全日本大学サッカー選手権大会

毎年秋から冬にかけて開催される、日本の大学サッカーチームのトーナメント大会

全日本大学サッカー選手権大会(ぜんにほんだいがくサッカーせんしゅけんたいかい、英語: All Japan University Championship)は、日本の大学サッカーチームにおけるトーナメント大会。毎年秋から冬にかけての時期に開かれる。通称、インターカレッジ(インカレ)。主催は全日本大学サッカー連盟日本サッカー協会

全日本大学サッカー選手権大会
前回大会:
第68回全日本大学サッカー選手権大会
西が丘サッカー場
競技 サッカー
開始年 1952
主催 全日本大学サッカー連盟
日本サッカー協会
チーム数 24チーム
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 明治大学(3回目)
最多優勝 早稲田大学(12回)
テンプレートを表示

概要と歴史編集

日本サッカー協会理事の小野卓爾により、全国レベルの試合機会に恵まれなかった地方や下位の大学チームへの門戸開放を趣旨とした選手権大会として朝日新聞社の後援を得て創設されたが、関東関西のリーグ戦ならびに東西学生蹴球対抗王座決定戦をこそ重要であるとするリーグ至上主義の声も根強く、特に関西協会の賛同を得られず関西の有力校の参加がないまま「第1回全国大学サッカー大会」として1953年1月2日から6日にかけて東京の明治神宮グラウンドで自由参加制によるオープントーナメントとして開催したが、第1回大会は4チームが棄権した。

第2回からは正式に「選手権大会」として開催されたが、関西上位勢の参加は第8回まで待たねばならなかった。その間には東北学院大学などの地方勢の活躍も見られるようになった。

第14回まで自由参加制をとっていたが、参加校の増加および各地域での大学リーグの開始により、第15回から各リーグ戦を予選代わりにした各地域代表によるトーナメントに変更された。

2020年は新型コロナの影響で中止。代わりに32チームによるトーナメントとして開催予定だが、本大会の回数にはカウントされず。

大会の開催期間は当該年度12月中と1月中に歴代何度か変更されている(後述決勝戦記録を参照のこと)。

出場校としては毎年各地の秋季に行われる大学リーグ終了後の上位入賞校(秋季リーグ戦のみ、あるいは年間通算成績によるなど、リーグにより適応条件が多少異なる)が参加する。各地域の出場枠数は幾度かの変遷を経ているが、2003年度の52回大会までは出場全校による完全トーナメントとなっていたが、2004年度・第53回からは予選リーグと決勝トーナメントの2本立てに変更になった。また同時に、以前は関東地域での集中開催だったが、地域性を考慮に入れて開催地域を全国に分散して行うようになり、これに伴い開催期間も12月から1月(決勝戦だけ1月)の間となった。

またかつては決勝戦では全日本大学女子サッカー選手権大会決勝戦も同時開催されていた。

開催方式の変遷編集

第1回は「全国大学サッカー大会」、第2回以降は「全国大学サッカー選手権大会」であったが、現在は「全日本大学サッカー選手権大会」となっている[1]

第1回-第14回大会編集

自由参加制。会場は東京都内の諸会場。

第15回-第25回大会編集

地域大学サッカー連盟より選出された全16校によるトーナメント戦を行う。会場は関東各地の諸会場。

第26回-第33回大会編集

地域大学サッカー連盟より選出された10校と総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント優勝校、開催地代表または推薦校1校の全12校によるトーナメント戦を行う。ただし、第30回大会は記念大会のため全16校に拡大。

  1. 北海道1校
  2. 東北1校
  3. 関東2校
  4. 東海1校
  5. 北信越1校
  6. 関西1校
  7. 中国1校
  8. 四国1校
  9. 九州1校
  10. 開催地代表または推薦校(該当地域の次順位校)1校
  11. 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント優勝校

第34回-第50回大会(2001年度)編集

下記地域大学サッカー連盟より選出された全16校によるトーナメント戦を行う。

  1. 北海道1校
  2. 東北1校
  3. 関東5校
  4. 東海1校
  5. 北信越1校
  6. 関西2校
  7. 中国1校
  8. 四国1校
  9. 九州2校
  10. 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント優勝校

