全国高等学校総合クイズ大会

日本クイズ協会主催のクイズ大会

全国高等学校総合クイズ大会(ぜんこくこうとうがっこうそうごうクイズたいかい)は、日本クイズ協会が主催している全国の高校生(現役の高校生・高等専門学校生・定時制高校・通信制高校の生徒)を対象としたクイズ大会である[1]。通称は『ニュース・博識甲子園』。

全国高等学校総合クイズ大会
イベントの種類 学生大会
通称・略称 ニュース・博識甲子園
正式名称 全国高等学校総合クイズ大会
初回開催 2018年7月16日(予選)
2018年8月25日(本戦)
会場 スマートニュース本社
主催 日本クイズ協会
後援 奈良新聞
北海道新聞
協賛 スマートニュース
Z会
公式サイト

大会概要編集

大会で使用される問題の作成はクイズ作家の田中健一が担っている[2]。以下のルールは第2回でのルールである。

予選編集

参加条件[3]
1 - 3人で参加することができるが、3名のチームメンバーがいない場合は全国大会には進めない。同じ学校から何チームでも参加することができる。
クイズ形式[3]
予選は筆記50問・択一100問、計150問(第1回のみ筆記100問・計200問)のペーパークイズであり、筆記問題は1問2点・択一問題は1問1点で採点する。全国で8位までの学校が全国大会に出場できる。同じ高校が重複する場合は全国9位の方から順に繰り下がる。

全国大会編集

クイズ形式[3]
  • 全国一回戦「勝ち抜け早押しクイズ」
    • 先鋒戦、副将戦、大将戦の3回戦の5〇3×の早押しクイズ。先鋒戦、副将戦は1問正解で1P、大将戦は1問正解で2Pが与えられる。先鋒戦は3人まで勝ち抜け、勝ち抜けた順に10P、9P、8Pが与えられる。中堅戦は2人まで勝ち抜けで、勝ち抜けた順に11P、10Pが与えられる。大将戦は1人まで勝ち抜けで、12Pが与えられる。合計ポイントの上位4チームが準決勝進出。
  • 準決勝戦「ジャンル別ボードクイズ」
    • 8ジャンル・難易度3段階の問題3問ずつ、計24問によるボードクイズ。出題順はくじ引きで行い、解答者は各チーム1名で、1名につき8回解答席につくことができる。最終的に24問終了時点の上位2校が決勝進出。
  • 決勝戦「ノルマ制早押しクイズ」
    • 各校ともフルメンバー計6人で解答席につき、行う早押しクイズ。解答者はそれぞれ5問正解でノルマ達成となり、ノルマを達成したメンバーは以後クイズには参加できなくなる。誤答はその解答者だけが2回休みとなり、最終的に3人全員が先にノルマを達成したチームが優勝となる。

過去の大会データ編集

回数 予選大会開催日 全国大会開催日 地方大会数 参加チーム数 参加人数 個人参加数
第1回 2018年7月16日 2018年8月25日 7会場 103チーム 309名 7名
第2回 2019年7月15日 2019年8月24日 8会場 182チーム 572名 26名
第3回 2020年8月22日 2020年9月13日 なし 222チーム 690名 24名

歴代の優勝校編集

回数 学校名 地方大会
第1回 栄東高等学校 東京予選
第2回 大阪星光学院高等学校 関西予選
第3回 慶應義塾高等学校

第1回大会編集

地方予選概要編集

予選
この時は筆記100問・択一100問の計300点満点であった。

全国大会概要編集

全国大会出場校編集

結果編集

第2回大会編集

地方予選概要編集

予選

全国大会概要編集

全国大会出場校編集

結果編集

第3回大会編集

地方予選概要編集

予選

全国大会概要編集

全国大会出場校編集

結果編集

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 上位10チーム中に栄東高等学校は3チーム(1位、5位 、8位)入っていたが、規定により同校の中で一番点数が高いチームが出場している。

出典編集

  1. ^ 100回記念の高校野球だけじゃない 今年は第1回「頭脳の甲子園」もアツい”. j-castニュース. 2018年8月11日閲覧。
  2. ^ 一般社団法人日本クイズ協会”. 2019年7月15日閲覧。
  3. ^ a b c 大会ルール”. ニュース・博識甲子園(全国高等学校総合クイズ大会). 2019年6月14日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集