メインメニューを開く

湯西川温泉かまくら祭(ゆにしがわおんせんかまくらまつり)は毎年1月下旬から約1か月間、栃木県日光市湯西川温泉で行われる

概要編集

1月下旬から2月末まで湯西川温泉街の中央にかまくらが登場する。

平家の里をメイン会場として、沢口会場(アウトドア会場)、沢口河川敷ミニかまくら会場、七色の光輝く山ホタル会場、雪のぼんぼりと雪だるま街道、平家慈光寺会場の6ケ所で開催される。また、至近距離にある湯西川水の郷ではかまくら祭りとほぼ同時期にスノーパークが開催される。

期間中はいろいろなイベントが行われ、かまくらの中でバーベキューをしたり、雪遊びやそり遊びなどを楽しむ事ができ、北国情緒が味わえる。

開催期間編集

ミニかまくら編集

沢口河川敷会場には無数の「ミニかまくら」が、ボランティアによって作られる。「かまくら祭」期間中の毎週末には「ミニかまくら」の中にろうそくが灯され幻想的な風景が見られる。

「ミニかまくら」は2004年からはじまったイベント(サイズは30 - 40cm)。当初は200個であった「ミニかまくら」は、年々注目度を増し、今では1,500個以上を数える程になっている。