全国高等学校野球選手権神奈川大会

夏の甲子園 神奈川県地方大会

全国高等学校野球選手権神奈川大会(ぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんかながわたいかい)は、神奈川県で開催されている全国高等学校野球選手権大会の地方大会。

全国高等学校野球選手権神奈川大会
Kokoyakyu-kanagawa 01.JPG
横浜スタジアム(第91回大会)
競技 野球
大会形式 トーナメント
開始年 1948年
主催 神奈川県高等学校野球連盟
朝日新聞社
会場 横浜スタジアム
神奈川県立保土ケ谷公園硬式野球場
平塚球場
相模原市立相模原球場
横須賀スタジアム
大和スタジアム
伊勢原球場
藤沢市八部野球場
秦野市カルチャーパーク野球場
上府中公園小田原球場
俣野公園野球場
開催期間 7月
参加数 170校
前回優勝 横浜(2022年)
最多優勝 横浜
公式サイト
神奈川県高等学校野球連盟
テンプレートを表示

沿革編集

神奈川県勢は1916年第2回大会から地方予選に参加。

1947年の第27回大会までは神奈川大会の上位校が2次予選へ進出し、全国大会への出場校を決めていた。

年度 参加県
関東大会
1916年(第2回) - 1917年(第3回) 茨城・東京・神奈川
京浜大会
1918年(第4回) - 1922年(第8回) 東京・神奈川
神静大会
1923年(第9回) - 1930年(第16回) 神奈川・静岡
甲神静大会
1931年(第17回) - 1935年(第21回) 神奈川・山梨・静岡
南関東大会
1936年(第22回) - 1947年(第29回) 埼玉・千葉・神奈川

概要編集

長年にわたり参加校数が全国最多を誇っていたこの大会は横浜スタジアム保土ヶ谷球場を主会場に、県内12球場で行われる。過去の最多参加校数は2000年の207校。その後は少子化による公立校の統廃合が相次いだために2010年愛知大会の188校に対して神奈川大会の参加校数が2校下回り、全国最激戦区の座を29年ぶりに明け渡した。一方で私立校の共学化や連合チームの出場により2012年 - 2014年は再び全国最多となったが、2015年 - 現在は愛知大会の189校を1校下回った(参加校数はいずれも日本高野連の発表に基づき連合チームを1校としてカウント)。

参加校数に加えて、全国的な強豪校が多いために激戦区といわれ、首都圏では突出して高校野球人気が高い。ベスト16以降はもちろん、序盤でも好カードになると満員になることがある。

なお、神奈川県の高校野球公式戦では、照明灯が点灯されナイトゲームとなった時のほか、外野スタンドを開放した際にも外審を配置し審判6人制で試合を行うことになっている。なお第104回本大会以降、雨天時続行不可能の場合のみ継続試合が適用されているが、この大会は適用されない。

試合終了後の校歌演奏は勝利校が演奏する。

記念大会における地区割り編集

一時は全国最多の参加200校越えであったことから、早期より地区分割による2代表制が強く望まれていたが、第80回大会より10年単位の記念大会については代表枠が2校となった[1]当初は単純に東西で分けたが、横浜・川崎地区に強豪校が集中する東西格差が問題視され、戦力均衡上、複雑な南北分割に変更された経緯がある。

第80回大会(1998年)
  • 東神奈川 - 川崎市横浜市
  • 西神奈川 - 川崎市、横浜市以外の全市町村
第90回大会(2008年)・第100回大会(2018年)

横浜市瀬谷区は第90回大会は北神奈川、第100回大会は南神奈川に地区割りされている。

使用球場編集

原則として、1つの球場で一日に2試合ずつ開催される(第1試合は11時開始)。雨天中止となった場合は、一部の球場で翌日の試合を3試合開催(第1試合は9時開始)として順延となった試合を翌日に消化し、極力日程の延期を避けるための工夫がなされる。第1試合と第2試合のインターバルが他都道府県大会と比べて非常に長く、大会序盤では45分程度、準々決勝以降は1時間以上のインターバルがある。

※使用球場に命名権が付いている場合は、正式名称と併記する。

現在編集

過去編集

  • 川崎球場(1993年は雨天中止に伴う日程順延が相次いだ影響で、決勝戦の日に横浜スタジアムを使用出来なくなったため、川崎球場で決勝戦が行われた)
  • 横浜公園平和野球場(1978年、跡地に横浜スタジアムが竣工する)

