メインメニューを開く

全日信販株式会社(ぜんにちしんぱん)は、岡山県岡山市北区に本拠を置く信販会社である。2006年に新生銀行グループのアプラス(現・アプラスフィナンシャル)の子会社となっている。

全日信販株式会社
ZEN-NICHI SHINPAN CO.,LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
700-0823
岡山市北区丸の内1丁目1-4
設立 1957年4月30日
業種 その他金融業
法人番号 7260001003762
事業内容 信販業
代表者 代表取締役 平岡 伸裕
資本金 10億円[1]
売上高 33億0200万円(2019年03月31日時点)[2]
営業利益 7億9100万円(2019年03月31日時点)[2]
経常利益 8億0300万円(2019年03月31日時点)[2]
純利益 9億2400万円(2019年03月31日時点)[2]
純資産 119億4900万円(2019年03月31日時点)[2]
総資産 373億6700万円(2019年03月31日時点)[2]
従業員数 287人(2019年4月)
主要株主 株式会社アプラスフィナンシャル
外部リンク http://aj-card.co.jp/
テンプレートを表示

中国四国地方を基盤にショッピングクレジット事業、クレジットカード事業、個人ローン事業などを展開しており、同地方ではかなりのブランド力を有する。中国・四国地方以外でもブリヂストン横浜ゴムといった全国展開する企業との提携カードも発行する。

クレジットカード編集

AJカード」ブランドでクレジットカードを発行している。国際ブランドとしてはJCBVISAブランドを付帯している。

リックコーポレーション系列店舗でクレジット兼ポイントカードとして使える「リックグッドライフカード」や岡山放送と提携した「クラブOHK OH!くんカード」など地元岡山を中心にショッピングセンターテレビ局ラジオ局などの提携クレジットカードを多く発行していたが、2015年10月5日に、同系のアプラスに順次クレジットカード事業を集約する方針が発表され[3]、これに伴い2020年を目途に自社でのカード事業を終了することになり[4]、2017年4月以降順次カードの更新を停止することになった。

主な提携カード編集

ショッピング系 
岡山一番街さんすて岡山 FIRSTカードVISA・JCB」(2016年12月28日で新規申し込み終了)[5]・「マリーナホップカードJCB/VISA」(広島フェスティバル・アウトレット)・「リック グッドライフカードVISA」(リックコーポレーション)・「ハローズカードVISA」・「Vita Riccoカード」(大庭)など
自動車系 
「ブリヂストンカーライフサポートカードVISA」(ブリヂストン)・「ヨコハマ ワイズスターカードVISA」(横浜ゴム)・「RS TAICHIカード」など
家電量販店系 
「ベストカードJCB/VISA」(ベスト電器)提携終了で発行なし
金融機関系 
AJ郵便貯金共用カード(日本郵政公社<現:ゆうちょ銀行>、NICOS) - 新規発行されていない。なお、カードの有効期限をもって取り扱いが終了となる。[1][2]
社会貢献系 
「AJ・AMDAカード」など
その他 
「クラブOHK OH!くんカード」(岡山放送)・「FM岡山 メンバーズカード」・「CS-1カード」(コンピュータ・ステーション シーエス・ワン)・「ホリスティックカード」など

追加カード編集

ETCカード 
「ETC MATEカード」としてETC支払い用追加カードが発行できるが、発行できる親カードが限られている。

沿革編集

  • 1957年(昭和32年)4月 - 中国信用販売株式会社として設立
  • 1967年(昭和42年)5月 - 中国信販株式会社と改称
  • 1984年(昭和59年)7月 - 現社名に改称
  • 2006年(平成18年)3月 - 第三者割当増資により新生銀行グループの信販会社であるアプラスの連結対象子会社となる

脚注編集

  1. ^ 全日信販公式サイト 会社概要”. 全日信販. 2015年11月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 全日信販株式会社 第62期決算公告
  3. ^ グループ会社へのクレジットカード事業集約の件 - 全日信販株式会社、2015年10月5日。
  4. ^ 【重要】AJカード(提携カードを除く当社オリジナルカード)ご利用終了に関するお知らせおよびご留意いただくべき事項について - 全日信販株式会社、2016年9月30日。
  5. ^ 2017年4月からJR西日本との提携で「岡山一番街・さんすて岡山J-WESTカード」が発行。

外部リンク編集