全国高等学校文芸コンクール

全国高等学校文芸コンクール(ぜんこくこうとうがっこうぶんげいコンクール)とは、全国高等学校文化連盟および読売新聞社が主催する文芸賞である。1年に1回開催される。

概要編集

高校生及びそれに相当する者(高等専門学校3年生までに在籍する者、または高校と修業年限等が一致する学校に通う者)を対象とする全国規模の文芸コンクールである。

「広く文芸作品を募集し、日本語の力と表現の可能性についての関心を喚起することにより、学校における文芸創作活動の振興と向上を図ること」を目的とし1986年より実施された[1]

2005年にコンクール20周年を記念し、公募でマスコットキャラクターを制定した[1]。「文ちゃん」という名称で、文鳥を模しており、原稿用紙模様の体と鉛筆の形の帽子が特徴である[1]

募集部門と賞編集

主な受賞者編集

小説部門最優秀賞受賞者一覧編集

年度 最優秀作品 作者
第1回 1986年度 真耶子 (文) 坂本健太郎((北海道)札幌光星)
第2回 1987年度 舞台裏にて (文) 山西典子((石川)星稜)
第3回 1988年度 黒い風の森 (文) 嶋田ゆみ((愛媛)済美)
第4回 1989年度 満天の星の輝き (文) 鈴木佳子(岩手県立盛岡第三)
第5回 1990年度 坂の上 (文) 鍋倉紀子(静岡県立清水東)
第6回 1991年度 薄明の中で (文) 山科静枝(山口県立防府)
第7回 1992年度 (不明) (文) 弘中典子(山口県立下松)
第8回 1993年度 JCAハーフ (文) 柏木君子((熊本)熊本市立)
第9回 1994年度 二瀬橋の終わる街 (文) 丸山人詩(東京都立新宿山吹)
第10回 1995年度 美幸 (文) 大城美紀子(沖縄県立北谷)
第11回 1996年度 弁士の誇り (文) 近藤正義(愛知県立時習館)
第12回 1997年度 華炎 (文) 遅澤可奈子(岩手県立盛岡第一)
第13回 1998年度 山暮景 (文) 四宮弘子(青森県立弘前)
第14回 1999年度 イチゴ飴 (文) 佐藤綾子(岩手県立盛岡第三)
第15回 2000年度 冬の向日葵 (文) 向井有美(岩手県立盛岡第四)
第16回 2001年度 キキなるセカイ (文) 赤座麻里子(石川県立金沢桜丘)
第17回 2002年度 それでもメダカは生きている (文) 細井麻奈美(千葉県立東葛飾)
第18回 2003年度 Requiem (文) 阿部暁子岩手県立花巻北
第19回 2004年度 魔女とグレーテル (文) 筒井麻美(北海道札幌月寒)
第20回 2005年度 ドーナツ化現象 (文) 大賀愛理沙((福岡)筑紫女学園)
第21回 2006年度 今、歩き出す (文) 大谷綾子((福岡)筑紫女学園)
第22回 2007年度 さぼたーじゅ (文) 田中萌(岩手県立盛岡第三)
第23回 2008年度 いつか、キャンバスに君の笑顔を (文) 古川仁美((福岡)筑紫女学園)
第24回 2009年度 ひかりのさき (文) 佐野結菜(岩手県立花巻北)
第25回 2010年度 イノセント・ブルー (文) 松ヶ迫美貴((福岡)筑紫女学園)
第26回 2011年度 赤い瞳 (文) 山田達也(北海道札幌北)
第27回 2012年度 愛情弁当あたためますか (文) 山﨑美樹(北海道札幌北)
第28回 2013年度 マザーズロール (文) 似内萌花(岩手県立花巻北)
第29回 2014年度 細工ロイドの通り道 (文) 大城美樹(岩手県立盛岡第三)
第30回 2015年度 サンパギータの夜 (文) 河野容子((佐賀)佐賀清和)
第31回 2016年度 うるわしの里 (文) 佐藤薫乃(岩手県立盛岡第三)
第32回 2017年度 音よ、はじけろ (文) 佐藤風花(岩手県立盛岡第三)
第33回 2018年度 濫觴の火 (文) 田鎖寛都(岩手県立盛岡第三)
第34回 2019年度 グリンピース (文) 矢嶋優奈(東京都立上野)
第35回 2020年度 巣立ちの季節 (文) 三浦麻名(岩手県立盛岡第三)

