元興(げんこう)は、東晋安帝司馬徳宗の治世に行われた2番目の年号

402年 - 404年。元興元年は3月に一旦、隆安6年に戻された上で大亨元年とされた。後に再び元興に戻された。

資治通鑑』では、桓玄の簒奪に反対する立場から大亨の元号を使用していない。

出来事編集

西暦・干支との対照表編集

元興 元年 2年 3年
西暦 402年 403年 404年
干支 壬寅 癸卯 甲辰

他元号との対照表編集

元興 元年 2年 3年
後燕 光始2 光始3 光始4
後秦 弘始4 弘始5 弘始6
北魏 天興5 天興6 天興7
天賜1
後涼 神鼎2 神鼎3 -
北涼 永安2 永安3 永安4
南涼 弘昌1 弘昌2 弘昌3
南燕 建平3 建平4 建平5
西涼 庚子3 庚子4 庚子5

参考文献編集

  • 資治通鑑
  • 『中国歴代年号考』李崇智(中華書局 2004年)

関連項目編集


前の元号:
隆安
中国の元号
東晋
資治通鑑の記述
次の元号:
義熙
前の元号:
隆安
中国の元号
東晋
次の元号:
大亨