入船亭扇橋

落語家の名跡。

入船亭 扇橋(いりふねてい せんきょう)は、落語家名跡。9代目が2015年に死去し、以降は空き名跡。初代から7代目まで船遊亭せんゆうてい 扇橋せんきょうと名乗っており、系統から代々「音曲噺」「都々逸」を得意としていた。8代目から系統が変わり亭号も入船亭とした。初代扇橋を祖とする一門は扇派と呼ばれ、春風亭や柳家などのいわゆる柳派もこの一門から派生している。

初代編集

初代 船遊亭せんゆうてい 扇橋せんきょう
別名 鉄五郎
生年月日 不詳年
没年月日 1829年5月15日
出身地   日本
師匠 3代目常磐津兼太夫
初代三笑亭可楽
弟子 初代都々逸坊扇歌
初代土橋亭里う馬
2代目船遊亭扇橋
初代鯉昇亭栄橋
初代麗々亭柳橋
初代鼠遊亭鉄扇
3代目司馬龍生
初代山松亭圓喬
名跡 1. 2代目常磐津若太夫(1809年 - ?)
2. 初代船遊亭扇橋(? - 1829年)
活動期間 1809年 - 1829年
活動内容 常磐津節
江戸落語

初代 船遊亭 扇橋(生年月日不詳 - 文政12年4月13日(1829年5月15日))は、落語家。俗称は鉄五郎。

初代三笑亭可楽の弟子で、いわゆる「可楽十哲」の一人。音曲噺の祖である。

生まれは奥平家家臣の武家であった。芸人としては初めは常盤津の太夫になり3代目常磐津兼太夫の門下で2代目常磐津若太夫と名乗っていたという。文化6年(1809年)に初めて寄席に出たというが、この時から可楽門下で船遊亭扇橋と名乗っていたかどうかは明らかではないが、扇橋以外の名を名乗ったという記録は残っていない。可楽門下の里楽の弟子だったのが、その後可楽の直門になったという説もある。

法名は「広誉扇橋居士」、墓所は深川浄心寺。

浄瑠璃のさまざまな太夫の節調を語り分けるのに優れていたという。

弟子編集

初代扇橋を祖とする一門は扇派と呼ばれる。

など

2代目編集

2代目 船遊亭せんゆうてい 扇橋せんきょう
本名 鈴木 十蔵
別名 並木吾市
生年月日 1786年
没年月日 1861年
出身地   日本
師匠 初代船遊亭扇橋
弟子 2代目入船米蔵
5代目船遊亭扇橋
6代目船遊亭扇橋
初代入船萬蔵
名跡 1. 船遊亭新橋(不詳)
2. 船遊亭扇蝶(不詳)
3. 初代入船扇蔵(? - 1829年)
4. 2代目船遊亭扇橋(1829年 - 1841年)
活動期間 ? - 1841年
活動内容 狂言作家
江戸落語

2代目 船遊亭 扇橋天明6年(1786年)(算出) - 文久元年(1861年)(算出))は、落語家。本名は鈴木 十蔵

藪下(または千駄木)の茶漬茶屋の倅とも、初代の弟ともいわれる。最初は並木吾市という名の狂言作家で並木五瓶の弟子筋の流れを汲むものと思われる。初代扇橋の門下で船遊亭新橋、扇蝶、初代入船扇蔵を経て、師匠の死後の(文政12年)1829年?に2代目扇橋を襲名した。

天保12年、門下の2代目扇蔵に扇橋の名跡を譲り、陸奥へ遊歴の旅に出発する。後に巡行記の『奥のしをり』を著した。また、落語史研究の資料として重宝されている『落語家奇奴部類』(弘化5年)の著者としても知られる。落語家奇奴部類には自らの名を「語仏老人 扇翁」としている。

また俳諧狂歌に長けており、書の中で「東都落語ノ作者」と称している。

享年は75といわれる。

弟子は2代目米蔵、5代目、6代目扇橋、初代入船萬蔵らがいた。

3代目編集

3代目 船遊亭せんゆうてい 扇橋せんきょう
本名 山高 鉄三郎
生年月日 不詳年
没年月日 不詳年
出身地   日本
師匠 2代目船遊亭扇橋
名跡 1. 入船扇童(不詳)
2. 入船扇之助(不詳)
3. 2代目入船扇蔵(? - 1841年)
4. 3代目船遊亭扇橋(1841年 - ?)