2021年は準々決勝を保土ヶ谷・平塚・相模原・等々力、準決勝を保土ヶ谷・平塚で分散して行う(全試合10:00開始)。

歴代代表校編集

年度 県勢参加 代表校(出場回数) 決勝スコア 準優勝校 全国大会
関東大会
1916年(第2回大会 2校 慶應普通部(東京) 13-9 早稲田実 -
1917年(第3回大会 2校 慶應普通部(東京) 2-0 横浜商 -
京浜大会
1918年(第4回大会 3校 慶應普通部(東京) 4-1 横浜商 -
1919年(第5回大会 4校 慶應普通部(東京) 6-4 早稲田実 -
1920年(第6回大会 4校 慶應普通部(東京) 9-6 横浜商 -
1921年(第7回大会 4校 慶應普通部(東京) 2-0 東高師付中 -
1922年(第8回大会 2校 早稲田実(東京) 6-0 横浜貿易[2] -
神静大会
1923年(第9回大会 5校 横浜商(初出場) 8-3 静岡中 1回戦
1924年(第10回大会 4校 静岡中(静岡) 12-0 神奈川商工 -
1925年(第11回大会 7校 静岡中(静岡) 3-0
14-3
横浜商 -
1926年(第12回大会 8校 静岡中(静岡) 12-4
19-1
神奈川一中 -
1927年(第13回大会 9校 静岡中(静岡) 8-4
3-2
神奈川一中 -
1928年(第14回大会 9校 神奈川商工(初出場) 6-1
5-4
静岡中 1回戦
1929年(第15回大会 9校 静岡中(静岡) 7-1
12-4
横浜商 -
1930年(第16回大会 9校 静岡中(静岡) 6-0
11-2
神奈川商工 -
甲神静大会
1931年(第17回大会 12校 神奈川商工(3年ぶり2回目) 2x-1 静岡中 2回戦(初戦)
1932年(第18回大会 17校 静岡中(静岡) 6-0 島田商 -
1933年(第19回大会 18校 横浜商(10年ぶり2回目) 4-1 浅野中 ベスト8
1934年(第20回大会 19校 島田商(静岡) 18-0 静岡商 -
1935年(第21回大会 18校 甲府中(山梨) 5-4 神奈川工 -
南関東大会
1936年(第22回大会 19校 千葉中(千葉) 4x-3 横浜商 -
1937年(第23回大会 19校 浅野中(初出場) 11-0 神奈川商工 2回戦
1938年(第24回大会 19校 浅野中(2年連続2回目) 1x-0 関東中 ベスト8
1939年(第25回大会 19校 千葉商(千葉) 4-3 関東中 -
1940年(第26回大会 21校 千葉商(千葉) 3-0 大宮工 -
1941年(第27回大会 19校 横浜商(出場なし) 5-3 神奈川商工 (中止)
1946年(第28回大会 27校 成田中(千葉) 5-4 横浜商 -
1947年(第29回大会 41校 成田中(千葉) 7-0 川崎中 -
神奈川大会
1948年(第30回大会 41校 浅野(10年ぶり3回目)[3] 3-1 逗子開成 1回戦
1949年(第31回大会 41校 湘南(初出場) 3-1 神奈川商工 優勝
1950年(第32回大会 47校 神奈川商工(19年ぶり3回目) 1-0 希望ヶ丘 2回戦
1951年(第33回大会 49校 希望ヶ丘(初出場) 7-0 鶴見 1回戦
1952年(第34回大会 49校 法政二(初出場) 8-0 湘南 1回戦
1953年(第35回大会 51校 慶應義塾(4年ぶり14回目)[4] 8-4 法政二 2回戦
1954年(第36回大会 51校 鶴見工(初出場) 3-1 日大 2回戦
1955年(第37回大会 53校 法政二(3年ぶり2回目) 1-0 鎌倉学園 1回戦