随筆部門最優秀賞及び優秀賞受賞者一覧編集

  • 「高等学校」を省略、市立・私立の場合()内に所在県を付記
  • (読)読売新聞社賞 を同時受賞
年度 最優秀 優秀
作品 作者 作品 作者
第14回 1999年度 (該当作なし) レクイエム 矢部英子(埼玉県立浦和第一女子)
第15回 2000年度 (該当作なし) 1054 桔梗聡((東京)筑波大学附属駒場)
野辺地祇園囃子 木村拓也(青森県立三本木)
私と弟 松村美幸((東京)明星)
第16回 2001年度 今 動き出す (読) 井上朝子(青森県立八戸第一養護) WW2のオトシモノ 古橋慶子(愛知県立時習館)
お役に立ててうれしいです、窓より。 福勢清香((岩手)盛岡白百合学園)
心に絆創膏 小野寺晶子(岩手県立黒沢尻北)
第17回 2002年度 消えゆく言葉 桔梗聡((東京)筑波大学附属駒場) 私的よさこい論 佐藤由梨子(県立秋田中央)
朝の風景 細越愛((岩手)盛岡白百合学園)
子規からの贈り物 竹岡佐緒理(愛知県立幸田)
落とし物 後藤幸子((岩手)盛岡白百合学園)
第18回 2003年度 (該当作なし) 恥を噛る 猪股愛江(岩手県立大船渡定時制)
とびもの帳 岡戸ちはる(埼玉県立浦和第一女子)
ばぁさんの意地 境田恭子(岩手県立盛岡第一)
田舎人の自然論 佐藤文香(秋田県立横手)
第19回 2004年度 (該当作なし) (該当作なし)
第20回 2005年度 (該当作なし) (該当作なし)
第21回 2006年度 (該当作なし) 高橋由子(岩手県立黒沢尻北)
第22回 2007年度 (該当作なし) (該当作なし)
第23回 2008年度 (該当作なし) (該当作なし)
第24回 2009年度 (該当作なし) (該当作なし)
第25回 2010年度 (該当作なし) (該当作なし)
第26回 2011年度 (該当作なし) (該当作なし)
第27回 2012年度 (該当作なし) (該当作なし)
第28回 2013年度 (該当作なし) (該当作なし)
第29回 2014年度 (該当作なし) (該当作なし)
第30回 2015年度 (該当作なし) (該当作なし)
第31回 2016年度 (該当作なし) (該当作なし)
第32回 2017年度 (該当作なし) (該当作なし)
第33回 2018年度 (該当作なし) 優先席 西山綾乃(岩手県立盛岡第三)
第34回 2019年度 (該当作なし) 灰燼 福田千紘((東京)学習院女子)
第35回 2020年度 (該当作なし) (該当作なし)

