全国ホームヘルパー協議会

全国ホームヘルパー協議会(ぜんこくほーむへるぱーきょうぎかい)とは、1980年に結成された日本ホームヘルパー職能団体である[1]。略称は全国ヘルパー協訪問介護員資格を持つものだけではなく、広くホームヘルパー業務を行う者を会員として受け入れている。

全国ホームヘルパー協議会
略称 全国ヘルパー協(ぜんこくへるぱーきょう)
設立 1980年
種類 職能団体
ホームヘルパーによる協議会
法的地位 任意団体
目的 ホームヘルプ事業の発展向上を期するために、全国的連絡調整をおこなうとともに、事業に関する調査、研究協議をおこない、かつ、その実践をはかること。
本部 東京都千代田区霞が関 3-3-2 新霞が関ビル5階 社会福祉法人全国社会福祉協議会内
重要人物 田尻亨(会長)
鍋谷晴子(副会長)
永田 英一(副会長)
小林聖子(副会長)
主要機関 常任協議会
提携 全国社会福祉協議会
各地の社会福祉協議会
ウェブサイト https://www.homehelper-japan.com/
テンプレートを表示

青森県から宮崎県まで全国21府県にある各地のホームヘルパー協議会の中から常任協議会の委員を選出する形で、全国ヘルパー協の運営を行っている。なお、全国ヘルパー協は社会福祉協議会の関係団体の1つであり、会の事務拠点の多くを社会福祉協議会に置いて、普段から綿密な連携を行っている。

全国ヘルパー協の設立目的として「ホームヘルプ事業の発展向上を期するために、全国的連絡調整をおこなうとともに、事業に関する調査、研究協議をおこない、かつ、その実践をはかること」を掲げている。各種研修会や交流会の実施を行いつつ、2004年には職能団体としての倫理要綱の制定を行ったりしている[2]

主要なホームヘルパーの職能団体として、厚生労働省社会保障審議会(介護給付費分科会)に対して意見したり[3]、近年問題となっている特殊詐欺への対策を行う等の活動も行っている[4]

出典[5]

関連項目編集

ホームヘルパーに関する主な他団体編集

職能団体編集

労働組合編集

脚注・脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集