第51回大会(2002年度)編集

九州2校固定を九州・東海第2代表1校に改める。

第52回大会(2003年度)編集

下記地域大学サッカー連盟より選出された全32校によるトーナメント戦を行う。

  1. 北海道2校
  2. 東北2校
  3. 関東9校
  4. 東海4校
  5. 北信越2校
  6. 関西4校
  7. 中国2校
  8. 四国2校
  9. 九州4校
  10. 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント優勝校

第53回大会(2004年度)編集

下記地域大学サッカー連盟より選出された28校によって行う。

  1. 北海道2校
  2. 東北2校
  3. 関東8校
  4. 東海3校
  5. 北信越2校
  6. 関西4校
  7. 中国2校
  8. 四国2校
  9. 九州3校
  10. 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント優勝校
  • 本大会中での予選リーグを行う。参加28校を4校ずつ×7組に分けて1回戦総当りのリーグ戦を実施。各組2位までの14校と3位の中から成績の良かった2校を加えた16校によって決勝トーナメント(関東地域で開催)を行う。決勝戦は国立霞ヶ丘陸上競技場。3位の上位チームは以下の優先順序で決定する。
  1. 勝点合計
  2. 得失点差:ゴールディファレンス(総得点-総失点)
  3. 総得点数 
  4. 抽選

第54回大会(2005年度)-第56回(2007年度)編集

下記地域大学サッカー連盟より選出された24校によって行う。

  1. 北海道1校
  2. 東北1校
  3. 北海道・東北第2代表1校
  4. 関東7校
  5. 東海2校
  6. 北信越1校
  7. 関西4校
  8. 中国1校
  9. 四国1校
  10. 中国・四国第2代表1校
  11. 九州3校
  12. 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント優勝校
  • 本大会中での予選リーグを行う。参加24校を4校ずつ×6組に分けて1回戦総当りのリーグ戦を実施。各組1位の6校と2位の中から成績のよかった2校を加えた8校によって決勝トーナメント(関東地域で開催)を行う。決勝戦は国立霞ヶ丘陸上競技場。2位の上位校は以下の優先順序で決定する。
  1. 勝点合計
  2. 得失点差:ゴールディファレンス(総得点-総失点)
  3. 総得点数 
  4. 抽選

第57回大会(2008年度)-第61回大会(2012年度)編集

下記地域大学サッカー連盟より選出された16校によって行う。

  1. 北海道1校
  2. 東北1校
  3. 関東4校
  4. 東海2校
  5. 北信越1校
  6. 関西3校
  7. 中国1校
  8. 四国1校
  9. 九州2校
  • 大会はトーナメントで行われる。決勝戦は国立霞ヶ丘陸上競技場。

第62回大会(2013年度)-編集

下記地域大学サッカー連盟より選出された24校によって行う。

  1. 北海道1校
  2. 東北1校
  3. 関東5校
  4. 東海3校
  5. 北信越1校
  6. 関西4校
  7. 中国1校
  8. 四国1校
  9. 九州3校
  10. プレーオフ勝利の3校(北海道2位-東北2位、関東6位-北信越2位、中国2位-四国2位)
  11. 総理大臣杯1枠

