メインメニューを開く

入江 為守(いりえ ためもり、1868年5月12日慶応4年4月20日) - 1936年昭和11年)3月19日)は、明治 ‐ 昭和時代前期に活躍した日本の貴族院議員、官僚歌人[1][2]。位階・勲等は、正二位勲一等[3]子爵 [1]昭和天皇侍従長を務めた入江相政は為守の三男[2]

いりえ ためもり
入江 為守
Tamemori Irie.jpg
生誕 1868年5月12日
京都府
死没 (1936-03-19) 1936年3月19日(67歳没)
東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 貴族院議員、官僚歌人
著名な実績明治天皇御集』、『昭憲皇太后御集』編纂
配偶者 入江信子(柳原前光の娘)
子供 入江為常(長男)
坊城朔子(坊城俊良夫人)
高木邦子(高木正得夫人)
入江相政(三男)
冷泉為理
養父:入江為福
親戚 冷泉為紀(兄)

略歴編集

京都に冷泉為理の三男として生まれ、後に入江為福の養子となる[1][2]。母は柳原隆光の娘・よし[4]。幼名は太美麿[5]。妻は柳原前光の娘・信子[5]

1884年明治17年)7月8日、子爵を叙爵した[6]1897年(明治30年)貴族院議員となり、のちに東宮侍従長侍従次長を経て、1927年(昭和2年)に皇太后宮大夫に就任[2]

また、その間の1915年大正4年)からは御歌所長も兼ね、『明治天皇御集』、『昭憲皇太后御集』編集事業を完成させた[2]

栄典編集

出典編集

  1. ^ a b c 株式会社思文閣 美術人名検索サイトより
  2. ^ a b c d e 講談社刊 『日本人名大辞典』 2001年12月6日発行 ISBN 978-4-06-210800-3
  3. ^ 『官報』 第2765号 1936年3月24日 「叙任及辞令」
  4. ^ 『現代華族譜要』日本史籍協会、1929年 705頁
  5. ^ a b 『現代華族譜要』日本史籍協会、1929年 103頁
  6. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  7. ^ 『官報』第3428号「叙任及辞令」1924年1月30日。
  8. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
入江家初代
1884年 - 1936年
次代:
入江為常