メインメニューを開く

全国高等学校合同チームラグビーフットボール大会

全国高等学校合同チームラグビーフットボール大会は、2005年から毎年7月下旬に開かれる高校生年代のラグビー大会である。2006年まではKOBELCOジャパンユースラグビードリームトーナメントという大会名で、2007年からはKOBELCOカップとして開催されている。2008年までは北海道夕張市平和運動公園ラグビー場で開かれていたが、2009年から長野県上田市菅平高原サニアパークに移された。

全国高等学校合同チームラグビーフットボール大会
開始年 2005
主催 日本ラグビーフットボール協会
参加チーム数 U17の部:9
U18の部:9
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 U17の部:近畿ブロック(5回目)
U18の部:東海ブロック(初)
最多優勝 U17の部:九州ブロック(7回)
U18の部:近畿ブロック(8回)
サイト 全国高等学校体育連盟ラグビー専門部公式サイト
テンプレートを表示
全国高等学校女子ラグビーフットボール大会
開始年 2011
主催 日本ラグビーフットボール協会
参加チーム数 9
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 四国選抜(初)
最多優勝 関東選抜(4回)
サイト 全国高等学校体育連盟ラグビー専門部公式サイト
テンプレートを表示

本項では2011年より併催されている全国高等学校女子ラグビーフットボール大会も併せて記述する。

大会概要編集

2008年まで編集

概略編集

この大会は日本ラグビーフットボール協会主催、また自らもラグビーチームを持っている神戸製鋼所が協賛スポンサーになり、2011年ワールドカップラグビーの日本開催実現を目指したラグビーの強化策の一環として、これからを担う高校生年代のラグビーのレベルアップを図ることを念頭において設立された。

大会はU-17(17歳未満)とU-18(18歳未満)の2つのクラスに分け、全国を9つのブロック(北陸地方信越地方北信越地方として1つのブロックに扱う。山梨県関東地方の扱い)に分けて、それぞれ3チームずつによる予選リーグと、その成績を基に最終日に開かれる決勝リーグ(1位グループ=カップ戦、2位グループ=プレート戦、3位グループ=ボウル戦)を開催する。

U-18は部員不足の学校の生徒、U-17は各ブロックからの選抜チーム。

なお後援に毎日放送と開催地JNN系列テレビ局が入っているが、冬の全国大会とは異なり地上波衛星放送を通してテレビ中継はせず、MBSホームページで動画配信のみを実施している。

2011年からは、全国高等学校女子7人制ラグビーフットボール大会も併せて開催されていたが[1]2015年全国高等学校女子合同チームラグビーフットボール大会として開催され、15人制の大会として実施された。[2]

歴代記録編集

U17決勝リーグ編集

年度 優勝
2005 カップ 近畿
2006 カップ 九州
2007 カップ 九州
2008 カップ 近畿
2009 カップ 九州
2010 カップ 関東
2011 カップ 九州
2012 カップ 近畿
2013 カップ 九州
2014 カップ 九州
2015 カップ 関東
2016 カップ 九州
2017 カップ 近畿
2018 カップ 近畿

U18決勝リーグ編集

年度 優勝
2005 カップ 中国
2006 カップ 近畿
2007 カップ 近畿
2008 カップ 近畿
2009 カップ 近畿
2010 カップ 近畿
2011 カップ 近畿
2012 カップ 近畿
2013 カップ 九州
2014 カップ 関東
2015 カップ 近畿
2016 カップ 関東
2017 カップ 関東
2018 カップ 東海

女子決勝リーグ編集

年度 優勝
2011 カップ EAST1
2012 カップ 関東
2013 カップ 関東
2014 カップ 九州
2015 カップ 九州
2016 カップ 関東
2017 カップ 関東
2018 カップ 四国

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集