メインメニューを開く

入谷正典

入谷 正典(いりたに まさのり、1928年10月15日 - )は、大阪府大阪市[1]出身の元プロ野球選手投手)・コーチ解説者

入谷 正典
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市
生年月日 (1928-10-15) 1928年10月15日(90歳)
身長
体重
176 cm
62 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1952年
初出場 1952年4月3日
最終出場 1956年10月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

目次

経歴編集

明治大学時代まで編集

関西甲種商業卒業後は明治大学へ進学し、1年次の1948年から多彩な変化球を武器に主戦級として活躍した。

3学年上の杉下茂(→中日)とのダブルエースとして名を馳せ、1948年春季・秋季リーグ戦ではチームの全勝ち星を二人で分けあった。

杉下が卒業した2年次の1949年からはエースとなり、同年には年間12勝を記録した。

その後も4年次の1951年まで活躍を続け、東京六大学リーグ通算70試合登板・32勝21敗の成績を残した。

通算32勝は六大学史上12位、明大に限れば、後輩の秋山登(33勝、後に大洋に入団)に次ぐ2位で、32勝中27勝が完封勝利、27勝中6勝は無四球勝利だった。

巨人時代編集

大学卒業後の1952年読売ジャイアンツへ入団し、同年4月3日松竹ロビンス戦(後楽園球場)で初登板。藤本英雄の2番手としてマウンドに上がったが、小林章良に2ラン本塁打を打たれて降板。結果は8-7で巨人が勝利したが、ほろ苦いデビュー戦となった。

1年目は0勝に終わったが、2年目の1953年にブレイク。同年4月16日広島戦(大竹警察学校)で初勝利を挙げ、21日の洋松戦(後楽園)で初先発登板を完投勝利で飾る。同年は大友工・藤本・別所毅彦中尾碩志に次ぐ先発投手として活躍し、自身最初で最後の2桁勝利となる11勝を挙げてチームのリーグ3連覇に貢献した。同年の日本シリーズでは南海と対戦し、大阪スタヂアムでの第5戦に先発登板した。柚木進との投げ合いを制して完封勝利を記録し、チームの3年連続日本一の立役者となった。

その後は1954年7勝、1955年5勝と勝ち星を落とす。

0勝に終わった1956年限りで現役を引退した。

引退後編集

その後は日本短波放送プロ野球ナイトゲーム中継解説者1957年 - 1961年)・大洋ホエールズ二軍投手コーチ(1962年 - 1964年)を経て、明大野球部OB会「駿台倶楽部」会長を務めた。

1993年、横浜市内の運送会社社長を務めていた入谷は横浜大洋ホエールズで主戦格投手として活躍しつつも1991年オフの不祥事で球団を解雇された中山裕章を社員として採用しつつ、中山の球界復帰のため署名活動などを行った[2]。これが実を結び同年12月、中山は中日ドラゴンズ打撃投手として採用され翌1994年シーズン途中より現役復帰を果たした[2]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1952 巨人 10 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 89 23.1 17 1 1 -- 2 11 0 0 5 5 1.88 0.77
1953 29 19 10 2 0 11 7 -- -- .611 716 174.1 159 14 44 -- 1 63 0 1 61 46 2.37 1.16
1954 23 12 5 2 1 7 6 -- -- .538 458 115.0 105 7 18 -- 1 45 0 0 41 30 2.35 1.07
1955 16 7 2 0 1 5 0 -- -- 1.000 268 70.2 51 5 11 0 1 26 0 0 18 17 2.15 0.88
1956 7 3 0 0 0 0 0 -- -- ---- 76 18.0 23 1 3 0 0 6 0 0 7 6 3.00 1.44
通算:5年 85 41 17 4 2 23 13 -- -- .639 1607 401.1 355 28 77 0 5 151 0 1 132 104 2.33 1.08

背番号編集

  • 21 (1952年 - 1956年)
  • 51 (1962年 - 1964年)

脚注編集

  1. ^ プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、68ページ
  2. ^ a b 宝石』(光文社)1994年10月号 p.250-257「手記 天国と地獄の居心地 中山裕章」

関連項目編集

外部リンク編集