弟 卜泰
テンプレートを表示

生涯編集

劉曜に嫁ぎ、正室となったが、劉曜の即位以前に死去した。

劉曜が即位すると、皇后に追封され、元悼された。

卜氏の息子で世子であった劉胤は、靳準が叛乱したときに捕らわれ、匈奴の黒匿郁鞠部の奴隷となったが、その後帰還した。劉曜は驚き喜んで、劉胤を永安王に封じた。また、皇太子の劉煕(皇后羊献容の子で劉胤の弟)に命じて、劉胤に対し兄弟の礼をとらせた。劉胤もわだかまりなく応じた。

男子編集

  • 劉倹(臨海王)
  • 劉胤(南陽王)

伝記資料編集