メインメニューを開く

児玉 ひかる(こだま ひかる、1998年5月25日 - )は、日本女子柔道選手である。宮崎県出身。階級は78kg超級。身長175cm。体重110kg。組み手は左組み。得意技は内股大内刈[1][2]

獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
世界ジュニア
2018 ナッソー 78kg超級
2017 ザグレブ 78kg超級
世界ジュニア団体戦
2017 ザグレブ 78kg超級
2018 ナッソー 78kg超級

経歴編集

小学5年生から地元宮崎市の一成塾で柔道を始める[1]綾中学2年の時に全国中学校柔道大会70kg超級に出場するが、準々決勝で相原中学3年の冨田若春に旗判定で敗れて5位だった[3]

福岡県にある敬愛高校に進むと、1年の時には金鷲旗で2位、インターハイ団体戦では3位となった[4]。2年の時には金鷲旗の決勝で大成高校と対戦すると、同級生である70kg級の新森涼とともにチームを優勝へ導く活躍を果たした[5]。インターハイ個人戦78kg超級では準々決勝で埼玉栄高校3年の富田若春にGSに入ってから有効で敗れて5位だった。団体戦では決勝の大成高校戦で鈴木伊織を指導2で破るがチームは敗れて2位にとどまった[4]全国高校選手権の個人戦無差別では決勝で大成高校1年の和田梨乃子を内股で破るなどオール一本勝ちで優勝すると、団体戦決勝の大成高校戦でも大将同士の対戦で粂田晴乃を内股で破ってチームを優勝に導くとともに2冠を達成して、今大会の最優秀選手にも選ばれた[6][7][8]。3年の時には金鷲旗の決勝で大成高校と対戦すると、昨年に続いて新森とともにチームを優勝へ導く活躍を果たした[9][10]。その一週間後に開催されたインターハイの団体戦では準決勝で大成高校と対戦して1-0でリードされるも大将戦で松井絵名を崩上四方固で破ってタイに追いつくも、代表戦で粂田に崩袈裟固で敗れて3位に終わり、2009年の埼玉栄高校以来となる高校団体3冠(全国高校選手権、金鷲旗、インターハイ)はならなかった[11]。個人戦では決勝で粂田を指導3で破って優勝を飾った[12]。9月の全日本ジュニアでは今大会及びインターハイの予選で破っていた南筑高校1年の素根輝と決勝で対戦するも、指導2で敗れて2位に終わった[13]国体少年女子の部では福岡県代表で出場して3位になった[14]講道館杯では初戦で敗れた。ベルギー国際ジュニアの部では5試合全てを寝技で勝利すると、シニアの部でも決勝で淑徳大学2年の井上舞子大外刈で破って優勝を飾った[15]

2017年からは三井住友海上女子柔道部の所属となった[1][16]。4月の全日本選手権では準々決勝で綜合警備保障田知本愛大外刈で敗れて5位だった[17]。9月の全日本ジュニアでは決勝で筑波大学1年の粂田を内股で破って優勝した[18]。10月の世界ジュニアでは準決勝まで全て一本勝ちすると、決勝では同じくオール一本で勝ち上がってきた素根と対戦して、指導2を先取しながら技ありを取られて2位にとどまった[19]。初開催となった男女混合による団体戦では準決勝のロシア戦のみ出場したが、自らが試合に出る以前にチームが勝利を決めると、その後の決勝でもチームは勝利した[20]

2018年2月のヨーロッパオープン・オディベーラスでは準決勝でウクライナのエリザベータ・カラニナに技ありで敗れて3位だった[21]。4月の体重別は初戦で東海大学4年の朝比奈沙羅に技ありで敗れた[22]。その後、三井住友海上女子柔道部を退部して、地元の敬愛クラブに所属することとなった[23]。9月の全日本ジュニアでは決勝で粂田に反則勝ちしたのを始め、オール一本勝ちて2連覇した[24]。10月の世界ジュニアでは決勝でブラジルのベアトリス・ソウザを合技で破るなど全て一本勝ちして優勝した[25][26]世界ジュニア団体戦では準決勝のジョージア戦で一本勝ちすると、決勝のブラジル戦は自らが試合に出る前にチームが勝利を決めたために出番はなかった[27][28]