1956年(第38回大会 52校 慶應義塾(3年ぶり15回目) 3x-2 神奈川商工 2回戦(初戦)
1957年(第39回大会 53校 法政二(2年ぶり3回目) 2-0 神奈川商工 準優勝
1958年(第40回大会 53校 法政二(2年連続4回目) 9-0 神奈川商工 2回戦
1959年(第41回大会 54校 法政二(3年連続5回目) 4-0 慶應義塾 1回戦
1960年(第42回大会 54校 法政二(4年連続6回目) 6-2 慶應義塾 優勝
1961年(第43回大会 53校 法政二(5年連続7回目) 8-1 武相 ベスト4
1962年(第44回大会 56校 慶應義塾(6年ぶり16回目) 8-3 鎌倉学園 2回戦
1963年(第45回大会 58校 横浜(初出場) 5-3 慶應義塾 ベスト4
1964年(第46回大会 62校 武相(初出場) 5-3 鎌倉学園 1回戦
1965年(第47回大会 68校 武相(2年連続2回目) 4-0 日大 2回戦
1966年(第48回大会 71校 横浜一商(初出場) 1-0 武相 ベスト8
1967年(第49回大会 74校 武相(2年ぶり3回目) 1x-0 日大 2回戦
1968年(第50回大会 74校 武相(2年連続4回目) 6-0 鎌倉学園 2回戦(初戦)
1969年(第51回大会 75校 東海大相模(初出場) 2-0 横浜 1回戦
1970年(第52回大会 77校 東海大相模(2年連続2回目) 12-5 横浜一商 優勝
1971年(第53回大会 79校 桐蔭学園(初出場) 8-1 武相 優勝
1972年(第54回大会 78校 東海大相模(2年ぶり3回目) 5-0 秦野 1回戦
1973年(第55回大会 78校 藤沢商(初出場) 6-2 桐蔭学園 2回戦
1974年(第56回大会 81校 東海大相模(2年ぶり4回目) 4-1 横浜 ベスト8
1975年(第57回大会 88校 東海大相模(2年連続5回目) 6-0 日大藤沢 ベスト8
1976年(第58回大会 95校 東海大相模(3年連続6回目) 19-0 向上 2回戦
1977年(第59回大会 104校 東海大相模(4年連続7回目) 1x-0 横浜商 1回戦
1978年(第60回大会 115校 横浜(15年ぶり2回目) 5-3 横浜商 3回戦
1979年(第61回大会 125校 横浜商(46年ぶり3回目) 3-1 横浜 ベスト4
1980年(第62回大会 134校 横浜(2年ぶり3回目) 2-0 桐蔭学園 優勝
1981年(第63回大会 141校 横浜(2年連続4回目) 9-3 東海大相模 2回戦
1982年(第64回大会 156校 法政二(21年ぶり8回目) 3-0 日大 3回戦
1983年(第65回大会 162校 横浜商(4年ぶり4回目) 3-1 横浜 準優勝
1984年(第66回大会 177校 桐蔭学園(13年ぶり2回目) 9-6 向上 3回戦
1985年(第67回大会 188校 藤嶺藤沢(初出場) 9-3 横浜 1回戦
1986年(第68回大会 192校 横浜商(3年ぶり5回目) 11-7 横浜 1回戦
1987年(第69回大会 198校 横浜商(2年連続6回目) 4-2 東海大相模 3回戦
1988年(第70回大会 202校 法政二(6年ぶり9回目) 9-1 鎌倉学園 1回戦
1989年(第71回大会 202校 横浜(8年ぶり5回目) 7x-6 日大藤沢 2回戦(初戦)
1990年(第72回大会 201校 横浜商(3年ぶり7回目) 3-1 神奈川工 ベスト8
1991年(第73回大会 202校 桐蔭学園(7年ぶり3回目) 11-7 横浜 3回戦
