メインメニューを開く

光あらたに」(ひかりあらたに)は神奈川県県民歌である。作詞・村瀬輝光、補作・勝承夫、作曲・飯田信夫

光あらたに
(神奈川県2代目県民歌)

県民歌の対象
Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県

作詞 村瀬輝光
勝承夫(補作)
作曲 飯田信夫
採用時期 1950年1968年に4番を廃止
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

制定経緯編集

光あらたに
藤井典明藤原亮子シングル
リリース
規格 SPレコード
ジャンル 都道府県民歌
時間
レーベル ビクターレコード(PR-1047)
作詞・作曲 作詞:村瀬輝光
補作:勝承夫
作曲:飯田信夫
テンプレートを表示

神奈川県が最初に制定した県歌は1931年(昭和6年)2月発行の小冊子『我が県の歌』に掲載された「神奈川県々歌」であるが、余り普及しなかった。

1945年(昭和20年)の太平洋戦争終結後、1948年昭和23年)11月3日文化の日)に神奈川県章を定めたことを機に「県民が心から愛唱できる県民歌」の制定が発案され、県民より歌詞を公募した[2]。その結果、1677編の応募作から高校教諭の村瀬輝光が応募した歌詞が採用され[3]、補作を経て1950年(昭和25年)4月10日に制定された。作曲と歌唱は県がビクターレコード(現JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)に依頼し[2]藤井典明藤原亮子デュエットによるSP盤(PR-1047)が発売された[1]

1966年(昭和41年)には、三浦洸一渡辺はま子のデュエットによるカバーのシングル盤(PRB-5030)がビクターから発売されている。このカバー盤のB面は田村義政編曲の「行進曲 美しき神奈川」。

歌詞編集

太平洋戦争による県土の荒廃から立ち直り、観光・貿易立県として、また日本の表玄関たる横浜港を抱く県として内外の信望を集め、平和で文化豊かな県を築く決意を歌い上げる「復興県民歌」の一つである[4]

歌詞は4番まで存在していたが、4番には「鎚の響」「黒けむり」など公害をイメージさせるフレーズが含まれており、1968年(昭和43年)に津田文吾知事が「時世にそぐわない」として歌詞の改訂を検討するよう指示した。その結果、部長会議で「刊行物等に掲載、合唱する場合は三番までとし、四番は省略する」ことが決定し、現在では4番は公式の場で歌われなくなっている[3]

脚注編集

  1. ^ a b 光あらたに国立国会図書館 歴史的音源)
  2. ^ a b 中山裕一郎 監修『全国 都道府県の歌・市の歌』(東京堂出版2012年ISBN 978-4-490-20803-0 、180ページ。
  3. ^ a b 「昭和25年度 県民歌関係綴」(請求記号BH6-240)「昭和43年度 県民歌(一部改訂及び交響曲〝神奈川〟)」(請求記号BH14-4-2)神奈川県公文書館『公文書館だより』)
  4. ^ 国民文化協会『事典 シンボルと公式制度 日本篇』(国際図書、1968年)、171ページ。173ページには4番の歌詞も掲載されている。

関連項目編集

外部リンク編集