メインメニューを開く

光岡・ヒミコ

ヒミコ(卑弥呼)は光岡自動車が既存の市販車をベースに改造・販売する2人乗りのクラシックカー風オープンカー型のパイクカーである。

目次

概要編集

マツダ・ロードスター(以下ロードスター)をベースに前後を同社の特徴である1930年代のクラシックカー風のデザインへと変更されている。ロードスターの完成車両を広島マツダ宇品第1工場より輸送された後、ボディの内外装を分解し、1台1台職人の手作業によりカスタマイズする方法が採られている。2006年に発表した大蛇に比べ女性的な優美さを強調している。「男性的デザインの大蛇は大きくて派手過ぎる」と、主に女性の需要をターゲットにしている。 キャッチコピーは、「宝石すら、嫉妬する。」。

初代(NCEC型 2008年 - 2018年)編集

光岡・ヒミコ(初代)
NCEC改
フロント(前期型)
リア(前期型)
室内
販売期間 2008年 - 2018年
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア オープン
2ドア クーペカブリオレ
エンジン LF-VE型 2.0L 直列4気筒DOHC16バルブ
駆動方式 FR
最高出力 170ps/6700rpm(MT)
166ps/6700rpm(AT)
変速機 6速AT
5速MT&6速MT(前期型のみ)
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン式
後:マルチリンク式
全長 4,575mm
全幅 1,725mm
全高 1,255mm - 1,270mm
ホイールベース 3,030mm
車両重量 1,230-1,280kg
ベース車 マツダ・ロードスター(3代目)
-自動車のスペック表-
2008年12月3日
発表。翌4日よりインターネットによる予約を開始。3代目(NC型)ロードスターのパワーリトラクタブルハードトップ (RHT) をベースに開発された。LF-VE型2.0L直4エンジンなど主要メカニズムはベース車と共通だが、よりバランスの取れたプロポーションを目指すためNCプラットフォームをベースに前方にホイールベースを700mm延長し(手法としてはかつてのラ・セードと同じ)、フロントオーバーハングを560mmまで短縮している。エクステリアに関しては大蛇を手がけた青木孝憲がデザイン。フロントマスクからリヤフェンダーにつながる大きな波を特徴としていて、「豪華客船が大海を進む瞬間」をイメージしているという。
架装作業は全て手作業のため月産3~4台ほどとなり、2009年は35台の販売を予定し、輸出仕様として左ハンドルも設定される。グレードはStandard、Premium、Hi Premiumの3種が用意される。
2009年9月16日
5MT車およびソフトトップモデルを追加。
2009年12月
アメリカのギターメーカーであるリッケンバッカーとのコラボレーションによる「リッケンバッカー・プロジェクト」の第一弾として、「ヒミコ・リッケンバッカー」が限定5台を予約販売。同時に発売されるオロチと同様、リッケンバッカーのギターのヘッドを模したエンブレムや、シートにギターの弦とパーツをデザインしたステッチをあしらう等の特別な仕様を盛り込んだものとなっている。
2010年7月
特別仕様車「Classic(クラシック)」を発売(限定20台)。黒と赤の2トーンカラーのほか、内装の意匠などが専用となる。
2011年10月
一部改良。グレード体系が見直され、ソフトトップモデルは「GUILTY」(ギルティ、5MTのみ)、ハードトップモデルは「ARDOR」(アルドール、6ATのみ)となった。6MT車およびソフトトップのAT車を廃止。
2012年12月12日
マイナーチェンジ(販売は12月13日から)。新色のボディカラー「ウィッチパープルパール」を設定し、全4色(メーカーオプションのボディカラーも含めると全34色)を設定する。インテリアは、デコレーションパネルのカラーを変更。「GUILTY」では、アルミホイールのカラーをガンメタリックに変更したり、メーターフードの小型化、メーターリングのカラーをダークグレーに変更。「ARDOR」では、ステアリングホイールベゼルのカラーをダークグレーに変更。「ARDOR 本革パッケージ」は、「ARDOR」の変更に加え、本革のカラーをタンに変更したりと、意匠的な変更がおもに行われた。
そのほかに、「ARDOR」をベースに、専用のハウンドトゥース(千鳥格子)柄シートや、専用ピアノブラック調デコレーションパネル・シフトゲート・左右ドア内ドリンクホルダー、トランクフードと左右フロントフェンダーに装着される専用エンブレムに加え、専用メッキモールディングと、マットアイスグレーの2トーンラッピングを特別装備したり、ボディカラーはホワイトパールを設定した特別仕様車「Himiko monochrome」を発表し、販売開始した。
2013年11月14日
マイナーチェンジ(販売は同月15日から)。全車のボディカラーに新しく「シャンパンシルバー」を設定し、全5色(メーカーオプションのボディカラーも含めると全35色)を設定する。また、「ARDOR」には、ステアリングスイッチを標準装備した。「GUILTY」は廃止され、全車ハードトップ+6ATとなった。
2014年9月12日
伊勢丹とのコラボレーション企画として「ARDOR」をベースにした「ヒミコ・クレイジータイマー」が限定20台で発売。ボディカラーは専用の「ネオングリーンパール」で、内外装には「伊勢丹タータン」が随所に散りばめられている。
2014年12月
同社におけるフラグシップカーであるオロチの販売終了に伴い、事実上、ヒミコが同社におけるフラグシップカーに昇格した形となった。
2015年4月
当車のベース車両である3代目ロードスターの製造終了(なお、ロードスターは翌月より4代目に移行)。
2015年6月
同月より「Mitsuoka Roadster」の名で英国で販売開始[1]
2017年9月2日
特別仕様車、乱(ラン)を発売(限定4台)。日本古来の「武の美」をテーマとした専用のボディカラーと内装、アルミホイール等を装備。

2代目(ND5RC改 2018年 - )編集

2018年2月22日
フルモデルチェンジを発表、翌23日から発売。ベース車両は4代目(ND型)ロードスターとなった。ボディはソフトトップのみとなり、6MTまたは6ATが設定される。

車名の由来編集

脚注編集

外部リンク編集