メインメニューを開く

先進安全自動車(せんしんあんぜんじどうしゃ、Advanced Safety Vehicle、略称ASV)とは、高度道路交通システムの一部で、自動車にさまざまな先端技術を用い車両そのものが運転を支援するというプロジェクト。また、その車両そのもののことを指す

目次

概要編集

日本では国土交通省自動車交通局を事務局として、大学自動車メーカー・関係省庁をメンバーに加えた「先進安全自動車推進検討委員会」が中心となって1991年より推進している。SF作品などで見られる全自動走行ではなく、主体となる運転者をサポートすることを目指している。

2014年現在、市販車への搭載はかなり急速に進んでいる。背景にあるのはEyeSightスマートアシストなどのヒットとそれを受けての各社の対抗馬投入である。前2者が比較的普及価格帯の車両(軽自動車からCセグメント)にも搭載されている為、それらへの対抗という意味で今後新車におけるASVは一般的なものになっていくことが予想される。 特に自動ブレーキに関しては日産・ノートスズキ・ソリオホンダ・N-BOX、輸入車ではフォルクスワーゲン・up!といった低価格帯の車両への搭載も相次いでおりメーカーも搭載を喧伝している。特に国内で市場も大きく競争も苛烈な軽自動車においては、シェアの大きいダイハツが市場投入[1]しただけに他3社[2]の対応も待ったなしである。2014年12月にフルチェンジしたスズキ・アルトバンにもレーダーブレーキサポート搭載オプション(ESP、誤発進抑制機能などとのセットオプション)を設定し、バンRBS搭載車は軽商用車初のASVかつ最も安いASV(76.5万円・消費税抜)となった。前述のアルトやダイハツ・ミライースなどのように車両本体価格100万円未満で買えるASVや2018年5月に一部改良を実施したダイハツ・ハイゼットトラックのようにAT仕様のほか、MT仕様が設定されているASVも存在しており、2018年9月現在軽におけるASVは上の1,000ccクラスのAセグメント、もしくは1,500cc以下のクラスのBセグメントより普及が急速に進んでいる[3]

実現例編集

商品例編集

上記のうち複数が含まれているものを記す。日産、スズキなどはASVのペットネームを持っていないが、ASV自体はあり、ASVであることをCMでアピールしている事例もある。

特にEyeSightのキャッチコピー「ぶつからないクルマ?」に代表されるように(その他の機能は以前から実装されていたこともあり)衝突被害軽減ブレーキは2017年現在のASVの目玉であり、それ自体のペットネームはASVのペットネームを持たない前述2社でも用意されている。結局、各社ともペットネームの有無にかかわらず衝突被害軽減ブレーキをASVのアピールとして利用している状態である。

脚注編集

  1. ^ ダイハツ自身のシェアもあるが、親会社であるトヨタにもOEMを行っているため市場へのインパクトは大きい。
  2. ^ スズキ、三菱自(NMKV)、ホンダ。
  3. ^ 実際軽乗用車の主力車種は各社ともASV化が進んでいるが、いわゆる日本車のコンパクトカー(Bセグメントハッチバック)で衝突被害軽減ブレーキの設定があるのはノート、デミオ、フィットしかなく非常に選択肢が限られる。(調査対象車種:ヴィッツ、マーチ、ノート、フィット、デミオ、ミラージュ、スイフト、ブーン。2015年1月9日、各社公式サイト参照。)
  4. ^ Honda Intelligent Driver Support Systemからの進化と名称変更、2015年に販売開始された5代目レジェンドから同社製品群にて採用|本田技研工業 PRESS INFORMATION 2014.11 製品情報 LEGEND PDFファイル Advanced Technology - 先進安全P29P30 | | Honda SENSING 公式HP

関連項目編集

外部リンク編集