全国発明表彰(ぜんこくはつめいひょうしょう)は公益社団法人発明協会が主催する、優れた発明を表彰するである。

概説編集

1923年大正8年)に第1回帝国発明表彰として設立される。文部科学省経済産業省特許庁日本経済団体連合会日本商工会議所日本弁理士会朝日新聞社後援。全国の地域発明協会等から多数の推薦・応募を選考委員会で選考し決定する。

賞の種類編集

第1表彰区分編集

科学技術的に秀でた進歩性を有し、かつ、顕著な実施効果を上げている発明等が対象。

第1表彰区分
副賞(賞金額)
恩賜発明賞「畠山一清賞」 200万円
内閣総理大臣賞 100万円
文部科学大臣賞
経済産業大臣賞
特許庁長官賞
発明協会会長賞
50万円
日本経済団体連合会会長賞
日本商工会議所会頭賞
日本弁理士会会長賞
朝日新聞社賞
30万円

第2表彰区分編集

科学技術的に秀でた進歩性を有し、かつ、中小・ベンチャー企業、大学及び公設試験研究機関等の研究機関に係る発明等が対象。

第2表彰区分
副賞(賞金額)
未来創造発明賞 150万円
未来創造発明奨励賞 50万円