結果編集

年度 優勝 結果 準優勝 備考
1952年 東京大学 2 - 1 早稲田大学 翌年1月開催
1953年 立教大学 4 - 2 中央大学 翌年1月開催
1954年 東京教育大学 2 - 1 中央大学 翌年1月開催
1955年 早稲田大学 10 - 1 東北学院大学
1956年 東京教育大学 2 - 1 早稲田大学
1957年 中央大学 3 - 0 明治大学 翌年1月開催
1958年 明治大学 1 - 0 中央大学
1959年 中央大学 1 - 0 法政大学
1960年 中央大学 3 - 0 法政大学
1961年 慶應義塾大学 2 - 1 早稲田大学
1962年 中央大学 2 - 1 立教大学
1963年 慶應義塾大学 3 - 2 明治大学
1964年 日本大学 1 - 0 中央大学
1965年 中央大学 3 - 1 立教大学
1966年 早稲田大学 4 - 0 中央大学
1967年 関西大学 1 - 0 中央大学
1968年 東京教育大学 3 - 0 関西大学
1969年 慶應義塾大学 1 - 0 立教大学
1970年 法政大学 2 - 0 大阪商業大学
1971年 東京教育大学 2 - 1 中央大学
1972年 早稲田大学 1 - 0 aet 大阪商業大学
1973年 早稲田大学 3 - 0 法政大学
1974年 早稲田大学 2 - 0 大阪商業大学
1975年 日本体育大学 2 - 0 法政大学 翌年1月開催
1976年 法政大学 2 - 1 日本体育大学
1977年 大阪商業大学 2 - 0 法政大学 翌年1月開催
1978年 早稲田大学 1 - 0 法政大学
1979年 筑波大学 2 - 1 法政大学
1980年 筑波大学
中央大学
2 - 2 aet 両校優勝
1981年 日本体育大学 3 - 0 東京農業大学
1982年 国士舘大学 3 - 2 早稲田大学
1983年 大阪商業大学 2 - 1 順天堂大学
1984年 大阪商業大学 1 - 0 国士舘大学
1985年 大阪商業大学
大阪体育大学
0 - 0 aet 両校優勝
1986年 早稲田大学 4 - 0 東海大学
1987年 順天堂大学 1 - 0 東海大学
1988年 順天堂大学
東海大学
0 - 0 aet 両校優勝
1989年 順天堂大学 4 - 0 東海大学
1990年 東海大学 2 - 2 aet
(PK 5 - 4)
国士舘大学
1991年 早稲田大学 1 - 1 aet
(PK 4 - 2)
東海大学
1992年 中央大学 1 - 0 早稲田大学
1993年 早稲田大学 3 - 1 同志社大学
1994年 早稲田大学 1 - 1 aet
(PK 4 - 1)
駒澤大学
1995年 駒澤大学 3 - 2 筑波大学
1996年 国士舘大学 2 - 1 VG 早稲田大学
1997年 駒澤大学 3 - 1 国士舘大学
1998年 国士舘大学 2 - 1 福岡大学
1999年 国士舘大学 2 - 1 VG 筑波大学
2000年 中京大学 2 - 1 筑波大学
2001年 駒澤大学 2 - 1 国士舘大学
2002年 筑波大学 2 - 1 VG 国士舘大学
2003年 筑波大学 1 - 0 駒澤大学
2004年 駒澤大学 5 - 2 立命館大学
2005年 駒澤大学 2 - 1 順天堂大学
2006年 駒澤大学 6 - 1 早稲田大学
2007年 早稲田大学 2 - 0 法政大学
2008年 中央大学 2 - 1 筑波大学
2009年 明治大学 2 - 1 福岡大学
2010年 関西大学 2 - 1 aet 中京大学
2011年 専修大学 3 - 0 明治大学
2012年 早稲田大学 3 - 1 福岡大学
2013年 大阪体育大学 3 - 1 国士舘大学
2014年 流通経済大学 1 - 0 関西学院大学
2015年 関西学院大学 4 - 0 阪南大学
2016年 筑波大学 8 - 0 日本体育大学
2017年 流通経済大学 5 - 1 法政大学
2018年 法政大学 1 - 0 駒澤大学
2019年 明治大学 3 - 1 aet 桐蔭横浜大学
2021年

大学別成績編集

大学名 優勝年度 準優勝年度
早稲田大学 12 7 1955,1966,1972,1973,1974,1978,1986,1991,1993,1994,2007,2012 1952,1956,1961,1982,1992,1996,2006
筑波大学 9 4 1954,1956,1968,1971,1979,1980,2002,2003,2016 1995,1999,2000,2008
中央大学 8 7 1957,1959,1960,1962,1965,1980,1992,2008 1953,1954,1958,1964,1966,1967,1971
駒澤大学 6 3 1995,1997,2001,2004,2005,2006 1994,2003,2018
国士舘大学 4 6 1982,1996,1998,1999 1984,1990,1997,2001,2002,2013
大阪商業大学 4 3 1977,1983,1984,1985 1970,1972,1974
法政大学 3 9 1970,1976,2018 1959,1960,1973,1975,1977,1978,1979,2007,2017
明治大学 3 3 1958,2009,2019 1957,1963,2011
順天堂大学 3 2 1987,1988,1989 1983,2005
慶應義塾大学 3 0 1961,1963,1969
東海大学 2 4 1988,1990 1986,1987,1989,1991
日本体育大学 2 2 1975,1981 1976,2016
関西大学 2 1 1967,2010 1968
大阪体育大学 2 0 1985,2013
流通経済大学 2 0 2014,2017
立教大学 1 3 1953 1962,1965,1969
関西学院大学 1 1 2015 2014
中京大学 1 1 2000 2010
東京大学 1 0 1952
日本大学 1 0 1964
専修大学 1 0 2011
福岡大学 0 3 1998,2009,2012
東北学院大学 0 1 1955
東京農業大学 0 1 1981
同志社大学 0 1 1993
立命館大学 0 1 2004
阪南大学 0 1 2015
桐蔭横浜大学 0 1 2019
  • 筑波大学は東京教育大学時代を含める。

