全国社会人ラグビーフットボール大会

全国社会人ラグビーフットボール大会(ぜんこくしゃかいじんラグビーフットボールたいかい)は、1948年度(1949年2月)から2002年度(2003年1月)まで開催された日本の社会人ラグビーチームの王者を決定する大会。日本ラグビーフットボール協会朝日新聞社が主催していた。ジャパンラグビートップリーグが2003年に創設されたことに伴い発展的解消した。

全国社会人ラグビーフットボール大会
前回大会:
第55回全国社会人ラグビーフットボール大会
競技 ラグビーユニオン
大会形式 トーナメント方式[注 1]
開始年 1948年度(1949年2月)
終了年 2002年度(2003年1月)
主催 日本ラグビーフットボール協会
開催国 日本の旗 日本
チーム数 16[注 2]チーム
前回優勝 サントリー(3回目)
最多優勝 八幡製鉄(12回)
テンプレートを表示

概要編集

第1回(1948年度)から第4回(1951年度)までは全国実業団ラグビーフットボール大会と称していた。第5回(1952年度)から全国社会人ラグビーフットボール大会に改められた。

第1回(1948年度)から第40回(1987年度)までは各地域における予選で出場チームを決定し、第41回(1988年度)以降は東日本社会人リーグ関西社会人リーグ西日本社会人リーグの各地域リーグの上位チームが出場権を獲得した。

参加チーム数は、第8回(1955年度)までは3~8チームであったが、第9回(1956年度)以降は16チームが参加した[1]。基本的にはトーナメント方式で開催されていたが、第48回(1995年度)から第52回(1999年度)と第55回(2002年度)は、4チームずつ4組に分けた予選プール(リーグ戦)を行い、各組2位までの計8チームが決勝トーナメントに進出する方式を採用していた。第50回(1997年度)では、大会史上唯一となる3位決定戦が実施された。

歴代最多出場は近鉄の53回(全55大会中)、最多勝利はトヨタ自動車の94勝、最多優勝は八幡製鉄の12回。連続記録としては、近鉄の50大会連続出場、新日鉄釜石および神戸製鋼の大会7連覇、そして神戸製鋼の34連勝[注 3]などが特筆される。

1960年度に日本ラグビーフットボール選手権大会(当初は日本協会招待NHK杯争奪ラグビー大会)が創設されてからは、全国社会人大会の上位チーム(1963年度を除き1996年度までは優勝チームのみ)が日本選手権の出場権を獲得した。

第55回(2002年度)が最後の大会となった。2003年度のジャパンラグビートップリーグ創設以降は、直接的な後継大会ではないものの、開催時期などからマイクロソフトカップが全国社会人大会の役割を継承した。

歴史編集

[2]

戦前における日本のラグビーの最高峰は学生ラグビーと見なされていたが、戦後、徴兵制の撤廃などにより卒業後もプレーを続けることが可能になり、社会人ラグビーの発展につながった。1948年には関東関西九州による三地域対抗試合が始まった。全国社会人ラグビーフットボール大会(当初の名称は全国実業団ラグビーフットボール大会)は、この3地区に「北海道・東北」を加えた4地区の代表によるトーナメント戦として創設された。

1949年2月(1948年度)、第1回大会東京ラグビー場(現在の秩父宮ラグビー場)で開催された。北海道・東北地区代表の東北肥料が棄権したことにより、東芝(関東地区代表)、近鉄(関西地区代表)、配炭公団(九州地区代表)の3チームが出場した。大会は、配炭公団が圧倒的な強さで初代王者に輝いた。しかし同年9月に配炭公団が廃止されたことに伴いラグビー部も解散。主力選手は同じ福岡県内の九州電力(当時は九州配電)や三井化学などに移籍した。彼らの活躍もあり、以降、九州地区代表チームは8連覇[注 4]を達成することになる。

第2回(1949年度)から出場チーム数が8チームに拡大された。「北海道・東北」が「北海道」と「東北」に、「関西」が「東海・北陸」と「大阪」と「近畿」と「中国・四国」にそれぞれ分割され、8地区から1チームずつ出場する形式となった。

第5回(1952年度)から大会名が全国社会人ラグビーフットボール大会に改められた。第6回(1953年度)は、近鉄が九州勢以外では初となる優勝を遂げた[注 4]

第9回(1956年度)から出場チーム数が16チームに拡大された。地区割りは、従来の「関東」が「東京」と「神奈川」と「関東」に、従来の「近畿」が「兵庫」と「近畿」に、従来の「中国・四国」が「中国」と「四国」にそれぞれ分割され、12地区となった。東京代表、大阪代表、九州代表には2チームの出場枠が与えられ、これらのチームに前年度優勝チームを加えた計16チームが出場する。以降、16チームという数は、最後の開催となった第55回(2002年度)まで不変であった。

第13回(1960年度)から神奈川枠が関東地区に、第21回(1968年度)から兵庫枠が近畿地区にそれぞれ統合され、10地区から16チームが出場する形式となった。

1960年度に日本ラグビーフットボール選手権大会(1962年度までは日本協会招待NHK杯争奪ラグビー大会)が創設されたことを受け、第13回(1960年度)からは、全国社会人大会の上位チーム(1963年度を除き1996年度までは優勝チームのみ)には日本選手権の出場権が与えられるようになった。

第18回(1965年度)では、八幡製鉄が後に大会記録となる12回目の優勝を達成した。第21回(1968年度)ではトヨタ自工が初優勝を遂げ、九州・関西勢以外では初の優勝となった。2年後の第23回(1970年度)では新日鉄釜石リコーが優勝[注 5]し、関東・東日本勢として初の優勝を遂げた。

第37回(1984年度)、新日鉄釜石が7連覇を達成。

第41回(1988年度)から予選方式が変更された。前年度までの10地区による予選制度を廃止し、東日本社会人リーグ(この年に新設)、関西社会人リーグ西日本社会人リーグの各リーグ戦が全国社会人大会の予選を兼ねる方式となった。出場枠は、東日本から6チーム、関西から6チーム、西日本から3チーム、および前年度優勝チーム。また、従来はトーナメント戦で同点の場合は抽選により上位進出チームを決定していたが、この大会からトライ数により決定する方式に改定された。

