メインメニューを開く

地理編集

足立区北西部の舎人地域西部に位置し、足立流通センターを擁する足立区の流通業の基幹地区である。北を舎人および毛長川を挟んで埼玉県川口市と、東を古千谷本町と、南を舎人公園皿沼および加賀と、西は新芝川もしくは毛長川を挟んで埼玉県川口市八幡木江戸袋本蓮とは陸続きで接する。

1970年代頃まで、入谷は農耕を主体産業とした近郊農業地域であった。その後の土地区画整理事業が実施され街区とそれを連絡する計画道路が整備されてからは町域全体で住宅市街地の造成が進み、同時期に足立流通センターの完成と首都高速川口線足立入谷出入口の開通を以て、足立区の物流・流通の拠点地域として発展した。複雑に混在していた町域南側で隣接する諸町との飛地も整理され、舎人公園などの広大な総合レクリエーション施設も整備されている。

町域やや西寄りを南北に縦貫する首都高川口線を境とした地内西部(入谷七・八・九丁目)は倉庫工場、資材保管所、業務車両用駐車場などが目立つ準工業地帯であり、流通関係施設などが多数所在する。 高速東側はさらに南北に分けられ、南側(入谷六丁目)は流通施設の中心としての流通センターとトラックターミナルが稼動している。北部(入谷一・二・三・四・五丁目)は住宅街の中に足立区内でも比較的多くの公園があり、入谷でも最も古くに開かれた地区に当たり、閑静な住宅地が広がる。

地価編集

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、入谷4-6-10の地点で19万円/m2となっている[4]

由来編集

足立区一帯としては、最も早期の4世紀ごろより人が住んだ場所のひとつと考えられ、古墳時代のものと見られる入谷古墳(白幡塚古墳)が、現在も入谷氷川神社の下に残されている。

地名の由来編集

毛長掘から「入り込んだ」湿地。低地帯(谷)を示す地名である。 江戸時代に入谷村として登場する由緒ある地名。徳川幕府により編纂された『新編武蔵風土記稿』の入谷村。 なお入谷という地名は各地にある名前で、江戸入谷(現:台東区)も著名。 明治には舎人村大字入谷となり足立区になるとき入谷町となった。 区画整理終了後、1985年昭和60年)~1993年平成5年)にかけて、順次現在の入谷一~九丁目の町が構成された。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
入谷一丁目 1,019世帯 2,183人
入谷二丁目 662世帯 1,500人
入谷三丁目 555世帯 1,148人
入谷四丁目 425世帯 973人
入谷五丁目 217世帯 528人
入谷六丁目 33世帯 33人
入谷七丁目 322世帯 667人
入谷八丁目 480世帯 987人
入谷九丁目 556世帯 954人
4,269世帯 8,973人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]。なお、足立区では学校選択制度を導入しており、区内全域から選択することが可能。ただし、小学校に関しては、2018年(平成30年)度から学区域または学区域に隣接する学校のみの選択になる。[6][7]

丁目 番地 小学校 中学校
入谷一丁目 全域 足立区立舎人小学校 足立区立入谷南中学校
入谷二丁目 1〜6番
その他 足立区立足立入谷小学校 足立区立入谷中学校
入谷三丁目 全域
入谷四丁目 全域
入谷五丁目 全域 足立区立舎人小学校 足立区立入谷南中学校
入谷六丁目 全域
入谷七丁目 2〜8番
1番
22番以降
足立区立皿沼小学校 足立区立加賀中学校
その他 足立区立足立入谷小学校 足立区立入谷中学校
入谷八丁目 全域
入谷九丁目 全域

交通編集

町域内は自動車道路の整備が比較的行き届いており、住民の主な利用交通機関自家用車や公共路線バスなどが主体である。言い換えればこれは鉄道交通の未発達さを表しており、これまでの都心方面や足立区中心部へのアクセスには路線バスが活躍していたが、自動車手段によるの交通混雑の発生による安定運行の不安定さや大気汚染などから、きわめて不便さを強いられていた。 町域全体が鉄道交通機関から距離的に隔絶された鉄道空白地帯に属していたが、2008年3月30日に日暮里・舎人ライナーが開業し、山手線および東京メトロ千代田線などへ連絡の利便性が飛躍的に向上したため、入谷の住生活・住環境は大きく発展することが見込まれている。

鉄道編集

バス編集

道路・橋梁編集

道路
橋梁
  • 入谷大橋
  • 南平大橋
  • 中井橋

施設編集

行政
保育・教育
  • 足立区立足立入谷小学校(入谷三丁目)
  • 足立区立入谷中学校(入谷三丁目)
  • 足立区立入谷南中学校(入谷一丁目)
流通
  • 足立流通センター(入谷六丁目)
  • 足立トラックターミナル(入谷六丁目)
  • 北足立市場(入谷六丁目)
公園
  • 入谷中郷公園(入谷一丁目)
  • 入谷緑地公園(入谷一丁目)
  • 舎人十号公園(入谷一丁目)
  • 入谷日の出公園(入谷一丁目)
  • 入谷中郷北公園(入谷二丁目)
  • 舎人七号公園(入谷二丁目)
  • 入谷中央公園(入谷四丁目)
  • 舎人十二号公園(入谷五丁目)
  • 舎人三号公園(入谷七丁目)
  • 入谷八丁目公園(入谷八丁目)
  • 舎人中丸公園(入谷八丁目)
  • 舎人四号公園(入谷九丁目)
  • KITファミリー広場(旧舎人第一号公園)入谷九丁目

史跡編集

  • 北野神社(入谷一丁目11-12)
  • 入谷氷川神社、入谷古墳(入谷二丁目25-5)
  • 円通寺(入谷一丁目6-8)
  • 南光寺(入谷一丁目19-20)
  • 源証寺(入谷二丁目15-25) - 天文元年(1532年)創建の古刹である[8]

関連項目編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 足立区の町丁別の世帯と人口”. 足立区 (2017年12月4日). 2017年12月7日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月7日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月7日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 区立小・中学校の通学区域表・通学区域図”. 足立区 (2017年4月15日). 2017年12月7日閲覧。
  6. ^ 学校選択制度について”. 足立区 (2017年6月1日). 2017年12月7日閲覧。
  7. ^ 小学校の「学校選択制度の改正」について”. 足立区 (2017年5月3日). 2017年12月7日閲覧。
  8. ^ 街と暮らし社編(2003年)94頁。

参考文献編集

  • 街と暮らし社編 『江戸・東京 歴史の散歩道6』 街と暮らし社、2003年、94頁。

外部リンク編集