詩部門最優秀賞受賞者一覧編集

年度 最優秀作品 作者
第1回 1986年度 祈る 細川明美(栃木県立足利南)
第2回 1987年度 記憶 勢田浩規(和歌山県立和歌山ろう)
第3回 1988年度 月山 (文) 千葉和弘(岩手県立盛岡第四)
第4回 1989年度 円空仏 (文) 千葉和弘(岩手県立盛岡第四)
第5回 1990年度 福嶋祥子(山口県立防府)
第6回 1991年度 混沌 (文) 津田潮(山口県立下関工業)
第7回 1992年度 住まい 佐藤宏幸(岩手県立盛岡第三)
第8回 1993年度 (不明) 向井田悦子((青森)東奥女子)
第9回 1994年度 四十六億年の鎖 (文) 高橋紗和子(秋田県立能代北)
第10回 1995年度 四季のささやき 平山弘子(岩手県立福岡工業)
第11回 1996年度 照井文子(岩手県立花北商業)
第12回 1997年度 花の定義 (文) 長谷川瑞穂(岩手県立盛岡第一)
第13回 1998年度 トランペット (文) 三神愛(岩手県立盛岡第一)
第14回 1999年度 のっぺらぼうの話 (読) 柳川杏美(奈良県立畝傍)
第15回 2000年度 成長痛 (読) 平田芳(東京都立千歳)
第16回 2001年度 序曲 (読) 阿部真吾(岩手県立盛岡第四)
第17回 2002年度 宇宙一有名な科白 (文) 新妻直美(岩手県立盛岡第四)
第18回 2003年度 サアカス (読) 鳴海滋((東京)駒場東邦)
第19回 2004年度 きっと、愛していた (文) 室越龍之介(大分県立大分上野丘)
第20回 2005年度 帰還 (文) 長尾庸子(千葉県立千葉)
第21回 2006年度 雷雲と水回廊 (読) 酒井衣芙紀(大分県立大分上野丘)
第22回 2007年度 ふで箱 (読) 古川仁美((福岡)筑紫女学園)
第23回 2008年度 雫 (読) 森本信乃(福岡県立門司大翔館)
第24回 2009年度 雨がすきなのよう (文) 浅田李子(岩手県立盛岡第二)
第25回 2010年度 夜祭り草子 (読) 佐藤佑吏(岩手県立花巻北)
第26回 2011年度 ころも (文) 樫本由貴(広島県立広島)
第27回 2012年度 瞳に映るもの (読) 佐々木茜(岩手県立大槌)
第28回 2013年度 黎 (読) 高橋真梨(岩手県立盛岡第三)
第29回 2014年度 SOS、つまり、鼓動 (文) 木村カロリーナりえ(大分県立大分鶴崎)
第30回 2015年度 掬う光 (読) 竹村美乃里(広島県立広島)
第31回 2016年度 濾過 (文) 竹村美乃里(広島県立広島)
第32回 2017年度 頬杖をつき、その時を待つ 金森悠夏((宮城)聖ウルスラ学院英智)
第33回 2018年度 揺鈴爽風〜チャグチャグ馬コに寄せて〜 (文) 角掛杏美(岩手県立盛岡第四)
第34回 2019年度 一輪の花 (読) 菊地愛佳((東京)女子学院)
第35回 2020年度 さっき (専) 福田智沙子((三重)高田)

