入水(じゅすい)とは、水中に飛び込んで自殺すること。身投げ。にゅうすい。基本的に水死であり、苦痛が大きい。

入水は、泳げない人専用の自殺手段とは限らない。泳ぎの得意な人でも、夜間の波の高い時間帯にに向かって泳ぎ出すと、耳に流れ込む水の量が増える。ここに至って内耳の奥にある三半規管が狂いを生じ、バランス感覚を失ってそのまま溺れてしまうことがある。

溺れた場合はまず底に沈むが、死亡したら体内に腐敗ガスが溜まり、やがて浮上する。水死体は警察関係者が「巨人のようになる」と表現するほど膨れ上がることがある。

関連項目編集