児玉 景栄(こだま かげひで)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将小早川隆景の家臣。父は児玉就方。兄に児玉就英

 
児玉景栄
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文17年(1548年
死没 天正7年12月11日1579年12月28日
別名 通称:与四郎→平左衛門
主君 小早川隆景
氏族 児玉氏
父母 父:児玉就方
兄弟 就英景栄
元房
テンプレートを表示

生涯編集

天文17年(1548年)、毛利水軍の将を務めた児玉就方の次男として生まれ、小早川隆景に仕える。

天正7年(1579年12月11日、景栄は美作国宮山城において戦死した。享年32。隆景は井上春忠を使者として景栄の父・就方に書状を送り、景栄の死を悼んだ。景栄の後は子の元房が継いだ。

参考文献編集