全日本珠算選手権大会

全日本珠算選手権大会(ぜんにほんしゅざんせんしゅけんたいかい)は、全国珠算教育連盟が主催する「珠算暗算技能の日本一の人」を決定する珠算競技会である。

概要編集

  • 毎年8月8日そろばんの日)開催される。
  • 数年前までは各地の持ち回りで開催されていたが、近年は国立京都国際会館で開催されている。
  • 個人総合競技(プリントに書かれている問題を制限時間内に1人で計算して答えを書きこむ。)、読上算競技、読上暗算競技、フラッシュ暗算競技、都道府県対抗競技が行われる。
  • 個人総合競技は、乗算、除算、見取算、乗暗算、除暗算、見取暗算で行われ、前半の珠算種目は各300点満点(30問、1題10点、制限時間3分30秒)、後半の暗算種目は各200点満点(40問、1題5点、制限時間1分30秒)の計1500点満点になる。そして、総合競技の最高得点者が「そろばん日本一」となる。最高得点者が2人以上の場合は、同点決勝が行われる。なお、2008年より小学生の最高得点者が「小学生そろばん日本一」となる。

過去の全日本珠算選手権大会編集

参加者数 開催地
1 昭和29年度 438名 名古屋市金山体育館(愛知県)
2 昭和30年度 458名 愛知学院大学(愛知県)
3 昭和31年度 435名 名古屋市金山体育館(愛知県)
4 昭和32年度 477名 名古屋市金山体育館(愛知県)
5 昭和33年度 633名 大阪府立体育会館 (大阪府)
6 昭和34年度 592名 神戸市立王子体育館 (兵庫県)
7 昭和35年度 625名 大阪府立体育会館 (大阪府)
8 昭和36年度 619名 大阪女子短期大学 (大阪府)
9 昭和37年度 666名 立命館大学 (京都府)
10 昭和38年度 693名 立命館大学 (京都府)
11 昭和39年度 休止
12 昭和40年度 休止
13 昭和41年度 169名 国立教育会館 (東京都)
14 昭和42年度 161名 呉市立体育館 (広島県)
15 昭和43年度 176名 白浜町白浜会館 (広島県)
16 昭和44年度 183名 金沢経済大学 (石川県)
17 昭和45年度 189名 高松女子商業高等学校 (香川県)
18 昭和46年度 194名 愛知県体育館 (愛知県)
19 昭和47年度 191名 京都府立体育館 (京都府)
20 昭和48年度 204名 北海道立産業共進会場 (北海道)
21 昭和49年度 222名 滋賀県立体育館 (滋賀県)
22 昭和50年度 242名 唐津市体育館 (佐賀県))
23 昭和51年度 227名 福島市市民センター (福島県)
24 昭和52年度 322名 中野区立体育館 (東京都)
25 昭和53年度 309名 山口県体育館 (山口県)
26 昭和54年度 320名 三重県営体育館 (三重県)
27 昭和55年度 339名 前橋スポーツセンター (群馬県)
28 昭和56年度 323名 宮城県スポーツセンター (宮城県)
29 昭和57年度 326名 浜松市体育館 (静岡県)
30 昭和58年度 331名 国立京都国際会館 (京都)
31 昭和59年度 312名 岡山市総合文化体育館 (岡山県)
32 昭和60年度 303名 東海女子大学 (岐阜県)
33 昭和61年度 317名 鶴見女子高等学校 (神奈川県)
34 昭和62年度 297名 兵庫県立文化体育館 (兵庫県)
35 昭和63年度 298名 露橋スポーツセンター (愛知県)
36 平成元年 307名 広島サンプラザ (広島県)
37 平成2年度 324名 戸田市スポーツセンター (埼玉県)
38 平成3年度 292名 野洲町立総合体育館 (滋賀県)
39 平成4年度 288名 山口県スポーツ文化センター (山口県)
40 平成5年度 284名 千葉ポートアリーナ (千葉県)
41 平成6年度 253名 真駒内屋内競技場 (北海道)
42 平成7年度 255名 宮崎市総合体育館 (宮崎県)
43 平成8年度 246名 国立京都国際会館 (京都府)
44 平成9年度 237名 三井アーバンホテル大阪ベイタワー (大阪府)
45 平成10年度 194名 日産スポーツプラザ (東京都)
46 平成11年度 221名 尼崎市記念公園総合体育館 (兵庫県)
47 平成12年度 298名 露橋スポーツセンター (愛知県)
48 平成13年度 休止
49 平成14年度 199名 岡崎竜美丘会館 (愛知県)
50 平成15年度 227名 グリーンドーム前橋 (群馬県)
51 平成16年度 485名 尼崎市記念公園総合体育館 (兵庫県)
52 平成17年度 360名 十和田市総合体育センター (青森県)
53 平成18年度 439名 愛媛県武道館 (愛媛県)
54 平成19年度 445名 広島県立びんご運動公園 (広島県)
55 平成20年度 429名 鈴鹿市立体育館 (三重県)
56 平成21年度 479名 栃木県立県南体育館 (栃木県)
57 平成22年度 452名 野洲市総合体育館 (滋賀県)
58 平成23年度 547名 沖縄県立武道館 (沖縄県)
59 平成24年度 505名 国立京都国際会館 (京都府)
60 平成25年度 523名 国立京都国際会館 (京都府)
61 平成26年度 558名 国立京都国際会館 (京都府)
62 平成27年度 563名 国立京都国際会館 (京都府)
63 平成28年度 601名 国立京都国際会館 (京都府)
64 平成29年度 638名 国立京都国際会館 (京都府)
65 平成30年度 682名 国立京都国際会館 (京都府)
61 令和元年度 676名 国立京都国際会館 (京都府)
令和2年度 中止

関連項目編集

外部リンク編集