メインメニューを開く

全力離婚相談』(ぜんりょくりこんそうだん)は、2015年1月6日から2月17日まで毎週火曜日22:00 - 22:48に、NHK名古屋制作・NHK総合テレビドラマ10」枠で放送された日本テレビドラマ。全7回。主演は真矢みき[1]

全力離婚相談
ジャンル テレビドラマ
脚本 小松與志子
井出真理
演出 柴田岳志
松木健祐
福井充広
出演者 真矢みき
上地雄輔
舘ひろし
製作総指揮 (制作統括)
青木信也
制作 NHK名古屋
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2015年1月6日 - 2月17日
放送時間 火曜22:00 - 22:48
放送枠 ドラマ10
放送分 48分
回数 7
公式サイト

目次

あらすじ編集

キャスト編集

主要人物編集

竹内 美晴(たけうち みはる)〈45〉
演 - 真矢みき[2]
大学時代の同級生・稲垣賢哉と大学卒業と同時に結婚し、娘も生まれ、家族3人の家庭を持っていたが、自分のどこがいけなかったのか自覚が無いままに結婚生活が破たんしてしまい、離婚裁判で娘の親権について2年間も争った末に結局敗れ、面会交流権すらも得られず実の娘に会えないままこの10年間を生きてきた。最近になってその娘に対して、会ってくれないかといった趣旨の手紙を送った状態だった。
かつての先輩弁護士だった水野の経営する水野弁護士事務所に所属し、企業法務を担当。弁護士の道に邁進する日々を送ってきたあまり、水野が自分のことを好きでいてくれるということにも、全く気付かずにいた。
顧客の郷原陶器会長・郷原泰造から息子の離婚問題の対応を依頼されたものの、夫側だけでなく妻側にも配慮した解決をしたことで会長の怒りを買い、顧問契約を打ち切られ、責任を取る形で事務所を退所。
郷原家や沢木家の離婚案件を経験したことをきっかけに、離婚問題で苦しむ家族の人々を助けることができる弁護士になろうと「竹内美晴離婚相談室」を開設。
三ツ矢 鉄(みつや てつ)
演 - 上地雄輔
名古屋の下町の大須あたりにある「あんスパ鉄」店長。美晴は常連客のひとり。彼女とは気さくに話せて、気の置けない友達といった感じだが、言葉に出しはしないが、実はひそかに美晴のことを想っている。
美晴が酔えばおんぶしてでも運び、ご飯を作って美晴のところに頻繁に持っていくなど、彼女のことを気にかけている。離婚相談室の諸活動では車[注 1]の運転や、対象者の素行調査などを担当し何かと頼りになる存在である。
離婚相談の案件では、男性側から見ると、物事がどう見えているのか、どう感じているのか、女性が無自覚に行ってしまっていることのうち、実は男性にとっては何が耐えがたいことかなど、男性側の本音を友人として美晴に指摘し、彼女に気づきをもたらすこともある。
水野 豊彦(みずの とよひろ)
演 - 舘ひろし
水野法律事務所所長。もともとは美晴の先輩弁護士(兄弁)として、彼女とチームを組んでいたことがある。美晴の良き理解者でもあり、ひとりの女性としても彼女のことを想っている。
様々なものごとを周囲の弁護士たちよりも少しばかり深い次元で洞察しており、美晴が男性とうまくやってゆくことを難しくしているのは実は何なのか、ということもおおむね見抜いている。そして、それを言葉で指摘するのではなく、美晴本人の心の内に自然な気づきが起きるように配慮し、干渉しすぎずそっと包み込むように見守っており、それなりの考えがあって美晴に離婚問題を担当させた。
郷原家の一件では結果として美晴が事務所を辞めざるを得ない形になってしまったが、それでもかわらず美晴を応援しつづけており、美晴が人間的に成長することで本当の幸せをつかむことを願っている。
美晴とその娘・佳苗が和解できるように、間をとりもつ役割も果たす。

