メインメニューを開く

児玉 就忠(こだま なりただ)は、戦国時代武将毛利氏の家臣。安芸児玉氏の一族。児玉元実の次男。兄に児玉就兼、弟に児玉就方。子に児玉元良小方元信児玉春種内藤元輔

 
児玉 就忠
時代 戦国時代
生誕 永正3年(1506年
死没 永禄5年4月29日1562年5月31日
別名 通称:小次郎、三郎右衛門
主君 毛利元就毛利隆元
氏族 児玉氏
父母 父:児玉元実 養父:児玉家行
兄弟 就兼就忠就方
久芳賢直の娘
元良小方元信春種内藤元輔、女(粟屋元信室)
テンプレートを表示

生涯編集

児玉元実の次男として生まれ、一族の児玉家行の養子となって、その遺領を相続した。毛利元就譜代の家臣で、行政手腕に長けていたことから元就に厚く信任を受けた。元就には「家中での人あたりもよく行政手腕に優れている」と評されて、桂元忠とともに奉行となり、元就の政務の中心として働いた。

毛利隆元の時代になり、毛利家中の五奉行制が確立された際には、五奉行の一人となった。五奉行としての役目は元就と隆元の連絡調整役であり、また、元就との被官関係はそのままであった。そのため、隆元の家臣であった赤川元保国司元相とは不仲であったとされる。

行政にはその手腕を発揮した就忠であったが、合戦は不得手であり、尼子氏との戦いで戦功を挙げているも、他の家臣にその働きは劣ったと言われている。

永禄5年(1562年4月29日に死去。家督は嫡男の児玉元良が継いだ。

登場作品編集

参考文献編集