第42回(1989年度)からは前年度優勝チームの推薦出場が撤廃された。

第45回(1992年度)から、国際ラグビー評議会(IRB)のルール改定に伴い、トライによる得点が従来の4点から5点に引き上げられた。

第47回(1994年度)、神戸製鋼が7連覇を達成。

第48回(1995年度)では、第1回(1948年度)から続いてきたトーナメント方式を廃止して、ラグビーワールドカップでも採用されている予選プール方式を導入した。出場16チームを4チームずつ4組に分けて総当たりの予選プール(リーグ戦)を行い、各組上位2チームの計8チームが決勝トーナメントに進出する。この方式は、第48回(1995年度)から第52回(1999年度)までの5大会と、第55回(2002年度)の計6大会で採用された。

第50回(1997年度)では、大会史上唯一となる3位決定戦が実施された。また、日本選手権の出場枠が、従来の1チームから3チーム(1998年度以降は4チーム)に拡大された。

第55回(2002年度)が最後の大会となった。この大会で、近鉄は、第6回(1953年度)から続く50年連続出場を達成した。

歴代出場チーム編集

全国社会人大会の歴代の出場チーム[3][4]。丸数字は出場回数、太字は優勝チーム。

年度 北海道・東北 関東 関西 九州
1 1948 (東北肥料[注 6] 東芝① 近鉄① 配炭公団
年度 北海道 東北 関東 東海・北陸 大阪 近畿 中国・四国 九州
2 1949 住友奔別① (仙台鉄道局[注 6] 東芝② トヨタ自工① 近鉄② 神戸製鋼① 四国配電① 三井化学
年度 北海道 東北 関東 東海・北陸 阪和 近畿 中国・四国 九州
3 1950 住友奔別② - [注 6] 東芝③ トヨタ自工② 大阪鉄道局① 神戸製鋼② 広島鉄道局① 八幡製鉄
4 1951 住友奔別③ 日鉱船川① 大映① トヨタ自工③ 近鉄③ 神戸製鋼③ 愛媛県庁① 八幡製鉄
5 1952 (住友奔別[注 6] 国鉄土崎① 大映② トヨタ自工④ 大阪鉄道局② 川崎重工① 宇部興産① 八幡製鉄
6 1953 住友奔別④ 日鉱船川② 大映③ 日本軽金属① 近鉄
[注 5]
神戸製鋼④ 愛媛教員① 九州電力
[注 5]
7 1954 住友奔別⑤ 国鉄土崎② 大映④ トヨタ自工⑤ 近鉄⑤ 京都市役所① 愛媛教員② 八幡製鉄
8 1955 住友奔別⑥ 日鉱船川③ 横河電機① トヨタ自工⑥ 近鉄⑥ 川崎重工② 宇部曹達① 八幡製鉄
年度 北海道 東北 東京 神奈川 関東 東海・北陸 大阪 兵庫 近畿 四国 中国 九州
9 1956 札幌鉄道局① 盛岡鉄道局① 東横百貨店①
横河電機②
東芝④ 日鉱日立① トヨタ自工⑦ 近鉄
大阪鉄道局③
川崎重工③ 京都市役所② 愛媛教員③ 岡山鉄道局① 八幡製鉄⑥
九州電力②
竹松部隊①
10 1957 住友奔別⑦ 日鉱船川④ 大映⑤
横河電機③
東芝⑤ 松戸部隊① 本州製紙① 近鉄
大阪府警①
大阪鉄道局④
川崎重工④ 京都市役所③ 徳島教員① 宇部曹達② 八幡製鉄⑦
三菱重工長崎①
11 1958 住友奔別⑧ 仙台部隊① 横河電機④
谷藤機械①
日本鋼管① 松戸部隊② トヨタ自工⑧ 近鉄⑨
大阪府警②
大阪鉄道局⑤
川崎重工⑤ 京都市役所④ 徳島教員② 山陽パルプ① 八幡製鉄
竹松部隊②
12 1959 札幌鉄道局② 秋田鉄道局① 東横百貨店②
谷藤機械②
東芝⑥ 松戸部隊③ 富士部隊① 近鉄⑩
大阪府警③
川崎重工⑥ 京都市役所⑤ 善通寺部隊① 山陽パルプ② 八幡製鉄
九州電力③
竹松部隊③
年度 北海道 東北 東京 関東 東海・北陸 大阪 兵庫 近畿 四国 中国 九州
13 1960 住友赤平① 秋田鉄道局② 横河電機⑤
谷藤機械③
日鉱日立②
東芝⑦
久居部隊① 近鉄⑪
大阪府警④
伊丹部隊① 京都市役所⑥ 徳島航空① 山陽パルプ③ 八幡製鉄
三井化学②
竹松部隊④
14 1961 住友奔別⑨ 富士鉄釜石① 谷藤機械④
日野自動車①
日鉱日立③
三井精機①
トヨタ自工⑨ 近鉄
大阪府警⑤
伊丹部隊② 京都市役所⑦ 帝人松山① 山陽パルプ④ 八幡製鉄⑪
九州電力④
竹松部隊⑤
15 1962 札幌鉄道局③ 富士鉄釜石② 谷藤機械⑤
横河電機⑥
松戸部隊④
三井精機②
トヨタ自工⑩ 近鉄⑬
大阪府警⑥
大阪教員①
伊丹部隊③ 京都市役所⑧ 帝人松山② 三菱重工水島① 八幡製鉄
竹松部隊⑥
16 1963 帯広部隊① 秋田鉄道局③ 横河電機⑦
東横百貨店③
松戸部隊⑤
三井精機③
トヨタ自工⑪ 近鉄⑭
大阪府警⑦
伊丹部隊④ 京都市役所⑨ 帝人松山③ 三菱重工水島② 八幡製鉄
九州電力⑤
三菱重工長崎②
17 1964 帯広部隊② 富士鉄釜石③ 横河HP①
朝日生命①
松戸部隊⑥
三井精機④
トヨタ自工⑫ 近鉄⑮
中部部隊①
[注 7]
神戸製鋼⑤ 京都市役所⑩ 帝人松山④ 三菱重工水島③ 八幡製鉄
九州電力⑥
三菱重工長崎③
18 1965 住友赤平② 富士鉄釜石④ 警視庁①