1992年(第74回大会 202校 桐蔭学園(2年連続4回目) 10-8 横浜 1回戦
1993年(第75回大会 204校 横浜商大(27年ぶり2回目)[5] 2-1 横浜 3回戦
1994年(第76回大会 205校 横浜(5年ぶり6回目) 7-2 日大藤沢 1回戦
1995年(第77回大会 205校 日大藤沢(初出場) 4-2 慶應義塾 3回戦
1996年(第78回大会 204校 横浜(2年ぶり7回目) 7-3 日大藤沢 3回戦
1997年(第79回大会 204校 桐蔭学園(5年ぶり5回目) 5-3 横浜商 2回戦
1998年(第80回大会 東97校 横浜(2年ぶり8回目) 14-3 桐光学園 優勝
西107校 平塚学園(初出場) 10-2 東海大相模 2回戦
1999年(第81回大会 205校 桐蔭学園(2年ぶり6回目) 16-3 桜丘 ベスト8
2000年(第82回大会 207校 横浜(2年ぶり9回目) 5-3 桐光学園 ベスト8
2001年(第83回大会 205校 横浜(2年連続10回目) 10-7 桐光学園 ベスト4
2002年(第84回大会 205校 桐光学園(初出場) 2-0 東海大相模 3回戦
2003年(第85回大会 198校 横浜商大(10年ぶり3回目) 7-2 横浜 1回戦
2004年(第86回大会 195校 横浜(3年ぶり11回目) 12-0 神奈川工 ベスト8
2005年(第87回大会 195校 桐光学園(3年ぶり2回目) 11-5 慶應義塾 3回戦
2006年(第88回大会 196校 横浜(2年ぶり12回目) 15-7 東海大相模 1回戦
2007年(第89回大会 194校 桐光学園(2年ぶり3回目) 10-8 東海大相模 2回戦(初戦)
2008年(第90回大会 北99校 慶應義塾(46年ぶり17回目) 9-6 東海大相模 ベスト8
南92校 横浜(2年ぶり13回目) 8-2 横浜創学館 ベスト4
2009年(第91回大会 189校 横浜隼人(初出場) 6x-5 桐蔭学園 2回戦
2010年(第92回大会 186校 東海大相模(33年ぶり8回目) 9-3 横浜 準優勝
2011年(第93回大会 186校 横浜(3年ぶり14回目) 2x-1 桐光学園 3回戦
2012年(第94回大会 190校 桐光学園(5年ぶり4回目) 11-4 桐蔭学園 ベスト8
2013年(第95回大会 190校 横浜(2年ぶり15回目) 3-0 平塚学園 3回戦
2014年(第96回大会 190校 東海大相模(4年ぶり9回目) 13-0 向上 2回戦(初戦)
2015年(第97回大会 186校 東海大相模(2年連続10回目) 9-0 横浜 優勝
2016年(第98回大会 188校 横浜(3年ぶり16回目) 9-3 慶應義塾 2回戦
2017年(第99回大会 189校 横浜(2年連続17回目) 9-3 東海大相模 1回戦
2018年(第100回大会 北94校 慶應義塾(10年ぶり18回目) 7-5 桐光学園 2回戦
南92校 横浜(3年連続18回目) 7-3 鎌倉学園 3回戦
2019年(第101回大会 181校 東海大相模(4年ぶり11回目) 24-1 日大藤沢 3回戦
2020年(独自大会 175校 東海大相模(出場なし) 9-5 相洋 中止
2021年(第103回大会 176校 横浜(3年ぶり19回目) 17-3 横浜創学館 2回戦
2022年(第104回大会 170校 横浜(2年連続20回目) 1x-0 東海大相模 2回戦
  • 1925 - 1930年は3回戦制
  • 1941年は県予選のみ実施
  • 参加校数は日本高野連の発表に基づき連合チームを1校としてカウント