3代目 船遊亭 扇橋生没年不詳)は、落語家。本名は山高 鉄三郎といわれる。

江戸の生まれ、文政時代から2代目扇橋の門下で入船扇童、扇之助2代目扇蔵を経て天保12年(1841年)には3代目扇橋を襲名。番付類には嘉永中期まで見え嘉永末には宇都宮で死去したという。

8代目編集

8代目 入船亭せんゆうてい 扇橋せんきょう
本名 進藤 大次郎
生年月日 1865年6月20日
没年月日 (1944-10-08) 1944年10月8日(79歳没)
出身地   日本
師匠 2代目滝川鯉かん
4代目麗々亭柳橋
3代目春風亭柳枝
弟子 9代目土橋亭里う馬
名跡 1. 瀧川鯉三
(1882年 - 1888年)
2. 瀧川鯉橋
(1888年 - 1894年)
3. 春風亭枝橋
(1894年 - 1897年)
4. 4代目春風亭柏枝
(1897年 - 1905年)
5. 8代目入船亭扇橋
(1905年 - 1944年)
活動期間 1882年 - 1944年
家族 3代目柳亭燕枝(息子)

8代目 入船亭 扇橋慶応元年5月27日(1865年6月20日) - 昭和19年(1944年)10月8日)は、落語家。本名は進藤 大次郎。俗に「宗匠の扇橋」という。

呉服屋で奉公していたころ、主人が芸事好きだった影響を受けて、天狗連の流しで役者の声色などで笑いをとっていた。そのうち談笑(3代目古今亭志ん生)の余興を手伝いをしたりした後、1882年2代目滝川鯉かんの下に入門し、鯉三となる。しかしこの鯉三の見抜いた鯉かんによって翌年初代春錦亭柳桜(3代目麗々亭柳橋)の下に連れて行き、その長男の4代目麗々亭柳橋の門下に入ることとなった。初代柳桜・柳橋から落語を教わったほか、6代目桂文治から芝居噺を学び、後にこれを演じた。

1888年12月には瀧川鯉橋を襲名し、寄席4軒掛け持ちするような人気者になる。1894年3月には3代目春風亭柳枝の門下で枝橋となり、1897年10月4代目春風亭柏枝で真打に昇進し、1905年12月に8代目入船亭扇橋を襲名。

著書には『杉戸のかげ』『昔の芸道修行』『回顧五十年』などがある。他にも数十席の速記を残している。

3代目柳亭燕枝は息子、弟子に9代目土橋亭里う馬。1944年に死去。享年80。

9代目編集

9代目 入船亭いりふねてい 扇橋せんきょう
 
入船亭扇橋定紋「つたの葉」
本名 橋本はしもと 光永みつなが
別名 光石
生年月日 1931年5月29日
没年月日 (2015-07-10) 2015年7月10日(84歳没)
出身地   日本東京都青梅市
師匠 3代目桂三木助
5代目柳家小さん
弟子 入船亭扇遊
入船亭扇海
2代目入船亭扇好
入船亭扇治
入船亭扇辰
入船亭扇里
名跡 1. 桂木久八
(1958年 - 1961年)
2. 柳家さん八
(1961年 - 1970年)
3. 9代目入船亭扇橋
(1970年 - 2015年)
出囃子 にわか獅子
活動期間 1958年 - 2015年
活動内容 古典落語
所属 日本芸術協会(1958年 - 1959年)
フリー(1959年 - 1960年)
落語協会(1960年 - 2015年)
受賞歴
文化庁芸術祭(1982年)
芸術選奨新人賞(大衆芸能部門)(1983年)

9代目 入船亭 扇橋(いりふねてい せんきょう、1931年5月29日 - 2015年7月10日[1])は、東京都青梅市出身の落語家。本名は橋本 光永(はしもと みつなが)。落語協会会員(相談役)。10代のころから俳句を嗜み「光石」の俳号を持つ俳人でもあり「東京やなぎ句会」の宗匠、俳人協会の会員でもあった。出囃子は『にわか獅子』。

