メインメニューを開く

全日本女子アイスホッケー選手権大会

全日本女子アイスホッケー選手権大会(ぜんにほん―せんしゅけんたいかい)は、日本アイスホッケー連盟が主催し3月頃に行われるオープン大会である。

全日本女子アイスホッケー選手権大会
開始年 1982
主催 日本アイスホッケー連盟
参加チーム数 8
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 道路建設ペリグリン(19回目)
最多優勝 道路建設ペリグリン(19回)
サイト 日本アイスホッケー連盟
テンプレートを表示

概要編集

1973年に国内で女子アイスホッケーチームが本格始動し、その5年後に国土計画伊勢丹八戸丸光苫小牧ペリグリン、帯広太陽クラブの5チームが品川スケートセンターに集い、自主開催による第1回全日本女子選手権が開催された[1]

1981年に、女子選手も日本アイスホッケー連盟への登録が義務づけられ、翌1982年に、連盟主催の公式大会としての第1回大会が開催された[1]

会場は持ち回り。参加チームは日本アイスホッケー連盟に加盟する高等学校から社会人までのチーム。競技力向上支援事業助成金を受けて開催している。

大会はトップの8チームで構成されるグループA大会と、各地域予選を勝ち抜いたチームが集うグループB大会が開催されている。A大会では予備選を行ったうえで上位リーグと下位リーグに分けられ、上位リーグでは優勝を争い、下位リーグの最下位チームはグループBに降格する。グループBは完全ノックアウトトーナメント方式で開催され、優勝チームがグループAに昇格する。

第33回(2014年)からはグループAの開催方式がノックアウトトーナメント方式に変更された。

最多優勝は、道路建設ペリグリンの19回である。

歴代優勝チーム(Aグループ)編集

開催地 優勝チーム 準優勝 3位 備考
1 1982 東京 帯広太陽クラブ (初) シルバーシールズ 釧路ベアーズ
2 1983 八戸 帯広太陽クラブ (2) シルバーシールズ 釧路ベアーズ
3 1984 福岡 国土計画 (初) 釧路ベアーズ 帯広太陽クラブ
4 1985 釧路 苫小牧ペリグリン (初) 国土計画 釧路ベアーズ
5 1986 日光 国土計画 (2) 帯広太陽クラブ 苫小牧ペリグリン
6 1987 苫小牧 国土計画 (3) 苫小牧ペリグリン 伊勢丹
7 1988 軽井沢 苫小牧ペリグリン (2) 国土計画 帯広太陽クラブ
8 1989 神戸 国土計画 (4) 苫小牧ペリグリン 帯広太陽クラブ
9 1990 帯広 国土計画 (5) 苫小牧ペリグリン 帯広太陽クラブ
10 1991 神戸 苫小牧ペリグリン (3) 国土計画 帯広太陽クラブ
11 1992 札幌 岩倉ペリグリン (4) 国土計画 帯広太陽クラブ
12 1993 八戸 コクドレディース (6) 岩倉ペリグリン 帯広太陽クラブ
13 1994 軽井沢 岩倉ペリグリン (5) コクドレディース 釧路六花亭ベアーズ
14 1995 軽井沢 岩倉ペリグリン (6) コクドレディース スポーツシステムファイターズ
15 1996 札幌 岩倉ペリグリン (7) スポーツシステムファイターズ 釧路六花亭ベアーズ
16 1997 苫小牧 岩倉ペリグリン (8) 釧路六花亭ベアーズ コクドレディース
17 1998 帯広 岩倉ペリグリン (9) 釧路六花亭ベアーズ コクドレディース
18 1999 釧路 岩倉ペリグリン (10) 六花亭ベアーズ コクドレディース
19 2000 苫小牧 六花亭ベアーズ釧路 (初) 岩倉ペリグリン コクドレディース
20 2001 帯広 六花亭ベアーズ釧路 (2) コクドレディース 岩倉ペリグリン
21 2002 青森 岩倉ペリグリン (11) 六花亭ベアーズ Daishin
22 2003 釧路 岩倉ペリグリン (12) 六花亭ベアーズ コクドレディース
23 2004 泊村 岩倉ペリグリン (13) 六花亭ベアーズ Daishin
24 2005 帯広 六花亭ベアーズ (3) コクドレディース 岩倉ペリグリン
25 2006 苫小牧 六花亭ベアーズ (4) コクドレディース Daishin
26 2007 釧路 六花亭ベアーズ (5) SEIBUプリンセス ラビッツ 岩倉ペリグリン
27 2008 釧路 SEIBUプリンセス ラビッツ (7) 加森観光ベアーズ Daishin
28 2009 横浜 SEIBUプリンセス ラビッツ (8) 岩倉ペリグリン 加森観光ベアーズ
29 2010 札幌 SEIBUプリンセス ラビッツ (9) Daishin 加森観光ベアーズ
30 2011 帯広 三星ダイトーペリグリン (14) SEIBUプリンセス ラビッツ Daishin
31 2012 札幌 SEIBUプリンセス ラビッツ (10) 三星ダイトーペリグリン Daishin
32 2013 帯広 三星ダイトーペリグリン (15) SEIBUプリンセスラビッツ フルタイムシステム御影グレッズ
33 2014 札幌 三星ダイトーペリグリン (16) トヨタシグナス SEIBUプリンセスラビッツ
34 2015 帯広 三星ダイトーペリグリン (17) SEIBUプリンセスラビッツ フルタイムシステム御影グレッズ
35 2016 札幌 SEIBUプリンセスラビッツ (11) フルタイムシステム御影グレッズ 道路建設ペリグリン
36 2017 札幌 道路建設ペリグリン (18) SEIBUプリンセスラビッツ Daishin
37 2018 札幌 SEIBUプリンセスラビッツ (12) 道路建設ペリグリン フルタイムシステム御影グレッズ
38 2019 帯広 道路建設ペリグリン (19) SEIBUプリンセスラビッツ Daishin

