メインメニューを開く

児島駅 (下津井電鉄)

日本の岡山県倉敷市にあった下津井電鉄の駅

児島駅(こじまえき)は、かつて岡山県倉敷市児島味野三丁目に存在した下津井電鉄下津井電鉄線の駅。

児島駅*
Kojima Station (Shimotsui Dentetsu)-01.jpg
下津井電鉄児島駅(1990年)
こじま
KOJIMA
備前赤崎 (1.1km)
岡山県倉敷市児島味野三丁目
所属事業者 下津井電鉄
所属路線 下津井電鉄線
キロ程 6.3km(下津井起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
開業年月日 1914年大正3年)3月15日
廃止年月日 1991年平成3年)1月1日
路線廃止に伴う駅廃止
* 1941年に味野町駅から味野駅に改称。1956年に味野駅から児島駅に改称。
** 1972年以前は当駅から先1.4km地点に児島小川駅が存在した。但し、当駅は廃止時より0.2km茶屋町寄りにあった。
テンプレートを表示

JR西日本瀬戸大橋線児島駅とは別の駅であり、当駅はJR駅から西に約700メートル離れた場所に位置する。モータリゼーションの進行による乗客の減少のため、1991年(平成3年)1月1日に下津井電鉄線と共に廃止された。

沿革編集

駅の位置は児島-茶屋町間廃止後に二度にわたって移動している。

  • 1913年(大正2年)11月11日 - 味野町駅として開業(下津井電鉄線茶屋町 - 味野町間の開業と同時)。
  • 1914年(大正3年)3月15日 - 味野町 - 下津井間が開業し、下津井電鉄線が全通。
  • 1941年(昭和16年)8月1日 - 味野駅に改称。
  • 1956年(昭和31年)3月26日 - 児島駅に改称。この頃、駅舎が鉄筋コンクリート2階建て(一部3階建て・2階には岡山県観光課の営業所が入っていた)の立派な物になった[1][2]。ホームは交換設備を持ち、駅舎改札口と直結する対向式1面と島式1面を組み合わせた3線2面構成で、他に留置線もあった。
  • 1972年(昭和47年)3月9日 - 茶屋町 - 児島間の地方鉄道運輸業廃止が認可される。
  • 1972年(昭和47年)3月31日 - 茶屋町 - 児島間のさよなら運転が行われる。
  • 1972年(昭和47年)4月1日 - 茶屋町 - 児島間を廃止し、同区間の代替バスの運転が開始し児島駅が移転され同時に無人化される。貨物営業廃止、全線を1閉塞区間とするスタフ閉塞式に変更。駅舎はトタン板造りで改札口と待合室だけの簡素な物になり、ホームも1面1線に縮小された[3]
  • 1976年(昭和51年)7月1日 - 児島駅改良工事が始まる。
  • 1976年(昭和51年)9月20日 - 児島バスセンター改造工事と合わせた児島駅改良工事が完成する。
  • 1987年(昭和62年)8月 - 児島駅の改築移転工事が開始される。同年中に0.2km南に移転[4]。新駅舎が完成するまでは駅舎なし、ホーム1面1線の仮駅で営業を行い、駅の場所をわかりやすくするため架線柱を利用した看板が高い位置に設置されていた[5]
  • 1988年(昭和63年)3月12日 - 自動閉塞式に変更。この頃、新駅舎が完成し再び有人駅となる。ホームは頭端式2面1線、全体が駅舎と一体になったアーチ状の屋根で覆われ、壁には巨大な路線案内図が掲示され、ホーム内には街灯や腕木式信号機を象ったオブジェやカフェテラス風のテーブルと椅子、売店、壁に張りつくように設置されたデッキ(下は物置や出札窓口になっている)などが設置されてお洒落な雰囲気だった[6][7][8]
  • 1988年(昭和63年)3月20日 - JR本四備讃線の茶屋町 - 児島間が開業する。
  • 1990年(平成2年)10月1日 - 児島 - 下津井間6.3kmの廃止申請を含む下津井電鉄の鉄道事業廃止許可申請書を運輸大臣に届け出る。同時に同区間の代替バス路線新設申請書を中国運輸局に届け出る。
  • 1990年(平成2年)12月31日 - 児島 - 下津井間のさよなら運転が行われる。
  • 1991年(平成3年)1月1日 - 児島駅を含む全線、全駅が廃止され同社の鉄道事業は廃止し、同区間の代替バスの運転が開始される。
  • 1991年(平成3年)12月 - 児島 - 下津井間の鉄道用地を倉敷市に払い下げる。
  • 1992年(平成4年)4月 倉敷市により児島 - 下津井間の鉄道用地跡の、遊歩道(風の道)としての整備が始まる。

廃止後編集

廃止後レールが外された以外はそのままの状態で残されていたが、今現在は時刻表や運賃表.観光マップなどの掲示類はほとんど撤去されてしまっている。しかし一部のオブジェや駅名標はそのまま残っており、現役当時の姿を偲ぶことが出来る。しかし廃止後もテナントのような形で営業していた下津井電鉄の旅行センター等も全て閉店しまったこともあり一時期は塗装が剥げ、雨漏りがするなど荒廃していたが、2009年(平成21年)8月に壁や天井がアイボリーに塗り直され、さらにその後絵画などを展示するギャラリースペースとして整備された。ホームの一部は観光案内所が貸し出しているレンタサイクルの置き場所になっているほか、ホームから旧線路跡へ降りられるスロープも設置された[9]。なお構内は金・土・日・祝祭日の日中(8:30~17:00)を除き立ち入り禁止となっており、その時間帯以外はすぐ北側の市道を通行するようになっている。

交通アクセス編集

JR児島駅から歩いて児島市民交流センターの手前、「文化センター交差点」付近。

駅周辺編集

隣の駅編集

下津井電鉄
下津井電鉄線
備前赤崎駅 - 児島駅 - 児島小川駅

関連項目編集

外部リンク編集