竹内家編集

稲垣 佳苗(いながき かなえ)
演 - 竹富聖花(幼少期:浦萌仁香 / 少女期:岡田和莉)
美晴と賢哉の娘。東京大学2年生。夏休みを利用し、水野法律事務所でアルバイトを始める。
稲垣 賢哉(いながき けんや)
演 - 利重剛
美晴の元夫。
竹内 笙子(たけうち しょうこ)
演 - 中尾ミエ
美晴の母。ブライダルビューティーサロン経営者。

水野法律事務所編集

杉浦 千賀子(すぎうら ちがこ)
演 - 関めぐみ
離婚訴訟担当弁護士。
崎田 徹(さきだ とおる)
演 - 池田努
企業法務担当弁護士。
塙 浩一(はなわ こういち)
演 - 丸一太
小宮 あかり(こみや あかり)
演 - 飯沼千恵子

その他編集

栗田(郷原) 信枝(くりた(ごうはら) ひさえ)
演 - 近衛はな
竹内美晴離婚相談室事務員。直樹の元妻。郷原実業団チームのバレーボール選手時代に郷原泰造に見初められ、一定の交際期間がないまま直樹と結婚する。
三ツ矢 剛三(みつや ごうぞう)
演 - 渡辺哲
鉄の父。あんスパ鉄や美晴の住居があるビルのオーナー。
松山(まつやま)
演 - 宮地佑紀生
井上(いのうえ)
演 - 河原龍夫
上記2名は剛三の友達。
出川 誠二(でがわ せいじ)
演 - 田中俊介BOYS AND MEN
あんスパ鉄店員。

ゲスト編集

キャストの横の話数は出演回。

第1話
郷原 直樹(ごうはら なおき)
演 - 吉沢悠
信枝の元夫。郷原陶器社長。
郷原 泰造(ごうはら やすぞう)
演 - 石橋蓮司
信枝の元舅。郷原陶器会長。
郷原 涼太(ごうはら りょうた)〈5〉
演 - 中村文徳(第5話)
直樹と信枝の息子。
岡田(おかだ)
演 - 木村庄之助
郷原家執事。
第2話
沢木 敏雄(さわき としお)
演 - うじきつよし
リストラ処分を受け、親会社の名城自動車から子会社のオワリ部品に出向させられる。今まで家族のために最善の選択をしてきたつもりでいたが、家族を大切に想う気持ちは妻や娘には伝わっていなかった。
沢木 藍子(さわき あいこ)
演 - 山下容莉枝
敏雄の妻。夫とは職場結婚で、娘の出産を機に勤めていた会社を退職する。
沢木 真里菜(さわき まりな)
演 - 石井杏子
沢木 香里菜(さわき かりな)
演 - 石井梨子
上記2名は敏雄と藍子の双子の娘。ヒップホップダンスを習っている。
津村(つむら)
演 - 鈴木林蔵
元名城自動車研究開発部部長。
五十嵐(いがらし)
演 - 多田木亮佑
美晴の元クライアント。
樺島(かばじま)
演 - 山﨑武司
自動車ディーラー
第3話
須藤 恵里香(すどう えりか)
演 - 安藤玉恵
紀夫の妻。啓文大学図書館整備課課長。夫の行動に女性の影を感じ、浮気を疑う。
須藤 紀夫(すどう のりお)
演 - 渡辺邦斗
恵里香の12歳年下の夫。書店営業部社員。妻の誤解を招くような趣味を持っていた。
ゆりこ
演 - 佃典彦
女装クラブママ。
カスミン
演 - 黒田耕平
女装クラブホステス。紀夫の大学時代からの友達。
第4話
河野 淳一郎(かわの じゅんいちろう)
演 - 大竹まこと
和菓子屋松菊店主。長年に渡る夫婦生活の中で、妻が苦しんでいることに気付かなかった。
河野 弘子(かわの ひろこ)
演 - 宮田圭子
和菓子屋松菊女将。淳一郎の妻。夫の癇癪や怒鳴り声に耐え兼ね、杉浦のアドバイス通りに自立資金やモラルハラスメントの証拠を集め、夫と離婚するための準備を整えてから計画的に家を出る。
山内 慎吾(やまうち しんご)
演 - 菅原永二
和菓子屋松菊職人。弘子からの依頼で、淳一郎が作った和菓子の涼風を渡す。
第5話
尾形 司(おがた つかさ)〈35〉
演 - 岩井秀人
珠美の夫。仕事を辞めてから、定まった職には就かず仕事を転々と変え、妻に心配や迷惑をかける。
尾形 珠美(おがた たまみ)〈29〉
演 - 広澤草
薬剤師。新婚早々に仕事を辞めた夫・司をこれまで養ってきたが、逃げるばかりで真剣に話を聞いてくれない夫に嫌気がさして、実家に戻る。母の自慢の娘であり続けようと努力を重ねてきた。
田上 静代(たしろ しずよ)
演 - 小島範子
娘・珠美が小学5年生のときに離婚し、その後一人の力で娘を育ててきた。経済力のない婿と娘を離婚させたいと考えている。

