光沢 毅(みつざわ たけし、1936年9月13日 - )は長野県出身の野球選手投手外野手)・監督、高校野球解説者ブラインドゴルフ選手。

光沢 毅
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県
生年月日 (1936-09-13) 1936年9月13日(83歳)
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 三協精機
  • 明治大学

来歴・人物編集

飯田長姫高時代は授業中もゴムマリで鍛えた握力で鋭いドロップを投げ[1]、3年次の1954年、身長157cmの短躯ながら左腕エースとして春の選抜に初出場。準々決勝で片田謙二須藤豊を擁する高知商、準決勝で西園寺昭夫を擁する熊本工を降し決勝に進出。小倉高畑隆幸と投げ合い1-0で完封勝利、優勝を飾る[2]。「小さな大投手」と讃えられた。高校卒業後は1955年明治大学へ進学し、の故障を隠して1000球ピッチング練習に耐え[3]東京六大学リーグでも7勝を記録する。大学卒業後は1959年に故郷・長野へ戻り、三協精機に入社。投手から外野手に転向して1966年までプレーし、引退後は監督(1967年 - 1977年)として活躍。監督時代の1971年には同年の都市対抗でベスト4、1974年には第1回社会人野球日本選手権大会で優勝に導く。監督業の傍らでNHK高校野球解説者も長く務め、母校・明大でも1977年秋季に助監督代行、1978年秋季に監督を務めた[4]。その後は諏訪市で会社を経営していたが[5]1989年静岡県でゴルフコンペの帰りに交通事故に遭い失明。1995年頃からブラインドゴルフを始め、2000年にはブラインドゴルフジャパンオープンチャンピオンシップで総合優勝し、世界選手権にもたびたび出場している。現在はリトルシニア関西連盟所属の中学生硬式野球クラブ「摂津千里丘リトルシニア」会長を務め、少年育成にも力を注いでいる。

指導した主な選手編集

三協精機監督時代編集

著書編集

  • 『甲子園野球 練習と試合』成美堂出版、1976年

脚注編集

  1. ^ 長野の50回大会史 松商・長商の激闘時代
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ 卓球部通信「照一隅」№240 日本工業大学駒場高等学校
  4. ^ 歴代首脳陣・役員 | 野球部紹介 | 明治大学野球部公式サイト
  5. ^ 「長野県平成年表 1989-2019 信州・日本・世界 30年間の出来事」信濃毎日新聞、2019年

関連項目編集