全国高等学校野球選手権北越大会

全国高等学校野球選手権北越大会(ぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんほくえつたいかい)1959年(第41回大会)から1972年(第54回大会)まで行われた全国高等学校野球選手権大会の北越地区(富山県・新潟県)予選大会。

概要・歴史編集

1959年の第41回大会より、新潟県とともに信越大会を編成していた長野県が一県一代表制に移行したため同大会が消滅。新潟県北陸大会から独立した富山県と新たに北越大会を編成することとなった。北越大会は1972年まで全12大会開催され、富山県が8回、新潟県が4回の全国大会出場権を獲得した。1973年の第55回記念大会(一県一代表参加)を経て、翌1974年から新潟県が正式に一県一代表制に移行したため北越大会は消滅。富山県は17大会ぶりに北陸大会へ再編成された。 

歴代代表校編集

年度 参加県 大会方式 代表校(出場回数) 決勝スコア 準優勝校 全国大会
1959年(第41回大会 富山・新潟 2校出場
(各県1校)
魚津(2年連続2回目) 5-1 新潟商 1回戦
1960年(第42回大会 4校出場
(各県2校)
高岡商(13年ぶり4回目) 6-1 上市 1回戦
1961年(第43回大会 新発田農(初出場) 7-1 直江津 2回戦
1962年(第44回大会 高岡商(2年ぶり5回目) 2-1 滑川 2回戦
1964年(第46回大会 富山商(2年連続3回目) 6-1 高岡商 1回戦
1965年(第47回大会 氷見(初出場) 11-1 新発田 1回戦
1966年(第48回大会 小千谷(初出場) 8-5 富山北部 1回戦
1967年(第49回大会 富山商(3年ぶり4回目) 1-0 新湊 ベスト8
1969年(第51回大会 富山北部(初出場) 1-0 中越 ベスト8
1970年(第52回大会 長岡商(初出場) 6-2 新発田商工 1回戦
1971年(第53回大会 高岡商(3年ぶり7回目) 4-2 新潟市工 2回戦
1972年(第54回大会 糸魚川商工(初出場) 8-2 長岡工 1回戦
  • 1963、1968年は記念大会に伴う全県1代表制のため記載せず。

関連項目編集