選手権大会成績編集

令和2年度神奈川県高等学校野球大会編集

2020年に開催予定の第102回全国高等学校野球選手権大会新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により本大会と地方大会が中止となった事に伴う神奈川県独自の代替大会として「令和2年度神奈川県高等学校野球大会」が8月1日から8月23日まで参加175チームで開催された。

  • 決勝(8月23日:横浜スタジアム)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
東海大相模 0 0 0 2 0 0 0 4 3 9
相洋 0 2 0 0 1 0 2 0 0 5

最多得点記録編集

  • 上鶴間 53-0 大楠(第89回大会2回戦、横須賀スタジアム)

大会の中継放送編集

テレビ神奈川(tvk、1972年から放送[6]

  • 開会式・開幕試合(横浜スタジアム)、保土ヶ谷球場開催分および準々決勝以降の全試合が生中継される。
  • 大会通算の個人成績は、準々決勝以降の試合で表示される。
  • 試合終了後に、球場内に設けられた特設スタジオで勝利チームの選手(主に主将と勝利投手)にインタビューを行う。(2000年代以降、保土ヶ谷球場の場合)
  • 試合開始まで時間に余裕がある時や、雨天等により試合が長時間中断された時は、放送時間の穴埋めとして、過去に行われた決勝のダイジェストを流す場合がある。決勝戦ダイジェストは、1983年以降のものが5年分ずつセットで(Vol.1が1983~1987年、Vol.2が1988~1992年・・・といった具合)まとめられており、5年分が続けて放送される。空き時間が長い時には、数セット分続けて放送されることもある。また、前年の決勝戦は、他の年の決勝戦と同じセットにはまとめられておらず、単年分のみで放送される。
  • 1994年1995年、保土ヶ谷球場の改築工事中は、平塚球場開催分を中継した。
  • 2006年からは横浜スタジアムで、準々決勝を2試合ずつ2日に分けて行うようにした。2005年まで、準々決勝は通常2球場(横浜スタジアムと保土ヶ谷球場)で2試合ずつ開催され、二元中継を行っていた。
  • 1997年から2003年頃まで、5回戦での試合のうち、横浜、保土ヶ谷、相模原の三元中継と平塚球場の電光掲示板での試合経過を放送していた。
  • 2010年からハイビジョン制作での中継となった。
  • 2015年からはメインチャンネル(031チャンネル)の放送枠終了後もサブチャンネル(032チャンネル)で中継を継続する。またワンセグ放送でも同様に「ワンセグ2」チャンネルで行う(最大延長、2試合日:19:00、3試合日:19:55)[7][8]、(2018年時点での最大延長、平日:20:00、土日:18:00)[9][10]
  • 決勝戦においては、横浜スタジアムのスコアボード(映像表示装置)で、tvkの素材を使った中継映像およびリプレイが随時映される。

スカイ・A

  • 2012年まで、決勝戦(tvk制作分)が後日録画放送されていた。

NHK

  • 総合テレビの関東ブロックで決勝戦を中継する[11]。(番組編成の事情により、録画や関東ローカルのEテレに変更して中継する場合もあり[12]
  • 2021年は東京オリンピック中継と日程が重なり、決勝をサブチャンネルで中継する。

かながわCATV情熱プロジェクト(県内CATV共同制作、2013年から)

  • 平塚球場で行われる1回戦から5回戦の全試合を生中継。(2015年から、2013・2014年は3回戦から5回戦の全試合を生中継)当日夜にはダイジェスト放送を行う(2013年、3回戦から決勝まで。2014年以降、1回戦からに拡大)。2014年は湘南ケーブルネットワークのみ1・2回戦も生中継。

ラジオ中継編集

NHK横浜放送局(FM)で決勝戦[13]アール・エフ・ラジオ日本で決勝戦(2008年南神奈川大会を除く)の模様を生中継している[14]

配信編集

2021年はTV中継のある保土ケ谷・平塚の他、相模原・等々力の試合もtvk公式サイト及び、「バーチャル高校野球」内で配信する[15]。2022年は全球場からの配信に対応する。

脚注編集

  1. ^ 。他に埼玉、千葉、愛知、大阪、兵庫が2代表制となる。
  2. ^ 後に横浜高校に吸収された旧制本牧中学校の前身。
  3. ^ 戦後、学制改革に伴い校名変更。
  4. ^ 1949年度に神奈川県内に移転
  5. ^ 1975年度に横浜第一商業高等学校から改称。
  6. ^ tvk高校野球中継で同局初マルチ編成対応 文化通信.com 2015年7月4日
  7. ^ tvk、初めてマルチ編成(SV2)放送を実施 ~高校野球中継延長放送で tvkニュースリリース 2015年6月23日
  8. ^ ザテレビジョン首都圏関東版 2016 No.29 7・22号
  9. ^ ザテレビジョン首都圏関東版 2018 No.28 - No.30 7/13、7/20、7/27号
  10. ^ 但し、川崎競馬場の開催と重複した場合は19:00までの放送。
  11. ^ NHKネットクラブ番組表2017年7月29日横浜水戸宇都宮前橋
  12. ^ NHKネットクラブ番組表2017年7月29日
  13. ^ NHKネットクラブ番組表準決勝決勝
  14. ^ 横浜VS横浜創学館 高校野球神奈川大会、きょう決勝 朝日新聞DIGITAL 2021年7月28日
  15. ^ 176チームが熱戦へ 高校野球神奈川大会10日開幕 朝日新聞DIGITAL 2021年6月21日

関連項目編集

外部リンク編集