メインメニューを開く

兄弟仁義』(きょうだいじんぎ)は、1966年4月23日東映で公開された北島三郎主演の日本映画1965年3月10日に北島が発売した歌曲を映画化した作品。モノクロ・シネマスコープ・87分。

兄弟仁義
Code between Brothers
監督 山下耕作
脚本 村尾昭
鈴木則文
製作 橋本慶一
西川幸男
俊藤浩滋
出演者 松方弘樹
北島三郎
鶴田浩二
音楽 菊池俊輔
撮影 わし尾元也
編集 神田忠男
配給 東映
公開 日本の旗 1966年4月23日
上映時間 87分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 続兄弟仁義
テンプレートを表示

概要編集

ヤクザ渡世における兄弟分の契りをテーマにした映画であり、楽曲と共に映画も大ヒットした。

エピソード編集

当時の北島の俳優としてのキャリアがまだ浅かったため、低予算の白黒作品であり、北島と若手の松方弘樹、大物スターの鶴田浩二の三人の比重は、ほぼ同等である。映画で流れる配役の書き出しは松方・北島の連名で松方から始まり、北島は二番手、鶴田は留めで友情出演の注釈有り。大ヒットしたことにより以後は北島主演でシリーズ化され、鶴田ら大物スターが特別出演をする任侠映画の傑作として名高い。

1964年(昭和39年)の『日本侠客伝』第一作で、岡田茂京都撮影所所長と俊藤浩滋は「主人公とそれを支える流れ者」という形に眼をつけた[1]。これなら男同士の情念も描けるし、やはり1964年から製作が始まった鶴田浩二主演の『博徒シリーズ』には無い形なので「独自のカラーが出せる、毎回これでいこうや」となって、毎回ゲストを出しては途中で殺すパターンが出来上がった[1]

このパターンを発展したのが、1965年(昭和40年)からの『昭和残侠伝シリーズ』で、流れ者の殴り込みを一本立ちさせたのがこの『兄弟仁義』シリーズとなる[1]。「東京撮影所でも高倉健のシリーズを」となって始まったが中身は『日本侠客伝』の時代を終戦直後に変更しただけで、中村錦之助の役が傘を持った池部良に変わっただけであった[1]。『日本侠客伝シリーズ』の脚本家笠原和夫がプロデューサーの吉田達に「オレの盗作じゃないか」とクレームをつけたといわれる[2]

北島は、「歌手としてデビューしたばかりの自分を、映画の世界に導いてくれたのが、岡田さんと俊藤さんでした。まさに芸の道を開いてくれた恩人です」と話した[3]

映画キャスト編集

  • 藤上栄次郎(演者・鶴田浩二)…流れ星の栄次と呼ばれる浅草生まれの旅人。
  • 貴島勝次(演者・北島三郎)…イカサマをする半端なヤクザだったが改心。函館生まれ。
  • 岩木五郎(演者・人見きよし)…貴島とコンビを組むイカサマ師。
上州鳴子組
  • 鳴子治三郎(演者・村田英雄)…鳴子組組長。
  • 鳴子くに(演者・宮園純子)…組長の娘。清滝と婚約。
  • 清滝勇吉(演者・松方弘樹)…鳴子組代貸。貴島の兄貴分になる。
鬼頭組
  • 鬼頭鉄五郎(演者・安部徹)…鬼頭組組長。
  • 黒江元三(演者・待田京介)…客人。
  • 神田儀市(演者・曽根晴美)…鬼頭組若衆。
  • 武井唐助(演者・佐藤京一)…鬼頭組若衆。
  • 赤蟹の寅七(演者・阿波地大輔)…鬼頭組若衆。
  • 大岩喜之助(演者・香川良介)…湯元の地所を鬼頭に売る。
その他

※鶴田、北島、村田、宮園の他は里見浩太郎大木実遠藤辰雄[要曖昧さ回避]関山耕司小川知子ルーキー新一小島慶四郎小松方正らが出演の予定でポスターが作られ、それが広く出回ったが最終的には上記のようなキャストとなった。

同時上映編集

網走番外地 荒野の対決

その他編集

  • テレビドラマごくせんの主人公の山口久美子の着メロはこの楽曲である[要出典]

脚注編集

参考文献・ウェブサイト編集

外部リンク編集