メインメニューを開く

児玉 碧衣(こだま あおい、1995年5月8日 - )は、福岡県大野城市出身[1]女子競輪選手。旧日本競輪学校(以下、競輪学校)第108期生。師匠は藤田剣次(競輪学校第85期生)。

児玉 碧衣
Aoi kodama
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 児玉 碧衣
こだま あおい
愛称 碧衣
生年月日 (1995-05-08) 1995年5月8日(24歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 168.6cm
体重 66.5kg
チーム情報
所属 旧日本競輪学校
分野 トラックレース
役割 選手
プロ所属チーム
2015年 -
日本競輪選手会福岡支部
グランツール最高成績
主要レース勝利

ガールズケイリンコレクション
2018年 8月DR
2019年 5月
ガールズグランプリ 2018

最終更新日
2019年5月3日

来歴編集

筑陽学園高等学校を経て、競輪学校に入学。在校競走成績は第2位の42勝[2]。卒業記念レースも2位であった[3]

2015年7月2日松戸競輪場でデビューし、初勝利を挙げた。初優勝は同年8月26日弥彦競輪場

2015年9月16日取手から、2016年2月6日向日町まで20連勝を記録[4]した。

2016年以降は、特別レースであるオッズパーク杯ガールズグランプリガールズケイリンコレクション(年3回)、ガールズケイリンフェスティバル全てに出走(2018年12月末時点。計15走)。

2018年7月のガールズケイリンフェスティバルまで特別レースは13走し2着5回(ガールズケイリンコレクション4回、ガールズケイリンフェスティバル1回)を記録するなどビッグレースでの優勝経験はなかったが、8月18日のガールズケイリンコレクションいわき平ステージ・ガールズドリームレースにてビッグレース初優勝[5][6]、初のタイトルを獲得。11月の競輪祭開催期間中に行われたガールズグランプリトライアルレースでも優勝し同年のガールズグランプリ出場権を獲得。そして12月28日に行われたガールズグランプリ2018でも捲りを決めて優勝、同時に年間賞金獲得額を27,184,000円として初の賞金女王にもなった。

2019年は、ガールズケイリンコレクション大垣ステージ(3月)では姉弟子の小林優香の捲りに屈して2着であったが、松戸ステージ(5月)では1周を逃げ切り優勝[7]、3つ目のタイトルを獲得。また、6月までの上半期では、39走し1着36回(優勝11回)・2着3回で連対率は100%であった。

主な獲得タイトル編集

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集