メインメニューを開く

光禄大夫(こうろくたいふ)は前漢以降の官職名。

前漢においては、元は中大夫と呼ばれ、論議を職務とし、郎中令(光禄勲)に属していた。武帝太初元年(前104年)に中大夫を光禄大夫と改称し、官秩を比二千石とした。

後漢においても官秩は比二千石で定員は無かった。顧問応対を職務としており、決まった仕事はなく、によって派遣されるのみであった。

後代には散官の一つとなった(の例では従二品、では従一品)。

参考文献編集