入沢肇

入沢 肇(いりさわ はじむ、1940年8月26日 - )は、日本政治家、官僚。元帝京大学教授。参議院議員林野庁長官、農林水産省構造改善局長を務める。群馬県北群馬郡伊香保町出身。

目次

略歴編集

  • 群馬県立渋川高等学校卒業
  • 東京大学法学部卒業し農林水産省入省
  • 林野庁長官・農水省構造改善局長を歴任
  • 1998年、参議院議員選挙に自由党から立候補し初当選
  • 2000年、自由党を離党し保守党結党に参加。保守党では参議院政調会長を務める。
  • 2002年、保守新党結成に参加
  • 2003年、保守新党を離党。自由民主党に入党、番町政策研究所(高村派)入会
  • 2004年、参議院議員選挙に比例区で自由民主党から立候補。落選。政界引退。
  • 2005年、帝京大学法学部教授に就任。
  • 2008年、帝京大学法学部長兼大学院法学研究科長に就任。

主な提出法案編集

  • 保健婦助産婦看護婦法の一部を改正する法律案

政策編集

主な著作編集

備考編集

  • 国会での質問に際し、小渕恵三から和菓子を届けられ、喜んだというエピソードが、大下英治の「政界大波乱 蠢く野中ヒロム」に描かれている。
  • 本来の名前は「はじめ」であるが本人曰く名前の「はじむ」は誕生日(8月26日)の語呂合わせとのこと。