短歌部門最優秀賞受賞者一覧編集

年度 最優秀作品 作者
第1回 1986年度 ブランコをこぐたびゆれる夜の街あしたになればあさってになれば 外山成仁(愛知県立豊明)
第2回 1987年度 台風の過ぎ去りしあと向日葵は倒れしままに花もたげ咲く 佐藤弘恵(岩手県立一関農業)
第3回 1988年度 晴れわたる五月の空の端までもとどくかと思う東大寺の屋根 藤井八重子(岩手県立盛岡第二)
第4回 1989年度 (不明) 米田友紀(奈良県立奈良)
第5回 1990年度 君達も僕も最後の年という数学の師の深き眼差し 今泉晶(青森県立弘前)
第6回 1991年度 今日一日終わり指の上に置く少し曇れるコンタクトレンズ 土橋淳子(石川県立金沢女子)
第7回 1992年度 シルクロードここにつづくか秋の空羊雲群れやがて散りゆく(文) 藤原ゆみ(岩手県立一関第一)
第8回 1993年度 今はまだ小さな視野でもがいても母を越えたいすすき穂の道 中田晴美(岩手県立福岡工業)
第9回 1994年度 (不明) 首藤絵美(福岡県立嘉穂)
第10回 1995年度 煮つめれば何が残るか我が心蒸発皿のように三日月 (文) 山内頌子((京都)成安女子)
第11回 1996年度 クロッカスに天のひかりの満ちてきて薄むらさきのつぼみがゆるむ 大橋愛(岩手県立青山養護)
第12回 1997年度 夏服に袖を通して問いかける私去年とどう変わりましたか 近藤福(大分県立別府鶴見丘)
第13回 1998年度 山房の窓よりあふぐ胡桃の葉すきてかげろふ真夏日の午後 太田朱美(長野県下諏訪向陽)
第14回 1999年度 この坂を越えたら海が見えるはず確かな風にペダル踏み込む (文) 戸松公子(秋田県立秋田南)
第15回 2000年度 夏の日にラムネ飲み干しビー玉をかざす向こうに夕焼けの空 笹川ゆかり(富山県立魚津)
第16回 2001年度 青空に馬コ鈴の音チャグチャグと日差しをあびて汗かき進む 石川ゆず子(岩手県立杜陵)
第17回 2002年度 コンビニに光求めし蛾の如くぬくもり探しおにぎりを買ふ 柴田文佳(大分県立佐伯豊南)
第18回 2003年度 戻りたい日のあり例えば"信じる"という語を未だ口にせぬ頃 鈴木絵美(長野県上田)
第19回 2004年度 ゆうらりと青空下がり若葉揺れ転ぶ私と銀の自転車 埋橋佳那((長野)伊那西)
第20回 2005年度 模擬試験静けさに滴落とすよにマーク欄ひとつ音符に変える 片山春奈(岡山県立岡山城東)
第21回 2006年度 カーテンに合わせて呼吸するわたし四月七日の光を浴びる 巻渕郁未((東京)青山学院高等部)
第22回 2007年度 紫陽花の葉の上たどる蝸牛告白の後涙こぼれる 河野圭美(広島県立尾道北)
第23回 2008年度 わが心見つめることに疲れきて凪ぐ海原に胸ひらきおり (文) 平江智江充(熊本県立八代)
第24回 2009年度 陽光を桃に当てたる銀色のシートに父の汗滴りぬ 中原真菜美((長野)飯田女子)
第25回 2010年度 白雪のごとき林檎の花咲けり五月の風が生まるる所 田村静華(秋田県立横手)
第26回 2011年度 新しく移り住む部屋眺めてはこれが今だと気を引き締める 大畑志穂(岩手県立大船渡定時制)
第27回 2012年度 薄闇の坂の途中に立ち止まる頬をかすめし沈丁花の香 細野志織((長野)伊那西)
第28回 2013年度 砂時計砂落ち切った静けさへ朝顔の紺ひろがってゆく 青木瑞季(広島県立広島)
第29回 2014年度 何もない野原となった閖上に帰って来いと向日葵が咲く 大野七海((宮城)仙台白百合学園)
第30回 2015年度 歳時記を広げたままに眠ってる私を見下ろすたくさんの雲 二枝紗莉惟(石川県立金沢錦丘)
第31回 2016年度 一輪を暮石に飾る連翹忌あなたの気魄私に充たせ 長畑七海(岩手県立花巻北)
第32回 2017年度 神鳴りが姫神山へ消えてゆく目を閉じ吸いこむペトリコールを (文) 牛越凛(岩手県立盛岡第二)
第33回 2018年度 できたての春のひかりをことごとく集め桜よをみなごに降れ (専) 谷地村昴(青森県立八戸)
第34回 2019年度 鳥避けに吊り下げられた名盤が雨に打たれて時代は移る (文) 村上亮羽(山形県立山形東)
第35回 2020年度 オンライン授業の後のリビングで無音に浸り弁当を食む (読) 小俣卓紀((東京)桐朋)