当代屈指の古典落語の実力派として評価が高く、長らく主要ホール落語会や寄席の主任の常連であった。抑揚を抑え淡々とした語り口からの人物・場面描写にすぐれ、人情噺を中心に真価を発揮した。一方で飄々としたとりとめのない長いマクラも持ち味であり、ライバルかつ無二の親友である10代目柳家小三治は“マクラの小三治”とまで称される自らのマクラの長さについて扇橋の影響が大きいと述懐している。

下記の通り1970年に真打となったが、当時の落語協会会長だった6代目三遊亭圓生は非常に芸に厳しい人物であり、会長在任中は6代目三遊亭圓窓、10代目柳家小三治、扇橋(昇進順)の事実上3名しか真打にしなかった。圓生は門下ではなかったにもかかわらず、さん八(扇橋)を大変かわいがり、噺の稽古をつけてくれるだけでなく、たびたび地方の公演にも前座として帯同させてくれたという。真打昇進時には新品の袴を贈られてもいる。いくら目出度い真打昇進とはいえ他門の弟子に高額な袴を贈ることはほとんど例がなく、これには扇橋本人だけでなく、師匠の5代目柳家小さんも驚いていたという。

歌手の島倉千代子の大ファンとしても知られており、彼女が乳がんの手術をした時は電話で勇気づけ、扇橋夫人の許可を得て島倉の使用済のブラジャーを貰いうけたというエピソードがある[2]

2011年8月に脳梗塞で倒れ[3]、意識不明の寝たきりで胃ろうをしていた。2015年7月10日、呼吸不全のため死去[1]。84歳没。戒名は「徳圓光澤信士」(とくえんこうたくしんじ)[4]

経歴編集

  • 埼玉県立飯能高等学校中退後、職を転々。
  • 当初、流行していた浪曲にあこがれ、弟子入りするも師匠に落語を薦められる。
  • 1957年12月 - 26歳の時に8代目三笑亭可楽の「笠碁」を聴いたことで落語のファンになる。3代目桂三木助に入門。
  • 1958年 - 桂木久八で初高座。
  • 1961年1月 - 師匠三木助死後、5代目柳家小さん門下へ移籍。
  • 1961年5月 - 二ツ目昇進。柳家さん八と改名。
  • 1970年3月 - 真打昇進。9代目入船亭扇橋襲名。
  • 1975年4月 - 柳家小三治桂文朝と「三人ばなし」スタート。(~1997年8月まで)[5]
  • 1981年 - 映画『の・ようなもの』(落語を題材にした作品)に「出船亭扇橋」役で出演。
  • 1982年 - 文化庁芸術祭大賞。
  • 1983年 - 芸術選奨新人賞(大衆芸能部門)。
  • 1989年 - 映画『キッチン』に出演。
  • 2015年 - 呼吸不全のため死去[1]

弟子編集

現在「入船亭」の亭号を持つ落語家は二ツ目以下を含め11名を数えるが、それらは全て当代扇橋の弟子・孫弟子である。

作品編集

著書・関連書籍編集

関連項目編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ a b c “落語家の入船亭扇橋さん死去”. 産経ニュース (産経デジタル). (2015年7月11日). http://www.sankei.com/entertainments/news/150711/ent1507110015-n1.html 2017年12月4日閲覧。 
  2. ^ 入船亭扇橋『噺家渡世 扇橋百景』長井好弘、うなぎ書房、2007年7月。ISBN 9784901174237
  3. ^ 平成23年7月30日|噺のついで|note” (日本語). note(ノート). 2020年8月2日閲覧。
  4. ^ 春風亭小朝、入船亭扇橋さん通夜で「落語界に一つの色が抜けた」”. サンスポ (2015年7月15日). 2015年7月15日閲覧。
  5. ^ 別冊太陽スペシャル「十代目 柳家小三治」編集部 (2018年10月25日). 五〇年を振り返る 小三治高座記録. 平凡社. pp. 126-127. ISBN 978-4-582-94587-4 

参考文献編集