メインメニューを開く

全日本選手権競走(ぜんにほんせんしゅけんきょうそう)は、ボートレースSG競走の1つ。通称「ボートレースダービー(BOAT RACE DERBY)」。2014年度より現在の通称名称になる[1]。「ダービー」や「BD」とも称される。

全日本選手権
(ボートレースダービー)
格付け SG
優勝賞金 3500万円
優勝戦 6名
各準優勝戦上位2名
準優勝戦 得点上位18名
予選 4日間
出場資格 勝率上位の選手
または、優先出場者
主催者 市・組合・企業団
(過去に東京都による主催による開催もあった。)
開催地 日本の旗 持ち回り
開催時期 10月上旬 - 11月上旬
第1回執行日 1953年11月7日
次回開催予定
開催期間 第66回 2019年
10月22日 - 27日
開催地 ボートレース児島
テンプレートを表示

概要編集

本競走は、ボートレースで最も古い伝統と格式を持ち、グレード制やSGが制定される前から続く大会である。ダービーと称される公営競技では、中央競馬の「日本ダービー(東京優駿)」に次いで最も古い。

正式名称は「国土交通大臣旗争奪 全日本選手権競走」で、下付賞は国土交通大臣旗である。優勝選手には優勝旗とダービージャケットが贈られる。

2014年からは5大SG競走GRANDE5の第4戦に位置付けられている。

出場資格編集

選考期間は開催前年の8月1日から、開催年の7月31日まで。

  • 優先出場
前年度優勝者
前年のグランプリの優勝戦出場者(6名)
直前のSG競走であるボートレースメモリアルの優勝者
  • 選考期間内での勝率上位選手
勝率が並んだ場合は着順点上位者から順に選出
※優先出場選手以外は、開催年の後期A1級であることと、160走以上の出走回数が必要である。
  • 選出除外
    • 前回(前年)のボートレースダービーから開催年のボートレースメモリアルのSG優勝戦で選手責任事由によるスタート事故を起こした選手。
    • 開催年のボートレースオールスターから開催年のボートレースメモリアルのSG準優勝戦で選手責任事由によるスタート事故を起こした選手。
    • 負傷・病気による出場辞退があった場合。
    • 選考期間から前検日までに褒賞懲戒規程による出場停止処分を受けた選手。

歴史編集

第1回大会は1953年11月7日 - 10日若松競艇場で開催された(優勝選手 登録番号52 友永慶近)[2]

正式名称と下付賞は、第1回大会より「運輸大臣旗争奪 全日本モーターボート選手権競走」であったが、1998年福岡競艇場で開催された第45回大会より正式名称が「全日本選手権競走」となり、さらに2001年常滑競艇場で開催された第48回大会より下付賞が「国土交通大臣旗」となった。

2001年の第48回大会から2006年の第53回大会までは10月の最終週または10月から11月の月跨ぎで開催されたが、2007年の第54回大会からは2011年の第58回大会までは優勝戦当日が体育の日となるように10月上旬の開催となった。なお、体育の日はハッピーマンデーとなっているので水曜日から始まって月曜日で終わる変則開催となっていた。しかし、2012年の第59回大会より再度開催期間を元に戻している。

2014年の第61回大会から優勝戦で上位3位までに入るとメダル授与が行われるようになり、2015年の第62回大会から優勝戦出場選手に対してメダル授与が行われるようになった(ただしスタート事故があった場合を除く)。

2016年の第63回大会では平山智加が63年の歴史で初めての女子ボートレーサーによるSG大会のドリーム戦・1号艇を手にした。

一時期は最大4000万円にまで達していた優勝賞金は、2011年より減額され、現在は3500万円となっている[3]

2019年からは優勝者がボートレースバトルチャンピオントーナメント競走への優先出場権が与えられる新たなシステムが加わった。

エピソード編集

  • 1953年の第1回大会で早速女子ボートレーサーが出場。出場者は初の女子ボートレーサーであった則次千恵子渕崎栄子中村弘子
  • 1961年の第8回大会は現在SG競走の開催回数が最も多い住之江競艇場で開催された初めてのSGであった。
  • 1958年の第5回大会は江戸川競艇場で開催された唯一のSG競走である。
  • 1967年(昭和42年)、尼崎競艇場で開催された第14回大会では10月5日の大会初日にフライング8件、出遅れ2件、レース中の事故で負傷したボートレーサー1名と事故が多発。また10月10日の優勝戦において5艇のフライングにより競走不成立となった[4]
  • 2009年(平成21年)に尼崎競艇場で開催された第56回大会の第2日目は台風18号の影響で中止・順延となった。これにより優勝戦日は異例の平日ファイナルとなった。SG競走の台風等による荒天順延は2005年桐生競艇場での開催となった第10回オーシャンカップ競走以来4年ぶり。
  • 2010年、第57回大会では本競走初のナイター開催になった[5]
  • 2013年(平成25年)、平和島競艇場で開催された第60回大会の第2日目も台風26号により中止・順延となり、優勝戦は平日である10月21日に開催された。SGの中止順延は前述の2009年の第56回大会以来4年ぶり[6]
  • 2014年(平成26年)、ボートレース常滑で開催された第61回大会は初日が台風19号に伴い中止・順延となり優勝戦は10月20日に行われた。

