全国高等学校野球選手権北陸大会

北陸大会(ほくりくたいかい)は、1916年第2回大会)から1977年第59回大会)まで、1958年第40回大会)・1963年第45回大会)・1968年第50回大会)・1973年第55回大会)の各記念大会を除いて行われていた、全国中等学校優勝野球大会および全国高等学校野球選手権大会の地方大会。

概要編集

複数の府県から優勝校(代表校)1校を決する地方大会のうち、紀和大会と並んで最も多く行われていた地方大会のひとつで、全国大会が中止となり、地方大会も県大会にとどまった1941年第27回大会)を除いて、実質的に53回行われた。

対象となる県が4度変更され、北信越5県(新潟県富山県石川県福井県長野県)を対象に2回(ただし、福井県からの参加校なし)、北陸4県(新潟県・富山県・石川県・福井県)を対象に5回、北陸3県(富山県・石川県・福井県)を対象に30回、石川県と福井県の2県を対象に12回、富山県と石川県の2県を対象に4回行われた。

北信越5県では明治の後半頃から中等学校野球が盛んで春季・秋季の大会が組まれていたほどであるが、すでに秋季北信越大会の日程が迫っていたため、1915年第1回大会では地方予選を組むことができず、結果として不参加となった。そこで、北信越5県の中等学校野球関係者は秋季北信越大会を2ヶ月遅らせて地方予選を組み、第2回大会から代表校を送り出した。大会名は北信越ではなく北陸とされたが、福井県からの参加校がなく、2回とも長野県勢が優勝した。

福井県勢と山梨県勢の初参加となった1918年第4回大会)から長野県と山梨県の2県で甲信大会が編成され、北陸大会は北陸4県を対象に行われるようになった。5回とも新潟県勢が優勝した。

1923年第9回大会)から新潟県が加わる形となった甲信大会が甲信越大会に再編され、北陸大会は北陸3県を対象に行われるようになった。30回のうち富山県勢の優勝5回、石川県勢の優勝6回、福井県勢の優勝19回。なお、甲信越大会は1931年第17回大会)から信越大会甲神静大会が編成されたため、前年で消滅している。

信越大会を編成していた長野県が第40回記念大会以降も単独代表を認められたことを受けて、1959年第41回大会)から新潟県と富山県の2県で北越大会が編成され、北陸大会は石川県と福井県の2県を対象に行われるようになった。12回のうち石川県勢の優勝6回、福井県勢の優勝6回。

北越大会を編成していた新潟県と京滋大会を編成していた京都府が第55回記念大会以降も単独代表を認められたことを受けて、1974年第56回大会)から福井県と滋賀県の2県で福滋大会が編成され、北陸大会は富山県と石川県の2県を対象に行われるようになった。4回のうち富山県勢の優勝1回、石川県勢の優勝3回。

大会結果編集

年度(大会) 優勝校(代表校) 決勝スコア 準優勝校 参加県
1916年(第2回 長野師範(長野) 13 - 1 金沢二中(石川) 新潟・富山・石川・長野
1917年(第3回 長野師範(長野) 2 - 0 長岡中(新潟)
1918年(第4回 長岡中(新潟) 7 - 1 富山中(富山) 新潟・富山・石川・福井
1919年(第5回 長岡中(新潟) 9 - 4 石川師範(石川)
1920年(第6回 長岡中(新潟) 27 - 4 石川師範(石川)
1921年(第7回 長岡中(新潟) 4 - 1 新潟中(新潟)
1922年(第8回 新潟商(新潟) 4 - 3 長岡中(新潟)
1923年(第9回 金沢商(石川) 9 - 5 魚津中(富山) 富山・石川・福井
1924年(第10回 金沢一中(石川) 7 - 1 金沢商(石川)
1925年(第11回 敦賀商(福井) 4 - 1 富山師範(富山)
1926年(第12回 敦賀商(福井) 6 - 0 神通中(富山)
1927年(第13回 敦賀商(福井) 14 - 5 小浜中(福井)
1928年(第14回 敦賀商(福井) 17 - 0 福井商(福井)
1929年(第15回 敦賀商(福井) 11 - 1 石川師範(石川)
1930年(第16回 敦賀商(福井) 15 - 3 武生中(福井)
1931年(第17回 敦賀商(福井) 9 - 1 福井商(福井)
1932年(第18回 石川師範(石川) 4 - 3 敦賀商(福井)
1933年(第19回 敦賀商(福井) 12 - 0 富山商(富山)
1934年(第20回 敦賀商(福井) 11 - 3 金沢一中(石川)
1935年(第21回 石川工(石川) 3 - 2 富山商(富山)
1936年(第22回 福井商(福井) 3 - 2 高岡商(富山)
1937年(第23回 高岡商(富山) 7 - 3 敦賀商(福井)
1938年(第24回 敦賀商(福井) 16 - 7 高岡商(富山)
1939年(第25回 高岡商(富山) 8 - 6 敦賀商(福井)
1940年(第26回 富山商(富山) 13 - 1 高岡商(富山)
1941年(第27回 (中止)
1946年(第28回 敦賀商(福井) 8 - 5 富山商(富山)
1947年(第29回 高岡商(富山) 3 - 2 金沢三中(石川)
1948年(第30回 金沢一(石川) 4 - 3 武生(福井)
1949年(第31回 武生(福井) 7 - 6 金沢二水(石川)
1950年(第32回 若狭(福井) 6 - 2 富山西部(富山)
1951年(第33回 敦賀(福井) 1 - 0 高岡西部(富山)
1952年(第34回 敦賀(福井) 5 - 1 高岡西部(富山)
1953年(第35回 金沢泉丘(石川) 7 - 5 高岡西部(富山)
1954年(第36回 武生(福井) 6 - 1 勝山精華(福井)
1955年(第37回 若狭(福井) 5 - 2 武生(福井)
1956年(第38回 滑川(富山) 7 - 0 金沢市工(石川)
1957年(第39回 三国(福井) 1 - 0 高岡(富山)
1959年(第41回 若狭(福井) 9 - 0 金沢泉丘(石川) 石川・福井
1960年(第42回 金沢市工(石川) 5 - 3 敦賀(福井)
1961年(第43回 武生(福井) 4 - 2 若狭(福井)
1962年(第44回 金沢(石川) 4 - 3 金沢泉丘(石川)
1964年(第46回 小松実(石川) 8 - 5 金沢桜丘(石川)
1965年(第47回 武生(福井) 11 - 9 北陸(福井)
1966年(第48回 金沢商(石川) 4 - 2 金沢(石川)
1967年(第49回 若狭(福井) 6 - 1 羽咋(石川)
1969年(第51回 若狭(福井) 5 - 2 三国(福井)
1970年(第52回 金沢桜丘(石川) 9 - 0 星稜(石川)
1971年(第53回 美方(福井) 3 - 1 星稜(石川)
1972年(第54回 星稜(石川) 6 - 2 金沢市工(石川)
1974年(第56回 高岡商(富山) 4 - 1 富山商(富山) 富山・石川
1975年(第57回 金沢桜丘(石川) 5 - 4 星稜(石川)
1976年(第58回 星稜(石川) 3 - 1 桜井(富山)
1977年(第59回 星稜(石川) 10 - 0 高岡第一(富山)

関連項目編集