歴代優勝チーム(Bグループ)編集

開催地 優勝チーム 準優勝 3位 4位 備考
8 2004 群馬 梅田メープルリーフス レッドトレジャー シチズンレディース 東京女子体育大学
9 2005 青森 レッドトレジャー 御影グレッズ 軽井沢フェアリーズ ハセガワウィッチーズ
10 2006 栃木 御影グレッズ 八戸レッズ 苫小牧マリアジャスパーズ 日光アイスバックスレディース
11 2007 兵庫 レディースラビッツ 日光アイスバックスレディース マリアジャスパーズ アイスバックス神戸レディース
12 2008 栃木 アイスバックス神戸 日光アイスバックス 八戸レッズ ハセガワウィッチーズ
13 2009 帯広 FTS御影グレッズ 日光アイスバックスレディース マリアジャスパーズ クイーンベアーズ
14 2010 愛知 八戸レッズ GANBAXマリアジャスパーズ GANBAX神戸 日光アイスバックスレディース
15 2011 愛知 レディースラビッツ 軽井沢フェアリーズ 帯広レディース GANBAXマリアジャスパーズ
16 2012 栃木 クイーンベアーズ 日光アイスバックスレディース GANBAXマリアジャスパーズ 帯広レディース
17 2013 岡山 帯広レディース ボルテックス札幌 八戸レッズ 真駒内レディース
18 2014 青森 八戸レッズ クイーンベアーズ ボルテックス札幌 GANBAX神戸
19 2015 愛知 VORTEX SAPPORO 釧路ベアーズ クイーンベアーズ FIORE TORSPO
20 2016 青森 釧路ベアーズ 苫小牧NEXUS クイーンベアーズ 札幌インフィニティーズ
21 2017 栃木 苫小牧ネクサス VORTEX SAPPORO 札幌インフィニティーズ クイーンベアーズ
21 2018 愛知 帯広レディース 札幌インフィニティーズ FIORE TORSPO 軽井沢フェアリーズ

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 女子日本一決定戦開幕 加藤じろう直営!「語りべ」通信 2009年3月11日

関連項目編集

外部リンク編集