スタッフ編集

  • 作 - 小松與志子、井出真理
  • 音楽 - 江藤直子
  • 演出 - 柴田岳志(NHK名古屋)、松木健祐、福井充広
  • 主題歌 - 安藤裕子「人魚姫」(cutting edge[3]
  • 挿入歌 - Lonesome Strings and Mari Nakamura「The Cuckoo Bird」
  • タイトル映像制作 - 江川智也
  • 法律監修 - 浅野了一
  • 弁護士指導 - 堀口佑美、大井直樹
  • 名古屋ことば指導 - 小島範子
  • 英語指導 - 西本康裕
  • 料理指導 - 田中稔
  • ダンス指導 - Yuki
  • 和菓子指導 - 加藤譲治
  • 擬斗 - 村瀬良則
  • 制作統括 - 青木信也(NHK名古屋)
  • 制作著作 - NHK名古屋

エピソードリスト編集

話数サブタイトル初回放送日 脚本監督
第1話母の涙1月06日小松與志子柴田岳志
企業法務専門の敏腕弁護士・竹内美晴は、名古屋にある水野弁護士事務所に籍を置き、仕事に邁進する忙しい日々を送っている。
ある日のこと、事務所にクライアント先企業の会長・郷原泰造から私的な離婚案件を扱ってほしいとの依頼が入る。息子の妻・信枝がある日突然5歳の子どもを置いて出ていってしまい、舅として見かねて息子夫婦の離婚を勧めようとしていたのであり、大切な顧客企業の会長からの依頼で事務所としては無下には断れない状況になる。
他に離婚問題を専門としている弁護士もいるというのに、なぜか所長の水野豊彦は半ば強引に美晴にその案件をまかせる。美晴が得意とするのはあくまで企業法務であって、家族関係の案件は専門外なので美晴は受けたくなかった。おまけに美晴自身、離婚経験があり、当時8歳だった実の娘と面会する権利まで失い会えなくなってしまった人生を歩んでおり、今も離婚の傷跡が癒えておらず、些細なことをきっかけに辛い思いが心に溢れてくるようなありさま。自分の離婚のことすらまだ心の中で解決していない状態だというのに、他人の離婚を扱うのはなおさら気がすすまなかった。
嫌々ながらに仕事として受けた美晴は泰造に話を聞きにいき、信枝が子供を置いて家を出たので離婚をすすめたいということだと単純に理解し、夫側の希望通りにものごとを進めようと妻・信枝に会う。だが美晴から離婚について聞かされた信枝は、幼稚園から息子・涼太を連れ去るという事件まで引き起こしてしまう。美晴は理知的に、法律的知識や判断に基づいて、たとえ母親であろうとも勝手に連れ去れば誘拐にあたり犯罪です、と断言。が、そう言っている最中にも、かつて自分の離婚問題で娘の親権はおろか、面会する権利すら得られなかった辛い体験をフラッシュバックのように思い出す。
信枝から「夫側の弁護士なんて信用できない」と激しく拒絶され、解決に向けて前進することも困難になり、ひどく落ち込む。だが、美晴自身が子供と引き裂かれる痛みがどれほどのものか知っており、信枝の心の痛みにも気づくことができ、弁護士としての立場は一旦脇に置き、破れかぶれの状態でひとりの人間としての共感を正直に語ったところ、信枝が心を開いてくれ、彼女が家を出て行かざるを得なかった詳しい事情を聞くことができた。