俳句部門最優秀賞受賞者一覧編集

年度(西暦) 最優秀作品 作者
第1回 1986年度 山峡に一村埋めて閑古鳥 佐々木康(岩手県立盛岡第四)
第2回 1987年度 光太郎の原稿を見て炎天へ(文) 中村百合(山梨県立須玉商業)
第3回 1988年度 ゆっくりとまだゆっくりと蝸牛 礒野恒一郎((石川)尾山台)
第4回 1989年度 (不明) 鳴海南津子(青森県立三本木)
第5回 1990年度 畳まれて目玉ばかりの鯉のぼり(文) 小野寺修(岩手県立前沢)
第6回 1991年度 自転車で山駆けおりる蝉時雨 比嘉久(沖縄県立読谷)
第7回 1992年度 (不明) 渡瀬義則(青森県立木造・車力分校)
第8回 1993年度 (不明)(文) 久永裕子(福井県立勝山)
第9回 1994年度 水馬巨木を揺らす水鏡 廣崎彩(岩手県立久慈)
第10回 1995年度 (不明) 河野見永子(福井県立武生)
第11回 1996年度 流れゆく光の中から川蜻蛉 (文) 伊藤宏晃(岩手県立平舘)
第12回 1997年度 米粒の残る茶碗や原爆忌 (読) 山内淳一(青森県立青森北)
第13回 1998年度 日盛りや透明硝子切られゆく 若尾恭平(山梨県立韮崎)
第14回 1999年度 青年の裸が笛を吹いている (読) 仲松健(沖縄県立真和志)
第15回 2000年度 クリスマスリースで飾る車いす (文) 岡田麻衣(青森県立八戸第一養護)
第16回 2001年度 喧嘩したまま父の日を迎えけり (文) 菊池奈津子(青森県立青森北)
第17回 2002年度 花冷のテトラポットを登りけり 馬越美樹(愛媛県立伯方)
第18回 2003年度 ラケットで春の空気をたたきけり (文) 野月寛紀(青森県立三本木)
第19回 2004年度 羊水のごと揺らぎけり盆の海 (読) 生駒大祐((三重)高田)
第20回 2005年度 終戦忌ダリの時計はまたゆがみ 小林麻耶((三重)高田)
第21回 2006年度 出陣のねぶたの眉が睨み合う (文) 工藤志帆(青森県立青森北)
第22回 2007年度 松葉杖放したる日の鳳仙花 (文) 林冴美(広島県立尾道北)
第23回 2008年度 母の手の絆創膏や春時雨 千葉由穂((宮城)仙台白百合学園)
第24回 2009年度 赤富士のようにそびえる立佞武多 (読) 石澤麻友子((青森)柴田女子)
第25回 2010年度 キーパーのシュートとらえて風灼くる (文) 高良美絵子(沖縄県立首里)
第26回 2011年度 深海魚のごとき革靴年迎ふ 高原淳((愛媛)愛光)
第27回 2012年度 二年目の一本松と夏の海 (文) 堀江文香((宮城)仙台白百合学園)
第28回 2013年度 淡雪や被災者という同い年(読) 荒舘香純((宮城)仙台白百合学園)
第29回 2014年度 食べらるるために食べをる牛に雪 (読) 山崎七海(広島県立広島)
第30回 2015年度 甥っ子の繋ぐ手湿るおぼろかな (文) 南愛香里(石川県立金沢桜丘)
第31回 2016年度 恐竜の模型に触るる藪蚊かな (読) 清水優花(愛媛県立松山中央)
第32回 2017年度 葉桜や感謝してなほ突慳貪 (読) 徳丸菜々子(愛媛県立今治西)
第33回 2018年度 フラスコの底にもたりと残暑かな (読) 菅原わかば(岩手県立水沢)
第34回 2019年度 青嵐過疎を切り裂く新幹線 (読) 浅原佑斗(山口県立徳山)
第35回 2020年度 朝凪や島塗り潰すやうに青 (文) 田中千晴(愛媛県立松山東)

