メインメニューを開く

全国高等学校ボクシング選抜大会(ぜんこくこうとうがっこうボクシングせんばつたいかい)は、日本ボクシング連盟及び全国高等学校体育連盟が主催し、毎年3月に開催される高校ボクシングの大会である。

目次

概略編集

1990年に第1回開催。全国高等学校選抜大会の一つではあるが、JOCジュニアオリンピックカップも兼ねて行われ、各階級優勝者の中からJOC賞を授与する(第18回から第24回まで大会MVPは別に決められていた)。開催地は持ち回り。

全国高等学校総合体育大会(インターハイ)・国民体育大会と並ぶ高校ボクシングの頂点を決める大会であり、これらをすべて制覇すると高校三冠。2年なら高校六冠と呼ばれる(高校選抜は3月のため、最大で高校八冠まで)。

大会は個人戦のみ行われるため、ボクシング部のない高校からも個人として参加可能である。

なお、ミドル級は実施されず、ピン級は第23回より実施。

ジュニアは通常1ラウンド2分となるが、この大会に限りシニアと同じ1ラウンド3分で実施される。

2012年度(2013年)からは女子も併せて開催される予定であり、調整が行われていたが[1]、当年度は見送られ、2013年度(2014年)からの開催となる[2]。なお、女子については当初トーナメントではなくワンマッチとして行われた[3]

主な選抜優勝者編集

オリンピック・世界選手権メダリスト、及びプロボクシングタイトル(WBA・WBC・OPBF・JBC)獲得者。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 24年度の全日本女子の大会予定 なにわのオバハンボクサーPiano♪処 2012年2月6日
  2. ^ 2013 アマチュア ボクシング ジム リード 浜松 2013年1月31日
  3. ^ “今日から芦屋大で全国高校選抜大会 アマ”. Boxing News. (2014年3月24日). http://boxingnews.jp/news/12053/ 2014年10月13日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集