光る君へ』(ひかるきみへ)は、2024年令和6年)から放送予定のNHK大河ドラマ第63作[1]。脚本は大石静[1]。主演は吉高由里子[1]

光る君へ
ジャンル テレビドラマ
脚本 大石静
演出 中島由貴・佐々木善春 ほか
時代設定 平安時代中期
製作
制作統括 内田ゆき
製作 日本放送協会
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2024年1月 - 12月(予定)
放送時間日曜 20:00 - 20:45
放送枠大河ドラマ
放送分45分
テンプレートを表示

平安時代中期を舞台に後世「世界最古の女性文学」と呼ばれる『源氏物語』を生んだ紫式部の生涯を描く[1]。タイトルの「光る君」とは『源氏物語』の主人公・光源氏と、そのモデルのひとりといわれ本作でも重要な登場人物となる藤原道長を指している[1]

制作編集

2022年5月11日、制作発表が行われ、主演を吉高由里子、脚本を大石静が担当し、2023年夏からクランクイン予定であることが発表された[1]。大石は発表会見で、「藤原家が摂関家として権力を誇った平安王朝というのは、山崎豊子さんの『華麗なる一族』と映画『ゴッドファーザー』を足して3倍にしたような権力闘争と面白い話がいっぱいある」と説明し、平安王朝の権力闘争といった「セックス・アンド・バイオレンス」を描きたいとした[2]

平安時代中期を舞台とした大河ドラマは平将門を主人公にした1976年の『風と雲と虹と』以来で、同作に次いで史上2番目に古い時代を描く大河ドラマとなる[3]。大石静は『功名が辻』以来2作目の大河ドラマ担当である[2]

主演の吉高由里子は、大河ドラマの出演は2008年の『篤姫』以来2度目、大石の脚本作品では2020年日本テレビ系列で放送された『知らなくていいコト』に主演している[4]。大石は『知らなくていいコト』での吉高の女優としての印象から、本作の企画時に彼女を主演に推薦した[4]

NHKの発表では、女性主人公の大河ドラマは7作目であり、主演、脚本、制作統括のチーフプロデューサー、チーフ演出の4役をすべて女性が担当するのは史上初[2]

登場人物編集

紫式部 / まひろ[1]
演:吉高由里子[1]

スタッフ編集

  • 脚本:大石静
  • 制作統括:内田ゆき[1]
  • 演出:中島由貴・佐々木善春 ほか[1]

脚注編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 2024年大河ドラマ『光る君へ』作・大石静さん 主演・吉高由里子さん”. 日本放送協会 (2022年5月11日). 2022年5月11日閲覧。
  2. ^ a b c 稲垣衆史 (11 May 2022). "24年大河「光る君へ」 大石静さん「セックス&バイオレンス」描く". 毎日新聞. 毎日新聞. 2022年5月13日閲覧
  3. ^ "24年大河、吉高由里子さんが紫式部に 大石静さん脚本「光る君へ」". 朝日新聞. 朝日新聞. 11 May 2022. 2022年5月11日閲覧
  4. ^ a b 磯部正和「2024年大河ドラマ、主演は吉高由里子!紫式部を描く「光る君へ」で脚本・大石静と再タッグ」『シネマトゥデイ』、2022年5月11日。2022年5月13日閲覧。
NHK総合 大河ドラマ
前番組 番組名 次番組
光る君へ
未定