日野自動車②
東京三洋①
三井精機⑤
トヨタ自工⑬ 近鉄⑯
中部自衛隊②
神戸製鋼⑥ 京都市役所⑪ 住友機械① 三菱重工水島④ 八幡製鉄
九州電力⑦
大分教員①
19 1966 住友赤平③ 富士鉄釜石⑤ 横河電機⑧
朝日生命②
東京三洋②
三井精機⑥
トヨタ自工⑭ 近鉄
大阪府警⑧
神戸製鋼⑦ 京都市役所⑫ 帝人松山⑤ 山陽パルプ⑤ 八幡製鉄⑯
九州電力⑧
大分教員②
20 1967 住友赤平④ 富士鉄釜石⑥ 横河電機⑨
リコー①
東京三洋③
三井精機⑦
トヨタ自工⑮ 近鉄
栗田工業①
大阪府警⑨
神戸製鋼⑧ 京都市役所⑬ 善通寺自衛隊② 三菱重工水島⑤ 八幡製鉄⑰
長崎教員①
年度 北海道 東北 東京 関東 東海・北陸 大阪 近畿 四国 中国 九州
21 1968 富士鉄室蘭① 富士鉄釜石⑦ リコー②
警視庁②
東京三洋④
三井精機⑧
トヨタ自工 近鉄⑲
中部自衛隊③
大阪府警⑩
京都市役所⑭
三菱重工京都①
善通寺自衛隊③ 山陽パルプ⑥ 八幡製鉄⑱
長崎教員②
22 1969 北部自衛隊① 富士鉄釜石⑧ リコー③
警視庁③
東京三洋⑤
三井精機⑨
トヨタ自工⑰
福井教員①
近鉄
大阪府警⑪
京都市役所⑮
三菱重工京都②
善通寺自衛隊④ 淀川製鋼呉① 八幡製鉄⑲
大分教員③
23 1970 新日鉄室蘭② 新日鉄釜石
[注 5]
警視庁④
リコー
[注 5]
東京三洋⑥
三井精機⑩
トヨタ自工⑱ 近鉄㉑
大阪府警⑫
中部自衛隊④
三菱自工京都③
京都市役所⑯
善通寺自衛隊⑤ 山陽パルプ⑦ 新日鉄八幡⑳
鹿児島教員①
24 1971 新日鉄室蘭③ 新日鉄釜石⑩
秋田鉄道局④
リコー⑤
警視庁⑤
東京三洋⑦
三井精機⑪
トヨタ自工⑲ 近鉄㉒
中部自衛隊⑤
京都市役所⑰
三菱自工京都
善通寺自衛隊⑥ 東洋工業① 九州電力⑨
鹿児島教員②
25 1972 新日鉄室蘭④ 新日鉄釜石⑪ 警視庁⑥
リコー
東京三洋⑧
三井精機⑫
トヨタ自工⑳ 近鉄㉓
栗田工業②
三菱自工京都⑤
京都市役所⑱
神戸製鋼⑨
四国電力徳島① 東洋工業② 新日鉄八幡㉑
国分自衛隊①
26 1973 新日鉄室蘭⑤ 新日鉄釜石⑫ リコー
警視庁⑦
明治生命①
東京三洋⑨
日産プリンス①
トヨタ自工㉑ 近鉄㉔
栗田工業③
京都市役所⑲
ユニチカ①
善通寺自衛隊⑦ 淀川製鋼呉② 新日鉄八幡㉒
鹿児島教員③
27 1974 新日鉄室蘭⑥ 新日鉄釜石⑬ リコー⑧
明治生命②
警視庁⑧
東京三洋⑩
三井精機⑬
トヨタ自工㉒ 近鉄
栗田工業④
三菱自工京都⑥
京都市役所⑳
善通寺自衛隊⑧ 東洋工業③ 新日鉄八幡㉓
三菱重工長崎④
28 1975 新日鉄室蘭⑦ 新日鉄釜石⑭ リコー⑨
朝日生命③
東京三洋⑪
日産プリンス②
トヨタ自工㉓ 近鉄㉖
大阪府警⑬
栗田工業⑤
三菱自工京都
ユニチカ②
善通寺自衛隊⑨ 東洋工業④ 新日鉄八幡㉔
三菱重工長崎⑤
29 1976 新日鉄室蘭⑧ 新日鉄釜石 東芝府中①
警視庁⑨
東京三洋⑫
三井精機⑭
トヨタ自工㉔ 近鉄㉗
大阪府警⑭
三菱自工京都⑧
ユニチカ③
神戸製鋼⑩
善通寺自衛隊⑩ 東洋工業⑤ 新日鉄八幡㉕
三菱重工長崎⑥
30 1977 新日鉄室蘭⑨ 新日鉄釜石⑯
秋田市役所①
リコー⑩
横河電機⑩
東京三洋⑬
三井精機⑮
トヨタ自工 近鉄㉘
大阪府警⑮
三菱自工京都⑨
神戸製鋼⑪
善通寺自衛隊⑪ 東洋工業⑥ 新日鉄八幡㉖
三菱重工長崎⑦
31 1978 新日鉄室蘭⑩ 新日鉄釜石 横河電機⑪
東芝府中②
東京三洋⑭
栗田工業⑥
[注 8]
トヨタ自工㉖
本田技研①
大阪府警⑯
近鉄㉙
三菱自工京都⑩
京都市役所㉑
アジア共石① 東洋工業⑦ 新日鉄八幡㉗
三菱重工長崎⑧
32 1979 新日鉄室蘭⑪ 新日鉄釜石
秋田市役所②
リコー⑪
東芝府中③
東京三洋⑮
三井精機⑯
トヨタ自工㉗ 近鉄㉚
大阪府警⑰
京都市役所㉒
三菱自工京都⑪
アジア共石② 東洋工業⑧ 新日鉄八幡㉘
三菱重工長崎⑨
33 1980 新日鉄室蘭⑫ 新日鉄釜石
秋田市役所③
リコー⑫
東芝府中④
東京三洋⑯
栗田工業⑦
トヨタ自工㉘ 近鉄㉛
大阪府警⑱
三菱自工京都⑫
神戸製鋼⑫
アジア共石③ 東洋工業⑨ 九州電力⑩
三菱重工長崎⑩
34 1981 新日鉄室蘭⑬ 新日鉄釜石
秋田鉄道局⑤
リコー⑬
東芝府中⑤
日立製作所①
東京三洋⑰
トヨタ自工㉙ 大阪府警⑲
近鉄㉜
三菱自工京都⑬
神戸製鋼⑬
アジア共石④ 東洋工業⑩ 九州電力⑪
三菱重工長崎⑪
35 1982 新日鉄室蘭⑭ 新日鉄釜石
秋田市役所④
東芝府中⑥
リコー⑭
東京三洋⑱
栗田工業⑧
トヨタ自動車㉚ 大阪府警⑳
近鉄㉝
三菱自工京都⑭
神戸製鋼⑭
アジア共石⑤ 三菱自工水島⑥ 九州電力⑫
三菱重工長崎⑫
36 1983 新日鉄室蘭⑮ 新日鉄釜石
秋田市役所⑤
東芝府中⑦
リコー⑮
東京三洋⑲
栗田工業⑨
トヨタ自動車㉛ 大阪府警㉑
近鉄㉞
三菱自工京都⑮
神戸製鋼⑮
アジア共石⑥ 日新製鋼① 九州電力⑬
三菱重工長崎⑬