個人賞編集

年度 MVP ベストGK ベストDF ベストMF ベストFW
2012[2] 富山貴光 (早稲田) 松澤香輝 (早稲田) 山地翔 (早稲田) 清武功暉 (福岡) 岸田和人 (福岡)
2013[3] 山本大稀 (大阪体育) 村上昌謙 (大阪体育) 坂本修佑 (大阪体育) 國吉祐介 (大阪体育) 澤上竜二 (大阪体育)
2014[4] 鈴木翔登 (流通経済) 中島宏海 (流通経済) 湯澤聖人 (流通経済) 小幡元輝 (関西学院) 呉屋大翔(関西学院)
2015[5] 井筒陸也 (関西学院) 上田智輝 (関西学院) 米原祐 (関西学院) 森俊介 (関西学院) 出岡大輝(関西学院)
2016[6] 中野誠也 (筑波) 阿部航斗 (筑波) 小笠原佳祐 (筑波) 西澤健太 (筑波) 北川柊斗(筑波)
2017[7] 守田英正 (流通経済) 新井栄聡 (流通経済) 武藤友樹 (法政) 新垣貴之 (流通経済) 立花歩夢(流通経済)
2018[8] ディサロ燦シルヴァーノ (法政) 吉田舜 (法政) 星キョーワァン (駒澤) 紺野和也 (法政) 上田綺世 (法政)
2019[9] 蓮川壮大 (明治) 早坂勇希 (桐蔭横浜) 眞鍋旭輝 (桐蔭横浜) 安部柊斗 (明治) 佐藤亮 (明治)

試合中継編集

脚注編集

  1. ^ 後援の朝日新聞紙面では第23回大会までと第25回大会では「全国-」、第24回大会と第26回大会以降は「全日本-」としている。
  2. ^ 平成24年度 第61回全日本大学サッカー選手権大会 (PDF) 全日本大学サッカー連盟
  3. ^ 平成25年度 第62回全日本大学サッカー選手権大会 (PDF) 全日本大学サッカー連盟
  4. ^ 平成26年度 第63回全日本大学サッカー選手権大会 (PDF) 全日本大学サッカー連盟
  5. ^ 平成27年度 第64回全日本大学サッカー選手権大会 (PDF) 全日本大学サッカー連盟
  6. ^ 平成28年度 第65回全日本大学サッカー選手権大会 (PDF) 全日本大学サッカー連盟
  7. ^ 『平成29年度 第66回全日本大学サッカー選手権大会』決勝戦マッチレポート 全日本大学サッカー連盟(2017年12月27日), 2018年12月22日閲覧
  8. ^ 【結果】「平成30年度 第67回全日本大学サッカー選手権大会」 決勝 全日本大学サッカー連盟(2018年12月22日), 2018年12月24日閲覧
  9. ^ 【結果】 『2019年度 第68回全日本大学サッカー選手権大会』 決勝 全日本大学サッカー連盟(2019年12月22日), 2019年12月23日閲覧

参考文献編集

  • 中条一雄「大学サッカーの移り変わり」『1945〜1985激動のスポーツ40年史(12) サッカー/苦難と栄光の歴史 別冊サッカー・マガジン桜花号』ベースボール・マガジン社、1986年
  • 「大学・栄光から苦難への移り変わり」『激動のスポーツ史(9) サッカー』ベースボール・マガジン社、1989年、ISBN 4-583-02777-X

関連項目編集

外部リンク編集