メインメニューを開く

児童館図書室(じどうかんとしょしつ)とは、「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」第37条により、児童館等に設置が義務付けられた図書室の事である。

設置率編集

  • 齋藤修・大塚健樹らの調査によると、2006年の岩手県の児童館図書室設置率は42.9%であった[1]
  • 赤星敦美・橋本脩・山本善積らの調査によると、2012年の山口県の児童館図書室設置率は88.0%であった[2]
  • 鯨岡真一・野口武則らの調査によると、2015年の埼玉県の児童館図書室設置率は90.5%であった[3]

児童館図書室は設置が義務付けられているが、上記の調査結果によると法令違反状態の館が存在することになる。

サービス編集

  • 平久江祐司・阿久津祐美・石川賀一・野口武則らの調査によると、つくば市では16館中9館から回答があり、蔵書冊数は最少616冊、最大5519冊であった[4]
  • 鯨岡真一・野口武則らの調査によると、埼玉県の児童館図書室の蔵書冊数は平均2521.4冊であった。500冊以下の図書室が63館中8館存在した。最高は10,000冊、最低は150冊であった[5]
  • 鯨岡真一・野口武則らの調査によると、埼玉県の児童図書室で貸出を行っていると回答した館は50.9%であり、貸出サービスは約半分のみの実施であった[6]

児童館図書室の問題点編集

  • 蔵書冊数も少なく、また館によって蔵書冊数のばらつきが大きい。
  • 鯨岡真一・野口武則らの調査によると、埼玉県でOPACが利用できるのは1館のみだった[7]

脚注編集

  1. ^ 齋藤修・大塚健樹「児童館・放課後児童クラブの現状について―岩手県において」『盛岡大学紀要』16、2006、p.2より。
  2. ^ 赤星敦美・橋本脩・山本善積「遊び場としての児童館の評価 : 山口県内の児童館を対象として」『研究論叢. 第3部, 芸術・体育・教育・心理(山口大学教育学部)』62、2012、p.398より。
  3. ^ 「児童館図書室の現状と課題 ―埼玉県内の公立児童館を対象とした調査を通して」『図書館綜合研究』 (15)、2015 、p.3より。
  4. ^ 平久江祐司・阿久津祐美・石川賀一・野口武則「つくば市における児童館図書室の活動と職員の意識に関する研究」図書館情報メディア研究 2(2)、2004、p53より。
  5. ^ 鯨岡真一・野口武則「児童館図書室の現状と課題 ―埼玉県内の公立児童館を対象とした調査を通して」『図書館綜合研究』 (15)、2015 、p.3より。
  6. ^ 鯨岡真一・野口武則「児童館図書室の現状と課題 ―埼玉県内の公立児童館を対象とした調査を通して」『図書館綜合研究』 (15)、2015 、p.4より。
  7. ^ 鯨岡真一・野口武則「児童館図書室の現状と課題 ―埼玉県内の公立児童館を対象とした調査を通して」『図書館綜合研究』 (15)、2015 、p.4より。

参考文献編集

  • 鯨岡真一・野口武則「児童館図書室の現状と課題 ―埼玉県内の公立児童館を対象とした調査を通して」『図書館綜合研究』 (15)、2015
  • 赤星敦美・橋本脩・山本善積「遊び場としての児童館の評価 : 山口県内の児童館を対象として」『研究論叢. 第3部, 芸術・体育・教育・心理(山口大学教育学部)』62、2012
  • 斎藤修・大塚健樹「児童館・放課後児童クラブの現状について―岩手県において」『盛岡大学紀要』16、2006
  • 平久江祐司・阿久津祐美・石川賀一・野口武則「つくば市における児童館図書室の活動と職員の意識に関する研究」図書館情報メディア研究 2(2)、2004