37 1984 新日鉄室蘭⑯ 新日鉄釜石
電電東北①
東芝府中⑧
リコー⑯
東京三洋⑳
日立製作所②
トヨタ自動車㉜ 大阪府警㉒
近鉄㉟
三菱自工京都⑯
神戸製鋼⑯
アジア共石⑦ マツダ⑪ 新日鉄八幡㉙
三菱重工長崎⑭
38 1985 新日鉄室蘭⑰ 新日鉄釜石㉔
秋田市役所⑥
サントリー①
東芝府中⑨
栗田工業⑩
東京三洋㉑
トヨタ自動車 近鉄㊱
大阪府警㉓
三菱自工京都⑰
神戸製鋼⑰
アジア共石⑧ 日新製鋼② 九州電力⑭
三菱重工長崎⑮
39 1986 新日鉄室蘭⑱ 新日鉄釜石㉕ リコー⑰
東芝府中⑩
山梨教員①
三洋東京㉒
[注 9]
トヨタ自動車
本田技研鈴鹿②
大阪府警㉔
近鉄㊲
ワールド①
神戸製鋼⑱
アジア共石⑨ 日新製鋼③ 九州電力⑮
三菱重工長崎⑯
40 1987 新日鉄室蘭⑲ 秋田市役所⑦ サントリー②
東芝府中
NEC①
山梨教員②
トヨタ自動車㉟
本田技研鈴鹿③
近鉄㊳
大阪府警㉕
ワールド②
神戸製鋼⑲
アジア共石⑩ 日新製鋼④ 九州電力⑯
三菱重工長崎⑰
年度 東日本社会人リーグ 関西社会人リーグ 西日本社会人リーグ
41 1988 東芝府中⑫、三洋電機㉓、新日鉄釜石㉖、リコー⑱、サントリー③、NEC②、秋田市役所⑧ 近鉄㊴、神戸製鋼⑳、ワールド③、トヨタ自動車㊱、本田技研鈴鹿④、大阪府警㉖ 九州電力⑰、日新製鋼⑤、新日鉄八幡㉚
42 1989 サントリー④、三洋電機㉔、新日鉄釜石㉗、リコー⑲、東芝府中⑬、横河電機⑫ 神戸製鋼㉑、トヨタ自動車㊲、ワールド④、近鉄㊵、本田技研鈴鹿⑤、大阪府警㉗、三菱自工京都⑱ 九州電力⑱、三菱重工長崎⑱、日新製鋼⑥
43 1990 三洋電機㉕、リコー⑳、サントリー⑤、東芝府中⑭、新日鉄釜石㉘、日本電気③[注 10] 神戸製鋼㉒、トヨタ自動車㊳、ワールド⑤、大阪府警㉘、近鉄㊶、本田技研鈴鹿⑥、三菱自工京都⑲ 九州電力⑲、マツダ⑫、日新製鋼⑦
44 1991 三洋電機㉖、東芝府中⑮、サントリー⑥、新日鉄釜石㉙、日本電気④[注 10]、リコー㉑ 神戸製鋼㉓、トヨタ自動車㊴、近鉄㊷、大阪府警㉙、ワールド⑥、NTT関西①、三菱自工京都⑳ マツダ⑬、九州電力⑳、日新製鋼⑧
45 1992 リコー㉒、三洋電機㉗、東芝府中⑯、伊勢丹①、日本電気⑤[注 10]、新日鉄釜石㉚ 神戸製鋼㉔、本田技研鈴鹿⑦、トヨタ自動車㊵、近鉄㊸、三菱自工京都㉑、ワールド⑦、ユニチカ④ 日新製鋼⑨、九州電力㉑、マツダ⑭
46 1993 東芝府中⑰、リコー㉓、サントリー⑦、三洋電機㉘、伊勢丹②、NEC⑥ 神戸製鋼㉕、ワールド⑧、本田技研鈴鹿⑧、NTT関西②、三菱自工京都㉒、トヨタ自動車㊶、近鉄㊹ マツダ⑮、日新製鋼⑩、九州電力㉒
47 1994 三洋電機㉙、東芝府中⑱、サントリー⑧、NEC⑦、リコー㉔、伊勢丹③ ワールド⑨、神戸製鋼㉖、トヨタ自動車㊷、三菱自工京都㉓、近鉄㊺、NTT関西③、ヤマハ発動機① 日新製鋼⑪、マツダ⑯、九州電力㉓
48 1995 三洋電機[注 5]、東芝府中⑲、サントリー[注 5]、リコー㉕、伊勢丹④、東京ガス① トヨタ自動車㊸、神戸製鋼㉗、ワールド⑩、三菱自工京都㉔、近鉄㊻、NTT関西④、ユニチカ⑤ マツダ⑰、日新製鋼⑫、九州電力㉔
49 1996 東芝府中⑳、三洋電機㉛、サントリー⑩、NEC⑧、伊勢丹⑤、東京ガス②、リコー㉖ 神戸製鋼㉘、トヨタ自動車㊹、NTT関西⑤、ワールド⑪、近鉄㊼、ヤマハ発動機② マツダ⑱、日新製鋼⑬、ニコニコドー①
50 1997 サントリー⑪、東芝府中㉑、NEC⑨、三洋電機㉜、伊勢丹⑥、リコー㉗、クボタ① 神戸製鋼㉙、トヨタ自動車㊺、ワールド⑫、近鉄㊽、ヤマハ発動機③、大阪府警㉚ 日新製鋼⑭、マツダ⑲、ニコニコドー②
51 1998 三洋電機㉝、サントリー⑫、NEC⑩、東芝府中㉒、リコー㉘、クボタ②、伊勢丹⑦ 神戸製鋼㉚、トヨタ自動車㊻、ワールド⑬、ヤマハ発動機④、近鉄㊾、豊田自動織機① マツダ⑳、ニコニコドー③、日新製鋼⑮
52 1999 東芝府中㉓、NEC⑪、リコー㉙、サントリー⑬、三洋電機㉞、セコム① トヨタ自動車㊼、神戸製鋼㉛、ワールド⑭、ヤマハ発動機⑤、近鉄㊿、鐘淵化学①、NTT西日本⑥ サニックス①、九州電力㉕、マツダ㉑
53 2000 サントリー⑭、NEC⑫、クボタ③、三洋電機㉟、東芝府中㉔、リコー㉚ トヨタ自動車㊽、神戸製鋼㉜、ワールド⑮、近鉄(51)、本田技研鈴鹿⑨、豊田自動織機②、ヤマハ発動機⑥ サニックス②、九州電力㉖、コカ・コーラWJ①
54 2001 サントリー⑮、NEC⑬、クボタ④、東芝府中㉕、セコム②、リコー㉛ 神戸製鋼㉝、ヤマハ発動機⑦、トヨタ自動車㊾、近鉄(52)、ワールド⑯、豊田自動織機③、鐘淵化学② サニックス③、九州電力㉗、コカ・コーラWJ②
55 2002 サントリー⑯、東芝府中㉖、リコー㉜、クボタ⑤、セコム③、三洋電機㊱、NEC⑭ ヤマハ発動機⑧、ワールド⑰、神戸製鋼㉞、トヨタ自動車㊿、近鉄(53)、豊田自動織機④ サニックス④、九州電力㉘、コカ・コーラWJ③

