元祐皇后(げんゆうこうごう、1072年 - 1131年)は、北宋哲宗の廃后。南宋高宗により皇太后とされた。姓は孟氏。廃位後の法名は沖真元祐太后隆祐太后とも呼ばれるが、これらは諡号でなく生前の称号であり、元祐は哲宗期の元号である。

孟皇后
北宋の皇后
B The Demoted Empress of Song Dynasty.jpg
元祐皇后孟氏
在位 元祐7年5月16日 - 紹聖3年9月29日
1092年6月23日 - 1096年10月17日

別称 元祐太后、隆祐太后
昭慈献烈皇后、昭慈聖献皇后
出生 熙寧5年(1072年
死去 紹興4年4月14日[1]
1131年5月12日
配偶者 哲宗
子女 福慶公主(洵美帝姫)
父親 孟在
母親 王氏
テンプレートを表示

生涯編集

洺州の人。従八品閤門祗候の孟在と王氏の娘。宣仁太后らによって多くの名家の娘の中から選ばれて、元祐7年(1092年)5月16日、20歳で当時17歳の哲宗の皇后となった。哲宗は婕妤劉氏を寵愛し、孟氏は劉氏としばしば諍いを起こした。

紹聖3年(1096年)に掖庭の獄が起こり、9月29日に孟氏は呪詛、媚薬使用、病原投与の罪で皇后を廃され、瑤華宮に移されて道士にさせられた。法号は「華陽教主」「玉清静妙仙師」[2]

元符3年(1100年)、哲宗が崩ずると、欽聖皇后によって皇宮に召され、皇后に復して元祐皇后を称した。

崇寧元年(1102年)、徽宗によって再び廃され、瑤華宮に移された。新しい法号は「希微元通知和妙静仙師」。しかし瑤華宮で火事が起こり、孟氏は延寧宮に移った。その後、延寧宮も焼失して孟氏は実家に帰った。

靖康の変の際、廃后で実家にいたことが幸いし、に捕らえられ連行されるのを免れた。金は北宋の宰相であった張邦昌を傀儡として「大楚皇帝」に擁立し、北宋の旧領を間接統治しようとした。しかし金軍が撤収すると、張邦昌は即座に帝位を放棄し、孟氏を元祐皇后[3]として尊奉し、垂簾聴政させた。孟氏は手ずから書して、開封を脱出していた康王趙構(高宗)が立ち、宋の皇統を継いだことを内外に告げた。

南宋の建炎元年(1127年)、孟氏は元祐太后を号した。さらに祖父の孟元の名前を避諱されて、隆祐太后と改号した。 紹興元年(1131年)4月、崩じた。昭慈献烈皇后とされ、のち昭慈聖献皇后と改められた。

子女編集

伝記資料編集

  • 『続資治通鑑長編』
  • 『宋会要輯稿』
  • 『廃皇后孟氏詔』
  • 『復元祐皇后制』
  • 『再廃元祐皇后詔』
  • 『孟沖真賜希微元通知和妙静仙師詔』
  • 『張邦昌請元祐皇后垂簾聴政手書』

脚注編集

  1. ^ 宋史』巻26, 高宗紀 紹興元年四月庚辰条による。
  2. ^ 『宋史』巻18, 哲宗紀 紹聖三年九月乙卯条 「廃皇后孟氏爲華陽教主、玉清妙靜仙師、賜名沖真」
  3. ^ 張邦昌は「楚」の帝位にあった4月5日、実家にあった孟氏を宋太后に封じた。4月10日、金軍が遠のくと、張邦昌は即座に帝位と「楚」の国号を放棄し、孟氏を皇宮に迎えて宋の元祐皇后として垂簾聴政させた。

関連項目編集