文芸部誌部門最優秀賞及び優秀賞受賞校一覧編集

年度(西暦) 最優秀賞 優秀賞
第3回 1988年度 静岡県立清水東文芸部『清流40号』(文) 茨城県立水戸桜ノ牧文芸部『秋桜4号』
千葉県立千葉女子文学部『淡竹46・47号』
(石川)星稜文芸部『ACCELERATION10号』
岩手県立盛岡第四文芸部『志髙文芸』
第4回 1989年度 岩手県立盛岡第四文芸部『志髙文芸25号』(文) (不明)
第5回 1990年度 静岡県立清水東文芸部『清流43号』(文) 岩手県立盛岡第四文芸部『志髙文芸26号』(特別賞)
茨城県立水戸桜ノ牧文芸部『秋桜6号』
(静岡)浜松市立文芸クラブ『ながれ39号』
群馬県立桐生文芸部『洋燈8号』
第6回 1991年度 (静岡)浜松市立文芸クラブ『ながれ40号』(文) 岩手県立盛岡第四文芸部『志髙文芸27号』
埼玉県立八潮文学研究部『Voyager6号』
秋田県立秋田南文芸部『岬29号』
(広島)広島市立基町文芸部『二十一世紀42号』
第7回 1992年度 埼玉県立八潮文学研究部『Voyager7号』(文) (不明)
第8回 1993年度 (静岡)浜松市立文芸部『ながれ42号』(文) (不明)
第9回 1994年度 群馬県立高崎女子文芸部『椎樹51号』(文) (不明)
第10回 1995年度 (静岡)浜松市立文芸部『ながれ44号』(文) (不明)
第11回 1996年度 (静岡)浜松市立文芸部『ながれ45号』(文) (不明)
第12回 1997年度 福島県立磐城女子文芸部『閼伽井53号』(文) 群馬県立高崎女子文芸部『椎樹54号』
(静岡)浜松市立文芸部『ながれ46号』
第13回 1998年度 青森県立弘前文芸部『ERA(イーラ)9号』(文) 岩手県立盛岡第四文芸部『志髙文芸32号』
(静岡)浜松市立文芸部『ながれ47号』
群馬県立高崎女子文芸部『椎樹55号』
第14回 1999年度 岩手県立盛岡第四文芸部『志髙文芸33号』(文) 群馬県立桐生文芸部『洋燈15号』
群馬県立高崎女子文芸部『椎樹56号』
山口県立山口文芸部『無蓋車51号』
第15回 2000年度 岩手県立盛岡第四文芸部『志髙文芸34号』(文) 福島県立磐城文学部『磐高文学57号』
広島県立広島観音文芸部『海溝63号』
第16回 2001年度 岩手県立盛岡第四文芸部『志髙文芸35号』(文) 福島県立磐城文学部『磐高文学58号』
秋田県立秋田南文芸部『岬39号』
福岡県立田川文芸部『琅玕(ろうかん)49号』
第17回 2002年度 岩手県立盛岡第四文芸部『志髙文芸36号』(文) 福岡県立若松文芸部『響3号』
福島県立磐城文学部『磐高文学59号』
(福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ44号』
第18回 2003年度 岩手県立盛岡第四文芸部『志髙文芸37号』(文) 福岡県立若松文芸部『響4号』(読)
福島県立磐城文学部『磐高文学60号』
秋田県立秋田南文芸部『岬41号』
第19回 2004年度 岩手県立盛岡第四文芸部『志髙文芸38号』(文) 福岡県立若松文芸部『響5号』
岩手県立花巻北文芸部『花北文学47号』
(福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ46号』
第20回 2005年度 (福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ47号』(文) (神奈川)桐光学園文藝部『桐光学園文藝部誌玖号』
岩手県立盛岡第三文芸部『黎5号』
福島県立磐城文学部『磐高文学62号』
第21回 2006年度 岩手県立盛岡第四文芸部『志髙文芸40号』(文) 福島県立磐城文学部『磐高文学63号』(読)
(福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ48号』(一)
第22回 2007年度 (福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ49号』(文) 岩手県立盛岡第三文芸部『黎7号』(一)
福島県立磐城文学部『磐高文学64号』
岩手県立盛岡第四文芸部『志高文芸41号』
第23回 2008年度 (福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ50号』(文) 岩手県立盛岡第四文芸部『志高文芸42号』(読)
福島県立磐城文学部『磐高文学65号』(一)
岩手県立盛岡第三文芸部『黎8号』
第24回 2009年度 岩手県立盛岡第三文芸部『黎9号』(文) (福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ51号』(読)
岩手県立盛岡第四文芸部『志高文芸43号』(一)
福島県立磐城文学部『磐高文学66号』
第25回 2010年度 岩手県立盛岡第四文芸部『志髙文芸44号』(文) 福島県立磐城文学部『磐高文学67号』(一)
岩手県立盛岡第三文芸部『黎10号』
(福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ52号』
(宮城)仙台白百合学園文芸部『紫苑44号』
第26回 2011年度 (福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ53号』(文) 岩手県立花巻北文芸部『花北文学54号』(読)
岩手県立盛岡第四文芸部『志髙文芸45号』(一)
(宮城)仙台白百合学園文芸部『紫苑45号』
岩手県立盛岡第三文芸部『黎11号』
福島県立磐城文学部『磐高文学68号』
第27回 2012年度 (宮城)仙台白百合学園文芸部『紫苑46号』(文) 岩手県立盛岡第四文芸部『志髙文芸46号』(読)
福島県立磐城文学部『磐高文学69号』(一)
(福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ54号』
北海道札幌琴似工業文芸部『風花舞20号』
宮城県名取文芸部『いろは遊び7号』
第28回[9] 2013年度 岩手県立盛岡第四文芸部『志髙文芸47号』(文) (福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ55号』(一)
岩手県立花巻北文芸部『花北文学56号』
(宮城)仙台白百合学園文芸部『紫苑第47号』
第29回[10] 2014年度 岩手県立盛岡第四文芸部『志髙文芸48号』(文) (福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ56号』(一)
岩手県立盛岡第三文芸部『黎14号』
岩手県立花巻北文芸部『花北文学57号』
第30回[11] 2015年度 岩手県立盛岡第三文芸部『黎15号』(文) 福島県立磐城文学部『磐高文学72号』
岩手県立盛岡第四文芸部『志髙文芸49号』
(福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ57号』(一)
第31回[12] 2016年度 岩手県立盛岡第四文芸部『志髙文芸50号』(文) 滋賀県立彦根東文芸部『窓73号』(一)
群馬県立高崎女子文芸部『椎樹73号』
岩手県立盛岡第三文芸部『黎16号』
(福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ58号』
第32回[13] 2017年度 岩手県立盛岡第三文芸部『黎17号』(文) 滋賀県立彦根東文芸部『窓74号』
岩手県立盛岡第四文芸部『志髙文芸51号』(一)
福島県立磐城文学部『磐高文学74号』
(福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ59号』
第33回[14] 2018年度 岩手県立盛岡第四文芸部『志髙文芸52号』(文) (福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ60号』(一)
岩手県立盛岡第三文芸部『黎18号』
福島県立磐城文学部『磐高文学75号』
第34回[15] 2019年度 岩手県立盛岡第四文芸部『志髙文芸53号』(文) 福島県立磐城文学部『磐高文学76号』(一)
(福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ61号』(専)
第35回[16] 2020年度 岩手県立盛岡第三文芸部『黎20号』(文) (福岡)筑紫女学園文芸部『いさらゐ62号』(一)
福島県立磐城文学部『磐高文学78号』
岩手県立盛岡第四文芸部『志髙文芸54号』

