メインメニューを開く

全日本実業団サッカー選手権大会

全日本実業団サッカー選手権大会(ぜんにほんじつぎょうだんサッカーせんしゅけんたいかい)は、1948年から1964年まで開催されたサッカーの実業団(企業、公団など)チーム日本一を決める公式トーナメント大会。朝日新聞社共催。

参加資格は実業団チームのみに与えられており、地域の社会人クラブチームは参加できなかった。

第1回大会は、1948年5月に関西・東京・関東の3地区で予選が行われ、4チーム(関西2、東京1、関東1)に出場権が与えられた。第2回大会からは予選が全国に広がり、8チームに出場権が与えられた。最終的には出場チームは20チームに拡大された。

第17回大会をもって、1965年から始まる日本サッカーリーグ(JSL)および全国社会人サッカー選手権大会へと、全国都市対抗サッカー選手権大会と共に発展的解消された。

JSLが総当り戦であるのに対して、この大会は一ないし二会場でのノックアウト方式によるトーナメント戦であった。開催時期は5月頃だったが、後には秋となった。

歴代大会結果編集

年度 優勝 スコア 準優勝 3位 4位 開催地[1] 開催期間[1]
1948年 1 湯浅電池 2-1 田辺製薬 三共 茨城日立 西宮市西宮球技場 5月22日-23日
1949年 2 三共 3-0 茨城日立 田辺製薬/第一生命 (準決勝敗退チーム) 西宮市(西宮球技場) 5月3日-5日
1950年 3 田辺製薬 2-0 第一生命 日本鋼管/東洋工業 (準決勝敗退チーム) 東京都(武蔵野球場) 5月3日-5日
1951年 4 田辺製薬 3-0 日立本社 東洋工業 大阪府庁 西宮市(西宮球技場) 5月2日-6日
1952年 5 田辺製薬 2-0 日立本社 東洋工業 茨城日立 東京都(明治神宮 5月24日-27日
1953年 6 田辺製薬 2-1[1] 日立本社[1] 日本軽金属 東洋工業 藤枝市藤枝東高 5月21日-24日
1954年 7 田辺製薬 4-0 日立本社 東洋工業 日本軽金属 松山市松山北高 9月23日-26日
1955年 8 田辺製薬 2-0(延長) 東洋工業 日本軽金属 八幡製鉄 函館市千代ヶ岱球場 9月23日-26日
1956年 9 東洋工業 4-0 田辺製薬 日本鋼管 八幡製鉄 徳島市 9月21日-24日
1957年 10 田辺製薬 2-0(延長) 東洋工業 日立本社 日本鋼管 京都市西京極 9月21日-24日
1958年 11 日立本社 2-0 古河電工 田辺製薬 八幡製鉄 東京都(小石川 9月20日-24日
1959年 12 古河電工 2-0[1] 新三菱重工 東洋工業 日本鋼管 清水市清水商高 9月24日-28日
1960年 13 日立本社 4-2[1] 八幡製鉄 古河電工 東洋工業 島原市島原商高 9月22日-26日
1961年 14 古河電工 3-1[1] 日立本社 新三菱重工 八幡製鉄 新潟市新潟市営競技場ほか) 7月16日-20日
1962年 15 東洋工業
古河電工
0-0[1](延長) (両チーム優勝) 八幡製鉄 日本鋼管 防府市協和醗酵グラウンド) 11月3日-7日
1963年 16 八幡製鉄 2-0(延長) 日立本社 新三菱重工 東洋工業 岐阜市(岐阜市営、岐阜大学 11月3日-7日
1964年 17 八幡製鉄 3-0 日立本社 東洋工業
三菱重工
(両チーム3位) 藤枝市(藤枝東高、藤枝北高 11月21日-25日

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 関西サッカーのあゆみ編集委員会編『関西サッカーのあゆみ』 関西サッカー協会、2006年、139頁。

参考文献編集