歴代優勝チーム編集

歴代の決勝戦の結果[5]太字は、NHK杯(1960年度-1962年度)/日本選手権(1963年度-2002年度)も優勝。

年度 優勝チーム スコア 準優勝チーム チーム数 備考
1 1948 配炭公団 57-3 近鉄 3 全国実業団ラグビーフットボール大会として開催
東北肥料(北海道・東北)は棄権
2 1949 三井化学 39-0 住友奔別 7 仙台鉄道局(東北)は棄権
3 1950 八幡製鉄 32-0 トヨタ自工 7 東北代表は棄権
4 1951 八幡製鉄 11-3 近鉄 8
5 1952 八幡製鉄 15-6 川崎重工 7 全国社会人ラグビーフットボール大会に改称
住友奔別(北海道)は棄権
6 1953 近鉄 3-3 8 両チーム優勝
九州電力
7 1954 八幡製鉄 19-0 大映 8
8 1955 八幡製鉄 24-5 近鉄 8
9 1956 近鉄 11-0 九州電力 16 前年大会優勝チームは地区予選免除で出場可能となる。
近鉄が全4試合完封勝ちを達成
10 1957 近鉄 12-3 京都市役所 16
11 1958 八幡製鉄 9-0 近鉄 16
12 1959 八幡製鉄 13-8 近鉄 16
13 1960 八幡製鉄 3-0 近鉄 16 第1回NHK杯が開催
八幡製鉄が出場し、日本大学を破って初代優勝チームとなる。
14 1961 近鉄 6-5 八幡製鉄 16
15 1962 八幡製鉄 19-3 谷藤機械 16
16 1963 八幡製鉄 16-3 近鉄 16 第1回日本選手権が開催
八幡製鉄と近鉄が出場したが、ともに同志社大学に敗退
17 1964 八幡製鉄 25-3 トヨタ自工 16
18 1965 八幡製鉄 8-3 近鉄 16
19 1966 近鉄 15-3 トヨタ自工 16
20 1967 近鉄 6-5 トヨタ自工 16
21 1968 トヨタ自工 19-13 八幡製鉄 16
22 1969 近鉄 17-8 トヨタ自工 16 近鉄とトヨタ自工が、ともに日本選手権を辞退
富士鉄釜石(後の新日鉄釜石)が代替出場
23 1970 新日鉄釜石 6-6 16 両チーム優勝。抽選で新日鉄釜石が日本選手権に進出
リコー
24 1971 三菱自工京都 22-11 リコー 16
25 1972 リコー 29-3 三菱自工京都 16
26 1973 リコー 4-3 近鉄 16
27 1974 近鉄 10-7 リコー 16
28 1975 三菱自工京都 17-10 東京三洋 16
29 1976 新日鉄釜石 27-3 トヨタ自工 16
30 1977 トヨタ自工 19-15 東京三洋 16
31 1978 新日鉄釜石 15-3 三菱自工京都 16
32 1979 新日鉄釜石 27-13 東京三洋 16
33 1980 新日鉄釜石 31-15 東京三洋 16
34 1981 新日鉄釜石 19-0 トヨタ自工 16
35 1982 新日鉄釜石 16-0 トヨタ自動車 16
36 1983 新日鉄釜石 31-0 東芝府中 16
37 1984 新日鉄釜石 22-0 神戸製鋼 16 新日鉄釜石が7連覇を達成
38 1985 トヨタ自動車 19-7 神戸製鋼 16
39 1986 トヨタ自動車 19-6 新日鉄釜石 16
40 1987 東芝府中 13-6 トヨタ自動車 16
41 1988 神戸製鋼 23-9 東芝府中 16 東日本社会人リーグ創設に伴い地区予選制度を廃止
東日本6、関西6、西日本3、前年優勝1の出場枠となる。
42 1989 神戸製鋼 28-15 サントリー 16 前年優勝チームの出場枠を廃止
当該チーム所属地域の出場枠が1増となる。
43 1990 神戸製鋼 18-16 三洋電機 16
44 1991 神戸製鋼 24-15 三洋電機 16
45 1992 神戸製鋼 20-19 東芝府中 16
46 1993 神戸製鋼 18-3 三洋電機 16
47 1994 神戸製鋼 37-14 東芝府中 16 神戸製鋼が7連覇を達成
48 1995 サントリー 27-27 16 予選プール&決勝トーナメント方式を導入
両チーム優勝。トライ数でサントリーが日本選手権に進出
三洋電機
49 1996 東芝府中 36-21 三洋電機 16
50 1997 東芝府中 14-6 サントリー 16 大会唯一の3位決定戦が実施
日本選手権の出場枠が拡張
51 1998 トヨタ自動車 28-27 サントリー 16
52 1999 神戸製鋼 35-26 ワールド 16
53 2000 神戸製鋼 29-26 トヨタ自動車 16 当大会および第54回大会は従前のトーナメント方式で実施
54 2001 サントリー 50-31 神戸製鋼 16
55 2002 サントリー 38-25 東芝府中 16 予選プール&決勝トーナメント方式が復活
近鉄が50大会連続出場を達成