脚注編集

[脚注の使い方]
注釈
出典
  1. ^ a b c 全国高等学校文芸コンクール - 全国高等学校文化連盟
  2. ^ a b 2005年7月13日木曜日付読売新聞
  3. ^ 2003年12月11日木曜日付読売新聞
  4. ^ a b 2004年12月10日金曜日付読売新聞
  5. ^ 2006年12月14日木曜日付読売新聞
  6. ^ 2007年12月13日木曜日付読売新聞
  7. ^ ふげん社
  8. ^ 参考:ヨミウリ・ジュニア・プレス
  9. ^ 第28回全国高等学校文芸コンクール入賞者一覧、全国高文連
  10. ^ 第29回全国高等学校文芸コンクール入賞者一覧、全国高文連
  11. ^ 第30回全国高等学校文芸コンクール入賞者一覧、全国高文連
  12. ^ 第31回全国高等学校文芸コンクール入賞者一覧、全国高文連
  13. ^ 第32回全国高等学校文芸コンクール入賞者一覧、全国高文連
  14. ^ 第33回全国高等学校文芸コンクール入賞者一覧、全国高文連
  15. ^ 第34回全国高等学校文芸コンクール入賞者一覧、全国高文連
  16. ^ 第35回全国高等学校文芸コンクール入賞者一覧、全国高文連

関連項目編集

外部リンク編集