2019年4月からは東海大学へ進んだ[1]。全日本選手権では初戦で52kg級の選手である三井住友海上の中村美里をGSに入ってから有効で破るも、その後の準々決勝でコマツ冨田若春内股すかしで敗れた[29]。6月の優勝大会ではチームの12年ぶりの優勝に貢献した[30]。9月の学生体重別では決勝で山梨学院大学1年の高橋瑠璃を大外刈で破って優勝した[31]。10月の国体女子の部では福岡県の優勝に貢献した[32]。続く体重別団体では準決勝まで一本勝ちするも、決勝の筑波大学戦で粂田と引き分けたが、チームは優勝した[33]。11月の講道館杯では準決勝で富田に敗れて3位だった[34]グランドスラム・大阪では初戦で中国のリアン・ファンタンに反則負けを喫した[35]

IJF世界ランキングは540ポイント獲得で48位(19/4/15現在)[36]

戦績編集

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注編集

  1. ^ a b c d e 「柔道全日本強化選手名鑑 2019」近代柔道 ベースボールマガジン社、2019年4月号
  2. ^ 選手一覧
  3. ^ 「全国中学校柔道大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、2012年10月号 99頁
  4. ^ a b 全国高等学校総合体育大会柔道競技大会
  5. ^ 敬愛V奪還 「娘誇らしい」歓喜の輪
  6. ^ 団体戦の男子は日体荏原、女子は敬愛がV 高校柔道 日刊スポーツ 2016年3月20日
  7. ^ 児玉、一本勝ちで2冠=全国高校柔道 時事通信 2016年3月20日
  8. ^ 柔道高校選手権 女子 敬愛3年ぶりV 西日本新聞 2016年3月21日
  9. ^ 敬愛が連覇=金鷲旗高校柔道 時事通信 2016年7月23日
  10. ^ 敬愛 貫禄の頂点 新森2人抜き 流れ呼ぶ 西日本新聞 2016年7月23日
  11. ^ 柔道結果
  12. ^ 児玉、団体戦の雪辱果たしV「個人戦ではどうしても勝ちたかった」/高校総体 サンケイスポーツ 2016年8月3日
  13. ^ 平成28年度全日本ジュニア柔道体重別選手権大会
  14. ^ 第71回国民体育大会2016希望郷いわて国体 柔道
  15. ^ 2017年ベルギー国際大会(アーロン)大会結果
  16. ^ 選手・監督紹介(アーカイブ)
  17. ^ 第32回皇后盃全日本女子柔道選手権大会 大会結果
  18. ^ 平成29年度全日本ジュニア柔道体重別選手権大会
  19. ^ World Championship Juniors 2017
  20. ^ Word Junior Championship Teams 2017
  21. ^ European Judo Open Odivelas 2018
  22. ^ 平成30年全日本選抜柔道体重別選手権大会
  23. ^ 選手・監督紹介
  24. ^ 平成30年度全日本ジュニア柔道体重別選手権大会
  25. ^ 関根、和田ら優勝=世界ジュニア柔道 時事通信 2018年10月21日
  26. ^ Japanese treble while Georgia seize control of the men’s heavyweight division
  27. ^ 日本、混合団体で優勝=柔道世界ジュニア 時事通信 2018年10月22日
  28. ^ Japan are crowned mixed team champions in the Bahamas
  29. ^ 第34回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
  30. ^ 全日本学生柔道優勝大会
  31. ^ 児玉が女子78キロ超級制す=全日本学生体重別柔道 時事通信 2019年9月28日
  32. ^ 第74回国民体育大会いきいき茨城ゆめ国体2019
  33. ^ 東海大、男女とも2冠=柔道学生団体戦 時事通信 2019年10月20日
  34. ^ 2019年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
  35. ^ 柔道グランドスラム大阪2019
  36. ^ World ranking list

外部リンク編集