事情を聞いた美晴は、その家族の本当の幸福を願い、夫に妻側の気持ちを伝え、妻の気持ちにも寄り添った解決案を夫側に提示し、また夫の直樹からも、厳しい父親のもとで経営者として認められるためにひとり耐え抜いてきた辛い状況から今まで抑圧されてきた人間なら当然してほしくないと感じることへの妻の無理解、また子供はもともとは信枝の連れ子であること、だが会社の未来を担う後継者として息子は大切なので手放したくない、といった気持ちなども聞かされる。妻と夫、それぞれの本当の気持ちを聞き出した美晴は、妻と夫そして子供、全員の幸福に配慮し、子供が経済的にしっかりした会社経営者の夫のもとで後継者として育てられ、かつ母親とも面会できる形に落ち着かせた。
不幸な夫婦と子に幸福をもたらしたことはそれはそれで良かったのだが、郷原に提示した「月に1度の宿泊を伴う、週1度の面会」という離婚条件に、美晴の入れ知恵を嗅ぎとった郷原は怒り心頭に発し、水野法律事務所との顧問契約を打ち切る決定を下す。
美晴が自分の個人的な辛い体験を活かし、ひとりひとりの人の痛みを理解し、人と人が少しでもいたわりあえることができたらと考える想いが見事に実現したのは良かったのだが、皮肉なことに、事務所の大切なクライアントを失う結果になってしまったのである。事務所に所属する弁護士の杉浦千賀子が美晴のことを、大切なクライアントを失う結果を招いたと非難するなど、事務所内は彼女が責任をとらざるを得ないような雰囲気になっていった。それでも所長の水野は美晴をかばう。だが美晴は潔く責任をとって事務所を辞めることにする。間もなく、郷原夫妻の離婚が成立。
辞表を提出し水野法律事務所を辞めた後になって、実は所長が長い間自分に好意を抱いていたことと、それに気付いていなかった自分に気がつく。今回の一連の出来事で、美晴は「仕事」と「男」を同時に失ってしまったのだ。やけ酒をあおり、酔い潰れた美晴は、知り合いのあんかけスパゲティ屋の店主・三ツ矢鉄の前で醜態を晒してしまう。泥酔した彼女を介抱しながら、美晴が思わず口走った「仕事と男を失った」という言葉を聞き、鉄は何かを敏感に感じ取った様子だった。実は、言葉に出してこそいないが、鉄も美晴のことを少なからず想っていたのだ。
第2話女と男のプライド1月13日小松與志子柴田岳志
無職になり、つい先日までの敏腕弁護士の姿はあとかたもなく、落ちぶれ放題でまるでひきこもりのようになってしまった美晴のもとに、信枝がやってくる。美晴が人の心を大切にしつつ離婚案件を解決してくれたから、きっと別の離婚案件もうまく解決できるだろうと思い、両親が離婚の危機にあるという中学生の双子姉妹を連れてきたのだ。その両親の沢木夫妻の離婚問題というのは、夫はエンジニアから営業へと異動となり子会社に出向中の事実上のリストラ状態にあり、妻も元エンジニアで妊娠を機に仕事を辞めた女性で、両者ともプライドが高く、離婚はスムーズに進みそうになかった。
沢木敏雄が夜も家に帰ってこず浮気の疑いがある、家庭が崩壊しかけている、と妻・沢木藍子は言うが、沢木夫妻を調査していく中で美晴は、真相は別にあると次第に分かってくる。
敏雄は本当は、藍子のことも娘たちのことも一生懸命に愛しており、優しくて真面目な人だったのである。過去に海外転勤の栄転話が提示されていたのだが、当時、娘の1人が病気を患っていて、家族のことを優先的に考え、海外勤務を断念し、それが影響して結局リストラにあってしまった、といういきさつが本当は隠されていたのである。また夫が夜帰ってこないのも、ただひたすらに家族のことを思って、自分がリストラにあって減ってしまった収入をなんとか補おうと、本当は嫌でしかたないのに無理して深夜に皿洗いのアルバイトまでしていたため家に帰ることができなかったのだった。
