メインメニューを開く

児玉 一(こだま ひとし、1947年1月22日 - )は、日本政治家秋田県鹿角市長(4期)。

児玉 一
こだま ひとし
生年月日 (1947-01-22) 1947年1月22日(72歳)
出生地 秋田県鹿角郡花輪町(現・鹿角市
出身校 秋田県立十和田高等学校
所属政党 無所属

当選回数 4回
在任期間 2005年7月3日 - 現職
テンプレートを表示

来歴編集

秋田県鹿角郡花輪町(現・鹿角市)出身。秋田県立十和田高等学校卒業後、家業の農業、旧花輪町役場の臨時職員を経て、1970年(昭和45年)4月に同町役場に正式採用される[1]

1972年(昭和47年)4月1日、花輪町十和田町尾去沢町八幡平村が合併し、鹿角市が発足。鹿角市役所産業部長、総務部長などを務めたあと、2004年(平成16年)5月、鹿角市助役に就任[2]

2005年(平成17年)、佐藤洋輔鹿角市長が健康上の理由により任期途中で辞任。同年7月3日に行われた市長選挙に出馬し初当選した[3]

2009年(平成21年)、再選。2013年(平成25年)、3選。2017年(平成29年)、4選。この間、2008年から2012年までの間、市税の滞納税の徴収を怠っていたとして元秋田弁護士会会長の虻川高範弁護士らから住民訴訟を起こされ、秋田地方裁判所判決違法な処理がなされていたとして、市幹部と連帯し約350万円の損害賠償責任を負った[4]

脚注編集

外部リンク編集

先代:
佐藤洋輔
  秋田県鹿角市長
2005年 -
次代:
(現職)