チーム別優勝回数編集

チーム名 優勝 準優 優勝年度 準優勝年度 後継チーム名
八幡製鉄 12回 2回 1950, 1951, 1952, 1954, 1955, 1958, 1959, 1960, 1962, 1963, 1964, 1965 1961, 1968 日本製鉄八幡
神戸製鋼 9回 3回 1988, 1989, 1990, 1991, 1992, 1993, 1994, 1999, 2000 1984, 1985, 2001 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
新日鉄釜石 9回 1回 1970[注 5], 1976, 1978, 1979, 1980, 1981, 1982, 1983, 1984 1986 釜石シーウェイブス
近鉄 8回 9回 1953[注 5], 1956, 1957, 1961, 1966, 1967, 1969, 1974 1948, 1951, 1955, 1958, 1959, 1960, 1963, 1965, 1973 近鉄ライナーズ
トヨタ自動車 5回 10回 1968, 1977, 1985, 1986, 1998 1950, 1964, 1966, 1967, 1969, 1976, 1981, 1982, 1987, 2000 トヨタ自動車ヴェルブリッツ
東芝府中 3回 5回 1987, 1996, 1997 1983, 1988, 1992, 1994, 2002 東芝ブレイブルーパス
サントリー 3回 3回 1995[注 5], 2001, 2002 1989, 1997, 1998 サントリーサンゴリアス
リコー 3回 2回 1970[注 5], 1972, 1973 1971, 1974 リコーブラックラムズ
三菱自工京都 2回 2回 1971, 1975 1972, 1978 三菱自動車京都レッドエボリューションズ
三洋電機 1回 8回 1995[注 5] 1975, 1977, 1979, 1980, 1990, 1991, 1993, 1996 パナソニック ワイルドナイツ
九州電力 1回 1回 1953[注 5] 1956 九州電力キューデンヴォルテクス
配炭公団 1回 - 1948 -
三井化学 1回 - 1949 -
住友奔別 - 1回 - 1949
川崎重工 - 1回 - 1952 川崎重工
大映 - 1回 - 1954
京都市役所 - 1回 - 1957
谷藤機械 - 1回 - 1962
ワールド - 1回 - 1999 ワールドファイティングブル

チーム別通算成績編集

全国社会人大会に出場した全チームの通算成績[3][4]

