メインメニューを開く

株式会社兎月書房(とげつしょぼう)は、かつて東京都千代田区三崎町水道橋)に所在していた日本出版社。社長兼編集長は創業者の清水袈裟人

目次

概要編集

赤本貸本の中堅版元として水木しげるジョージ秋山高信太郎を輩出したことで知られる。戦記物ギャグホラーなど多様なジャンルの貸本を出版していた。しかし貸本漫画は、1959年に『週刊少年サンデー』『週刊少年マガジン』など週刊漫画雑誌が相次いで創刊されると徐々にシェアを奪われ急速に衰退する。兎月書房も例外ではなく深刻な経営難に陥った。

1959年、起死回生を狙い当時流行していた劇画短編集の出版を計画。劇画工房の貸本劇画家らを好待遇で迎え『摩天楼』シリーズを刊行、ヒットとなる。

1960年、3月から発行されていた貸本漫画誌「妖奇伝」以降、怪奇漫画に力を入れ始める。

貸本業界退潮の波には勝てず1962年9月倒産する。

エピソード編集

  • 1960年から刊行されていた水木しげるの「墓場鬼太郎」は、経営難の兎月書房から原稿料がまったく支払われず、これに憤慨した水木とは絶縁状態になった。その後、兎月書房は今までの未払いとなっていた原稿料の清算と、後釜として刊行していた竹内寛行版「墓場鬼太郎」の終了という条件で水木と和解。「河童の三平」「怪奇一番勝負」「霧の中のジョニー」を刊行するが、その直後の1962年9月倒産
    水木は原稿料を現金で受け取れず、受け取っていた手形債権として残った。社長の清水は後に五反田の小さな印刷会社で働き、原稿料の一部を支払ったとされている。
  • 水木への原稿料の支払いを渋る一方、人気があった劇画漫画家には高額な原稿料を支払っていた。事務所を訪れた劇画工房のメンバーにはコーヒーを出す一方、水木には渋茶すら出さなかったという。
  • ゲゲゲの女房」に登場する「富田書房」は兎月書房がモデルとなっており、清水は「富田盛夫(演・うじきつよし)」として登場している。
  • 兎月書房から出版された貸本漫画の一部は、小学館クリエイティブによって復刻されており、作品そのものは現在でも入手できる。一方で、水木しげるの「墓場鬼太郎」をはじめとした貸本漫画の再評価が進んでおり、マニアの間では貸本刊行版は高値で取引されている。

出版物編集

関連項目編集