元 胡摩(げん こま、? - 616年)は、北周孝閔帝宇文覚の皇后西魏文帝元宝炬の娘。

孝閔皇后
北周の皇后
在位 557年2月 - 10月
別称号 晋安公主

全名 元胡摩
死去 616年
配偶者 孝閔帝
氏族 元氏(西魏皇族
父親 文帝元宝炬
テンプレートを表示

経歴編集

西魏で晋安公主に封ぜられた。又従兄弟にあたる宇文覚が略陽公となったとき、胡摩をめとった。宇文覚が北周の天王に即位すると、胡摩は王后に立てられた。宇文覚が宇文護の手により廃位されると、胡摩は出家して尼となった。572年武帝が宇文護を殺すと、亡き宇文覚に孝閔帝の尊号が贈られ、胡摩は孝閔皇后とされて、崇義宮に住んだ。が建てられると、宮廷を出て里邸に住んだ。616年、死去した。

伝記資料編集

  • 周書』巻9 列伝第1 皇后
  • 北史』巻14 列伝第2 后妃下