チーム名 地区 初出 最終 優勝 準優 チーム名変遷
配炭公団 九州 1948 1948 1 1 1 0 0 57 3 54 1回 -
近鉄 近畿 1948 2002 53 137 82 4 51 2776 2172 604 8回 9回
東芝 関東 1948 1960 7 8 1 0 7 28 208 -180 - -
三井化学 九州 1949 1960 2 5 4 0 1 142 32 110 1回 -
住友奔別 北海道 1949 1961 9 12 3 0 9 63 245 -182 - 1回
神戸製鋼 近畿 1949 2002 34 97 70 4 23 3323 1635 1688 9回 3回
トヨタ自動車 東海 1949 2002 50 143 94 2 47 3948 2145 1803 5回 10回 トヨタ自工→トヨタ自動車
四国配電 四国 1949 1949 1 1 0 0 1 0 25 -25 - -
新日鉄八幡 九州 1950 1988 30 78 60 2 16 1786 553 1233 12回 2回 八幡製鉄→新日鉄八幡
大阪鉄道局 近畿 1950 1958 5 8 3 0 5 79 82 -3 - - 現・JR西日本レイラーズの前身[6]
広島鉄道局 中国 1950 1950 1 1 0 0 1 6 9 -3 - -
大映 関東 1951 1957 5 9 4 0 5 102 109 -7 - 1回
愛媛県庁 四国 1951 1951 1 1 0 0 1 5 6 -1 - -
日鉱船川 東北 1951 1957 4 4 0 0 4 17 143 -126 - -
川崎重工 近畿 1952 1959 6 14 8 0 6 198 119 79 - 1回
国鉄土崎 東北 1952 1954 2 2 0 0 2 9 47 -38 - -
宇部興産 中国 1952 1952 1 2 1 0 1 18 18 0 - -
九州電力 九州 1953 2002 28 52 18 3 31 706 1377 -671 1回 1回
愛媛教員 四国 1953 1956 3 4 1 0 3 20 60 -40 - -
日本軽金属 東海 1953 1953 1 1 0 0 1 0 9 -9 - -
京都市役所 近畿 1954 1979 22 40 16 2 22 706 589 117 - 1回
横河電機 関東 1955 1989 12 22 9 1 12 285 292 -7 - -
宇部曹達 中国 1955 1957 2 3 1 0 2 6 43 -37 - -
日鉱日立 関東 1956 1961 3 5 2 0 3 35 76 -41 - -
札幌鉄道局 北海道 1956 1962 3 4 1 0 3 23 92 -69 - -
竹松部隊 九州 1956 1962 6 7 1 0 6 24 122 -98 - -
岡山鉄道局 中国 1956 1956 1 1 0 0 1 0 53 -53 - -
東横百貨店 関東 1956 1963 3 7 4 0 3 75 122 -47 - -
盛岡鉄道局 東北 1956 1956 1 1 0 0 1 0 15 -15 - -
本州製紙 東海 1957 1957 1 1 0 0 1 0 52 -52 - -
大阪府警 近畿 1957 1997 30 49 17 2 30 681 1075 -394 - -
松戸部隊 関東 1957 1964 6 9 3 0 6 67 113 -46 - -
徳島教員 四国 1957 1958 2 2 0 0 2 3 83 -80 - -
三菱重工長崎 九州 1957 1989 18 19 1 0 18 147 462 -315 - -
山陽パルプ 中国 1958 1970 7 8 1 0 7 43 215 -172 - -
谷藤機械 関東 1958 1962 5 13 8 0 5 210 100 110 - 1回
仙台部隊 東北 1958 1958 1 1 0 0 1 0 28 -28 - -
日本鋼管 関東 1958 1958 1 1 0 0 1 0 3 -3 - -
秋田鉄道局 東北 1959 1981 5 6 1 0 5 41 262 -221 - -
富士部隊 東海 1959 1959 1 1 0 0 1 9 14 -5 - -
善通寺自衛隊 四国 1959 1977 11 12 1 0 11 54 693 -639 - - 善通寺部隊→善通寺自衛隊
住友赤平 北海道 1960 1967 4 5 1 0 4 32 112 -80 - -
徳島航空 四国 1960 1960 1 1 0 0 1 0 58 -58 - -
伊丹部隊 近畿 1960 1963 4 9 5 0 4 77 98 -21 - - 伊丹部隊(→中部部隊)[注 7]
久居部隊 東海 1960 1960 1 1 0 0 1 9 14 -5 - -
日野自動車 関東 1961 1965 2 2 0 0 2 6 44 -38 - -
三井精機 関東 1961 1979 16 22 6 0 16 277 520 -243 - -
新日鉄釜石 東北 1961 1992 30 86 62 5 19 2184 924 1260 9回 1回 富士鉄釜石→新日鉄釜石
帝人松山 四国 1961 1966 5 5 0 0 5 11 198 -187 - -
大阪教員 近畿 1962 1962 1 1 0 0 1 0 27 -27 - -
三菱自工水島 中国 1962 1982 6 6 0 0 6 25 167 -142 - - 三菱重工水島→三菱自工水島
帯広部隊 北海道 1963 1964 2 3 1 0 2 9 39 -30 - -
中部自衛隊 近畿 1964 1971 5 9 4 0 5 91 143 -52 - - (伊丹部隊→)中部部隊[注 7]→中部自衛隊
横河HP 関東 1964 1964 1 1 0 0 1 10 14 -4 - -
朝日生命 関東 1964 1975 3 4 1 0 3 76 88 -12 - -
大分教員 九州 1965 1969 3 4 1 0 3 40 162 -122 - -
警視庁 関東 1965 1976 9 13 4 0 9 224 194 30 - -
三洋電機 関東 1965 2002 36 102 60 3 39 2689 1769 920 1回 8回 東京三洋→三洋東京[注 9]→三洋電機
住友機械 四国 1965 1965 1 1 0 0 1 0 48 -48 - -
栗田工業 近畿→関東 1967 1985 10 13 3 0 10 167 396 -229 - -
リコー 関東 1967 2002 32 84 48 2 34 2121 1616 505 3回 2回
長崎教員 九州 1967 1968 2 2 0 0 2 11 136 -125 - -
新日鉄室蘭 北海道 1968 1987 19 21 2 0 19 178 829 -651 - - 富士鉄室蘭→新日鉄室蘭
三菱自工京都 近畿 1968 1995 24 50 26 1 23 932 1028 -96 2回 2回 三菱重工京都→三菱自工京都
福井教員 北陸 1969 1969 1 1 0 0 1 0 46 -46 - -
淀川製鋼呉 中国 1969 1973 2 2 0 0 2 13 93 -80 - -
北部自衛隊 北海道 1969 1969 1 1 0 0 1 13 24 -11 - -
鹿児島教員 九州 1970 1973 3 3 0 0 3 10 189 -179 - -
マツダ 中国 1971 1999 21 36 6 0 30 690 1540 -850 - - 東洋工業→マツダ
国分自衛隊 九州 1972 1972 1 1 0 0 1 10 33 -23 - -
四国電力徳島 四国 1972 1972 1 1 0 0 1 6 106 -100 - -
ユニチカ 近畿 1973 1995 5 7 0 0 7 63 358 -295 - -
日産プリンス 関東 1973 1975 2 2 0 0 2 33 82 -49 - -
明治生命 関東 1973 1974 2 2 0 0 2 11 106 -95 - -
東芝府中 関東 1976 2002 26 85 60 1 24 2883 1363 1520 3回 5回
秋田市役所 東北 1977 1988 8 12 4 0 8 186 277 -91 - -
本田技研鈴鹿 東海 1978 2000 9 10 1 0 9 109 315 -206 - - 本田技研→本田技研鈴鹿
アジア共石 四国 1978 1987 10 11 1 0 10 26 446 -420 - -
日立製作所 関東 1981 1984 2 2 0 0 2 10 81 -71 - -
日新製鋼 中国 1983 1998 15 30 10 0 20 508 963 -455 - -
電電東北 東北 1984 1984 1 1 0 0 1 6 15 -9 - -
サントリー 関東 1985 2002 16 58 39 4 15 2302 1164 1138 3回 3回
山梨教員 関東 1986 1987 2 2 0 0 2 18 82 -64 - -
ワールド 近畿 1986 2002 17 46 24 0 22 1354 1215 139 - 1回
NEC 関東 1987 2002 14 38 19 2 17 1176 969 207 - - NEC→日本電気[注 10]→NEC
NTT西日本 近畿 1991 1999 6 12 1 0 11 197 532 -335 - - NTT関西→NTT西日本
伊勢丹 関東 1992 1998 7 17 5 0 12 409 663 -254 - -
ヤマハ発動機 東海 1994 2002 8 21 7 2 12 515 880 -365 - -
東京ガス 関東 1995 1996 2 6 1 0 5 95 335 -240 - -
ニコニコドー 九州 1996 1998 3 9 0 0 9 213 579 -366 - -
クボタ 関東 1997 2002 5 14 6 1 7 408 582 -174 - -
豊田自動織機 東海 1998 2002 4 8 1 0 7 155 374 -219 - -
鐘淵化学 近畿 1999 2001 2 4 0 1 3 71 236 -165 - -
サニックス 九州 1999 2002 4 9 3 0 6 234 290 -56 - -
セコム 関東 1999 2002 3 7 1 0 6 102 334 -232 - -
コカ・コーラWJ 九州 2000 2002 3 5 0 0 5 50 340 -290 - -
  •   2003年シーズンからトップリーグに参加
  •   2003年シーズンからトップイースト10に参加
  •   2003年シーズンからトップウェストAに参加
  •   2003年シーズンからトップキュウシュウAに参加
  •   2003年シーズンからトップノースに参加