敏雄は家族のためにさんざん自分のことを犠牲にしてきたというのに、妻も娘もそれに全く気付きもせず、気付こうともせず、肝心の家族同士の愛情もどこかに忘れて、形式的なことや世間体ばかりを気にして敏雄を責めてしまっていたのであった。愚かしく、またあまりにも悲しい状態だった。
美晴は家族全員のことを思い、その家庭を立て直そうと全力で奮闘する。この案件を扱う中で、美晴は自分が、男性というのはプライドを大切にするからこそ、辛い状況でもかろうじて耐えて頑張っていられるということに全然気づいていなかった。その大切な「男のプライド」を軽視してしまったことで自分自身が離婚の原因を作っていたことに気づかされた。他人の離婚案件を扱う中で美晴も少しずつ自身の反省点に気づき、人間的に成長していくのであった。
最初は離婚案件には全然気がすすまなかったはずの美晴だったが、鉄や信枝が、離婚問題を専門に扱う弁護士になればいいと奨めてくれたこともあって、竹内美晴離婚相談室の開設を決意する。
新たな決意を胸に、晴れ晴れとした気持ちになった美晴。だが離婚相談室を開設したその日、見慣れない若い女性が独りで旅行カバンを引いて事務所近くまでやって来た。それは美晴が10年前に面会する権利も失い、ずっと会うこともできずにいた娘の佳苗だった。だが佳苗は母とは会わずにすぐに去っていってしまった。
第3話夫の秘密1月20日井出真理柴田岳志
美晴の元を訪れた新たな依頼人は、大学図書館に務める女性だった。最近様子のおかしい一回り年下の書店員の夫の携帯電話を盗み見て、女性とのメールのやり取りが沢山残されているのを見てしまい、夫の浮気を確信する。離婚へと気持ちが傾く彼女を止め、鉄と共に彼女の夫の動向を探る美晴は、衝撃の秘密を知ってしまう。彼には女装の趣味があり、日々のストレスを女装することで発散していることや、彼もまた、妻との関係に悩みを抱えていることを知る。美晴からアドバイスを受けた妻は、久しぶりに夫を食事に誘い、行き違っていた2人の思いは再び通じることになった。
第4話一番大切なもの1月27日井出真理松木健祐
第5話娘の決意2月03日井出真理福井充広
第6話悲しい記憶2月10日
第7話幸せになるために2月17日

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 自家用車を所有。ただしかなりの車マニアらしく、大きくて珍しい時代ものの車を所有する。

出典編集

  1. ^ 真矢みきら「全力離婚相談」出演者、名古屋の居心地は抜群!?”. webザテレビジョン (2014年10月16日). 2014年12月17日閲覧。
  2. ^ 真矢みき、名古屋でこっそり浮気発言!?ドラマ10『全力離婚相談』で弁護士役に!”. モデルプレス (2014年10月17日). 2014年12月17日閲覧。
  3. ^ 安藤裕子、真矢みき主演ドラマにバラード「人魚姫」書き下ろし”. 音楽ナタリー (2014年12月1日). 2014年12月17日閲覧。

外部リンク編集