メインメニューを開く

略歴編集

2009年、舞台「新宿駅~恋のカーニバル」でデビュー。その後、2011年にミュージカル『テニスの王子様』に出演し、人気を集める[4]

2012年8月、自身のTwitterを開設する。

2013年4月から2018年3月まで5年間、『おかあさんといっしょ』の派生番組である『おとうさんといっしょ』に機関車運転士のせいやくんとして出演[5]

2016年5月、自身のInstagramを開設する。

2016年には中華人民共和国6都市で開催された『ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』ワールドツアー』で主人公・うずまきナルト役を演じ[6]、アジアでも注目を集めた[4]

2017年には『人は見た目が100パーセント』に戸川亮介役として初めて連続ドラマにレギュラー出演[4]

2018年にはスーパー戦隊シリーズの第42作『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』に追加戦士、高尾ノエル / ルパンエックス(声) / パトレンエックス(声) 役で出演[7]

人物編集

  • 趣味はDVD鑑賞、音楽鑑賞、インディーズバンド探し[1]
  • 特技はアクロバット(トリッキング、FreeRunning、パルクールXMA)、水泳[1]
  • ミュージカル・テニスの王子様で共演した池岡亮介とは高校の同級生でもあり特に仲が良い[8]。池岡の他に、俳優の竹内涼真吉沢亮シンガーソングライター岸洋佑パルクールパフォーマーのZENも高校の同級生である。
  • 音楽が身近にある生活を送っており、イヤホンやヘッドフォンなどといったオーディオ機器にはこだわりを見せている。
  • 尊敬する俳優に市原隼人を挙げており、彼が出演したドラマウォーターボーイズを見て俳優を目指したと語っている。
  • 元木の代名詞であるアクロバットは、高校に入学してから始めており、Snow Man岩本照にパルクールをやっている場所に連れて行ってもらい、そこで見たアクロバットに魅力され、「俺もやりたい」と始めた。始めは補助付きで行い、少し時間が経つとすぐにコツを覚え、習得していた。その後、パルクールパフォーマーのZEN898と出会い、チームを作ったと話している。

出演編集

太字は主演作品

映画編集

テレビドラマ編集

テレビアニメ編集

舞台編集

バラエティ編集

レギュラー出演

その他の出演

ラジオ編集

コンサート編集

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

2018年

  • いざ勝負!紅白かくし芸対決
  • おとうさんといっしょ 出張レオてつコンサート(2018年3月11日、太子町あすかホール)
  • おとうさんといっしょ 出張レオてつコンサート(2018年5月26日、綾瀬市オーエンス会館)- ゲスト出演

イベント編集

  • J.HIGHカフェ(2013年~2015年、不定期開催)
  • 中村蒼・聖也・稲葉友ファンイベント~僕のすべて出しちゃいます~(2013年2月10日、渋谷Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
  • 中村蒼・聖也・稲葉友ファンイベント~僕のすべて出しちゃいます~ vol.2(2013年12月21日、銀座ヤマハホール

雲水GW場所(2013年5月5日)

マックハウス新店舗オープン記念イベント(2014年5月24日ー25日、ネイビーストア横浜店)

  • 21st.聖誕祭(2014年10月11日)
  • 聖也とメリークリスマス~重大発表もあるよ~(2015年12月12日)
  • It's SEIYA's STYLE~12日遅れのバレンタイン~(2017年1月23日)
  • SEIYA's STYLE BAR vol.1(2017年6月28日、渋谷ROOTS
  • SEIYA's STYLE BAR vol.2(2017年7月28日、恵比寿BATICA
  • 超体感ステージキャプテン翼「キャストと行く横浜FC観戦ツアー」(2017年8月5日)
  • SEIYA's STYLE BAR vol.3(2017年8月26日、中目黒solfa
  • SEIYA's STYLE BAR vol.4(2017年9月18日、恵比寿BATICA
  • 聖誕祭2017(2017年10月22日、渋谷PLUG IN STUDIO
  • SEIYA's STYLE BAR vol.5(2017年11月15日、恵比寿BATICA
  • 聖誕祭2018(2018年10月20日、HYPERMIX 門前仲町
  • 子ども向けアクロバット教室「平成最後のアクロバットタイム」(2018年4月30日、MISSION PARKOUR PARK
  • ラッキーでいこう(2019年7月14日、KFC Hall
  • SEIYA Acrobat School(2019年8月20日、MISSION PARKOUR PARK

広告・イメージモデル編集

写真集編集

  • SEIYA (2011年6月30日、スタジオワープ)
  • はたち。(2013年10月5日、ワニブックス) ISBN 978-4-8470-4580-6
  • VARIOUS(2019年4月22日、東京ニュース通信社)

DVD編集

  • SEIYA☆J.High (2012年1月31日、スタジオワープ)
  • 20 Journey (2013年10月23日、リバプール) ISBN 978-2-38551160-9

CD編集

  • 大切な言葉 (2012年10月6日、スタジオワープ)

CM編集

  • バンダイ「VSビークルシリーズ 連結変身 DX Xチェンジャー」(2018年)

オリジナルビデオ編集

ゲーム編集

ディスコグラフィ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 元木 聖也 アーティスト レプロエンタテインメント”. 2018年12月17日閲覧。
  2. ^ “「せいやくん」役で「おとうさんといっしょ」出演の聖也、元木聖也に改名”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2015年12月13日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20151213-OHT1T50092.html 2015年12月23日閲覧。 
  3. ^ lespros_seiyaのツイート(675574804259323905)
  4. ^ a b c 元木聖也、連ドラ初レギュラーは”見た目100%”のイケメン美容師!”. 日刊エンタメクリップ (2017年4月5日). 2018年12月17日閲覧。
  5. ^ 『ルパパト』元木聖也、300人からの誕生日祝いに「ぐっときちゃった!」 バースデーイベント『聖誕生祭2018』”. スパイス (2018年10月21日). 2018年12月17日閲覧。
  6. ^ 「NARUTO」中国6都市にて上演決定!ナルトは元木聖也、サスケは櫻井圭登”. ステージナタリー (2016年5月23日). 2018年12月17日閲覧。
  7. ^ a b “ルパンレンジャーVSパトレンジャー:新戦士は快盗で警察? 新キャラ高尾ノエル役で元木聖也出演”. MANTANWEB. (2018年6月10日). https://mantan-web.jp/article/20180609dog00m200060000c.html 2018年6月10日閲覧。 
  8. ^ lespros_seiyaのツイート2018年12月17日閲覧。
  9. ^ “「不機嫌なモノノケ庵」舞台化!原嶋元久ら4名が芦屋花繪と安倍晴齋演じる”. コミックナタリー. (2016年6月30日). http://natalie.mu/comic/news/192744 2016年6月30日閲覧。 
  10. ^ “小澤廉と元木聖也が「PON!」お天気お兄さんに”. ステージナタリー. ナタリー (ナタリー). (2018年3月14日). https://natalie.mu/stage/news/273480 2018年3月19日閲覧。 

外部リンク編集