地区別通算成績編集

地区 初出 最終 優勝 準優 出場チーム[注 11]
北海道 1949 1987 6 38 46 8 0 38 318 1341 -1023 - 1回 住友奔別、札幌鉄道局、住友赤平、帯広部隊、新日鉄室蘭、北部自衛隊
東北 1951 1992 8 52 113 67 5 41 2443 1711 732 9回 1回 日鉱船川、国鉄土崎、盛岡鉄道局、仙台部隊、秋田鉄道局、新日鉄釜石⑨、秋田市役所、電電東北
関東 1948 2002 27 227 541 282 14 245 13709 11180 2529 10回 20回 東芝、大映、横河電機日鉱日立、東横百貨店、松戸部隊、谷藤機械、日本鋼管、日野自動車三井精機横河HP、朝日生命、警視庁三洋電機①、リコー③、日産プリンス、明治生命東芝府中③、栗田工業[注 8]日立製作所サントリー③、山梨教員、NEC伊勢丹東京ガスクボタセコム
東海 1949 2002 8 75 186 103 4 79 4745 3803 942 5回 10回 トヨタ自動車⑤、日本軽金属、本州製紙、富士部隊、久居部隊、本田技研鈴鹿ヤマハ発動機豊田自動織機
北陸 1969 1969 1 1 1 0 0 1 0 46 -46 - - 福井教員
近畿 1948 2002 15 219 490 258 14 218 10658 9554 1104 19回 17回 近鉄⑧、神戸製鋼⑨、大阪鉄道局、川崎重工、京都市役所、大阪府警、伊丹部隊、大阪教員、中部自衛隊、栗田工業[注 8]三菱自工京都②、ユニチカワールド、NTT西日本、鐘淵化学
中国 1950 1999 9 56 89 19 0 70 1309 3101 -1792 - - 広島鉄道局、宇部興産、宇部曹達、岡山鉄道局、山陽パルプ、三菱自工水島、淀川製鋼呉、マツダ、日新製鋼
四国 1949 1987 10 36 39 3 0 36 125 1723 -1598 - - 四国配電、愛媛県庁、愛媛教員、徳島教員、善通寺自衛隊、徳島航空、帝人松山、住友機械、四国電力徳島、アジア共石
九州 1948 2002 13 104 195 89 5 101 3430 4278 -848 15回 3回 配炭公団①、三井化学①、新日鉄八幡⑫、九州電力①、竹松部隊、三菱重工長崎、大分教員、長崎教員、鹿児島教員、国分自衛隊、ニコニコドー、サニックスコカ・コーラWJ

放送編集

  • 放送開始時期は不明だが、しばらくは、秩父宮ラグビー場での開催時はテレビ朝日が、近鉄花園ラグビー場での開催時は朝日放送が放映権を有し、それぞれの局アナが実況を担当した。
  • 1986年度の大会から、秩父宮での開催時はテレビ東京に放映権が移った。
  • 1994年度より、秩父宮と花園の両方で試合を行う方式に改められたが、この年より、テレビ東京と入れ替わる形でテレビ朝日が当大会の放送に復帰。以後、2002年度まで決勝戦の模様をテレビ朝日系列全国ネットで放送した。決勝戦の会場は毎年交互で、秩父宮ではテレビ朝日のアナウンサーが、花園では朝日放送のアナウンサーが実況を担当していた。
  • 1997年度より、日本ラグビーフットボール協会と放映権契約を結んだSKY sports(後のJ SKY SPORTS、現・J SPORTS)でも中継された。
  • ジャパンラグビートップリーグの上位チームによるトーナメント戦であるマイクロソフトカップ(現・LIXIL CUP)の放映権もテレビ朝日が保有していた。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 第48回-第52回および第55回大会は、予選プールと決勝トーナメントの併用方式を採用。
  2. ^ 当初は8チーム程度での開催であったが、第9回大会以降は16チームで定着した。
  3. ^ 途中2回の引き分けを挟む。引き分けを挟まない場合は31連勝。8連覇が懸かった第48回大会の準々決勝でサントリーと引き分け、トライ数で上回ったサントリーが準決勝に進出したため連覇の記録は途絶えたが、連勝記録は第49回大会の準決勝で三洋電機に敗れるまで継続した。
  4. ^ a b 第6回(1953年度)は近鉄九州電力の両チーム優勝。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 両チーム優勝
  6. ^ a b c d 棄権(出場回数はカウントしない)
  7. ^ a b c 1964年、伊丹部隊ラグビー部は兵庫県伊丹市から大阪府和泉市に拠点を移し、中部部隊ラグビー部となった。(伊丹部隊の出場回数は継承しない)
  8. ^ a b c 1978年、栗田工業ラグビー部は大阪から東京に拠点を移した。
  9. ^ a b 1986年度の登録チーム名は三洋東京
  10. ^ a b c d 1989-1992年度の登録チーム名は日本電気
  11. ^ 最後に全国社会人大会に出場した時のチーム名(太字は優勝経験チーム・丸数字は優勝回数)

出典編集

  1. ^ 『朝日新聞』 2002年12月14日朝刊より
  2. ^ 『全国社会人ラグビー大会50年史』日本ラグビーフットボール協会、1998年。 
  3. ^ a b 社会人ラグビー史 トーナメント表 日本ラグビーフットボール協会
  4. ^ a b 社会人ラグビー史 出場チーム一覧 日本ラグビーフットボール協会
  5. ^ 社会人ラグビー史 決勝記録一覧 日本ラグビーフットボール協会
  6. ^ レイラーズの歩み JR西日本レイラーズ

関連項目編集

男子の公式戦編集

女子の公式戦編集

外部リンク編集