メインメニューを開く

先代旧事本紀大成経(せんだいくじほんきたいせいきょう、先代舊事本紀大成經)は、聖徳太子によって編纂されたと伝えられる教典。複数の研究者によって偽書とされている[1][2]

目次

内容編集

正部三十八巻と副部三十四巻の計七十二巻に分かれている。正部には神代七代から推古天皇までの歴史と祭祀、副部には卜占・歴制・医学・予言・憲法など広範な内容が記され、神道の教典としての格を備えている。

正部編集

神代本紀編集

全一巻。

先天本紀編集

全一巻。

陰陽本紀編集

全一巻。

黄泉本紀編集

全一巻。

神祇本紀編集

上下二巻。

神事本紀編集

上下二巻。

天神本紀編集

上下二巻。

地祇本紀編集

上下二巻。

皇孫本紀編集

上下二巻。

天孫本紀編集

上下二巻。

神皇本紀編集

全六巻。

天皇本紀編集

全六巻。

帝皇本紀編集

全六巻。

聖皇本紀編集

全四巻。

副部編集

經教本紀編集

全六巻。

祝言本紀編集

全一巻。

天政本紀編集

全一巻。

太占本紀編集

上下二巻。

歴道本紀編集

全四巻。

醫綱本紀編集

全四巻。

禮綱本紀編集

全四巻。

詠歌本紀編集

上下二巻。

御語本紀編集

全四巻。

軍旅本紀編集

上下二巻。

未然本紀編集

全一巻。

憲法本紀編集

全一巻。

神社本紀編集

全一巻。

國造本紀編集

全一巻。

先代旧事本紀大成経事件編集

1679年(延宝7年)、江戸の書店で『先代旧事本紀大成経』(七十二巻本)[3]と呼ばれる書物が発見された[4]。この大成経の内容が公開されると大きな話題となり、学者神職僧侶の間で広く読まれるようになった。しかし、大成経の内容は伊勢神宮別宮の伊雑宮の神職が主張していた、伊雑宮が日神を祀る社であり内宮外宮は星神・月神を祀るものであるという説を裏づけるようなものであることがわかり、内宮・外宮の神職がこの書の内容について幕府に詮議を求めた。

1681年(天和元年)、幕府は大成経を偽書と断定し、江戸の版元「戸嶋惣兵衛」、書店にこの書物を持ち込んだ神道家・永野采女と僧 ・潮音道海[5]、偽作を依頼したとされた伊雑宮の神職らを処罰した。後に大成経を始めとする由緒の明らかでない書物の出版・販売が禁止された。しかし、幕府の目を掻い潜って大成経は出回り続け、垂加神道などに影響を与えている。

なお皇大神宮と伊雑宮は奉斎氏族は別であり、日神祭祀の起源主張には無理がある。

脚注編集

  1. ^ 湯浅 1998, p. 66.
  2. ^ 佐藤 2000, p. 274.
  3. ^ 本項目で解説した書は「延宝版」、「潮音本」、「七十二巻本」などと呼ばれることがある。『鷦鷯(ささき、さざき)伝本先代旧事本紀大成経(大成経鷦鷯伝)』(三十一巻本、1670年(寛文10年)刊)及び『白河本旧事紀』(伯家伝、三十巻本)は異本。すべて『先代旧事本紀』を基にして江戸時代に創作されたと言われている。後に多数現れる「古史古伝」のルーツ、種本とみる人もいる。
  4. ^ 1675年(延宝3年)、江戸の版元「戸嶋惣兵衛」より『聖徳太子五憲法』と称する書物が刊行された。この書物は聖徳太子の憲法は「通蒙憲法」「政家憲法」「儒士憲法」「釈氏憲法」「神職憲法」の五憲法であり、「通蒙憲法」が日本書紀の十七条憲法であるとする。1679年(延宝7年)に現れた『先代旧事本紀大成経』巻七十「憲法本紀」は1675年(延宝3年)の『聖徳太子五憲法』と同じ内容である。
  5. ^ 潮音道海(ちょうおんどうかい、1628年-95年)は黄檗宗の僧。著書に『摧邪輪(さいじゃりん)』『坐禅論』『霧海南針』などがある。

関連書籍編集

  • 『先代舊事本紀大成経』全9巻 須藤太幹解読 先代舊事本紀研究会 2001年(平成13年)
  • 安本美典 (編集) 『奇書『先代旧事本紀』の謎をさぐる』付編「 偽書『先代旧事本紀大成経』事件(もう一つの『先代旧事本紀』?―『大成経』偽書事件)」 批評社 2007年
  • 今田洋三『江戸の禁書』 吉川弘文館 2007年
  • 後藤隆『謎の根元聖典 先代旧事本紀大成経』 徳間書店 2004年
  • 藤原明『日本の偽書』 文藝春秋 2004年
  • 野澤政直『禁書 聖徳太子五憲法』 新人物往来社 2005年
  • 小川龍『高僧 道海と消された経典』 幻冬舎 2007年(小説)

関連論文編集

関連項目編集

外部リンク編集