全国大学職員録(ぜんこくだいがくしょくいんろく)は廣潤社が1954年に発行をはじめた日本の国公立大学私立大学防衛大学校などの大学校、国立大学共同利用機関の在職者の名簿[1]。国公立大学編と私立大学編の2冊にわかれる[1]学長、役職員、専任講師以上の教員が収録され、役職員については住所、教員については担当科目が付記される[1]。2006年版を最後として以降刊行されていない[2]

科学技術政策研究所の細坪護挙は『全国大学職員録』は政府統計よりも網羅性が高い資料だと評価した[3]

脚注編集

関連項目編集