歴代優勝者編集

出典はボートレースオフィシャルWEBにあるボートレースダービー(全日本選手権)一覧の各回ページより。

回数 開催年 優勝戦日 開催場 ボート 優勝者
選手名 登録番号 年齢 住所(2013年度まで)
所属支部(2014年度以降)
枠番 コース 決まり手
1 1953年(昭和28年) 11月10日 若松 ランナー 友永慶近 52 25 長崎 6 - 恵まれ
2 1954年(昭和29年) 11月30日 徳山 ハイドロ 松尾勝 247 28 福岡 5 - まくり
3 1955年(昭和30年) 11月23日 福岡 ハイドロ 村田吉広 308 27 滋賀 5 - まくり
4 1956年(昭和31年) 11月5日 浜名湖 ハイドロ 中西勉 177 29 香川 3 - 逃げ
5 1958年(昭和33年) 8月6日 江戸川 ハイドロ 三津川要 13 26 滋賀 4 2 逃げ
6 1959年(昭和34年) 11月25日 福岡 ハイドロ 深川功 1216 33 東京 4 6 まくり
7 1960年(昭和35年) 11月13日 若松 ハイドロ 草川祐馬 370 29 大阪 5 2 逃げ
8 1961年(昭和36年) 8月6日 住之江 ハイドロ 倉田栄一 318 29 三重 4 1 逃げ
9 1962年(昭和37年) 11月6日 平和島 ハイドロ 長谷部義一 483 38 和歌山 2 2 逃げ
10 1963年(昭和38年) 11月5日 住之江 ハイドロ 歌谷博 284 35 香川 5 2 抜き
11 1964年(昭和39年) 7月20日 平和島 ハイドロ 北原友次 1481 24 岡山 5 1 逃げ
12 1965年(昭和40年) 9月7日 住之江 ハイドロ 長瀬忠義 1284 40 広島 4 3 差し
13 1966年(昭和41年) 9月6日 住之江 ハイドロ 芹田信吉 1126 33 福岡 1 5 まくり
14 1967年(昭和42年) 10月10日 尼崎 - 不成立
15 1969年(昭和44年) 3月5日 平和島 ハイドロ 金子安雄 1435 30 埼玉 1 4 差し
16 1969年(昭和44年) 12月11日 住之江 ハイドロ 早川行男 1264 38 静岡 5 3 まくり
17 1970年(昭和45年) 10月6日 住之江 ハイドロ 中野信次 268 39 福岡 6 3 まくり
18 1971年(昭和46年) 10月5日 住之江 ハイドロ 鈴木一義 1303 34 東京 5 6 差し
19 1972年(昭和47年) 10月10日 住之江 ハイドロ 金子安雄 1435 33 埼玉 3 4 恵まれ
20 1973年(昭和48年) 10月10日 住之江 ハイドロ 北原友次 1481 33 岡山 1 2 2周1M抜き
21 1974年(昭和49年) 10月8日 住之江 ハイドロ 野中和夫 2291 30 大阪 2 5 -
22 1975年(昭和50年) 10月12日 住之江 ハイドロ 林通 2260 26 岡山 3 1 逃げ
23 1976年(昭和51年) 10月12日 蒲郡 ハイドロ 野中和夫 2291 32 大阪 3 5 まくり
24 1977年(昭和52年) 10月11日 福岡 ハイドロ 松本進 1738 35 愛知 6 1 逃げ
25 1978年(昭和53年) 10月10日 住之江 ハイドロ 松田慎司 2444 30 広島 3 1 抜き
26 1979年(昭和54年) 11月5日 福岡 ハイドロ 八尋信夫 2108 36 福岡 4 4 まくり
27 1980年(昭和55年) 10月14日 唐津 ハイドロ 吉田重義 2288 31 大阪 5 4 まくり
28 1981年(昭和56年) 11月3日 浜名湖 ハイドロ 村上一行 2073 36 岡山 3 5 2周1M差し
29 1982年(昭和57年) 10月12日 桐生 ハイドロ 安部邦男 2079 35 群馬 5 5 2M差し
30 1983年(昭和58年) 10月12日 平和島 ハイドロ 林通 2260 35 岡山 2 4 差し
31 1984年(昭和59年) 10月12日 住之江 ハイドロ 半田幸男 2606 35 広島 6 3 差し
32 1985年(昭和60年) 10月29日 福岡 ハイドロ 彦坂郁雄 1515 44 千葉 6 1 逃げ
33 1986年(昭和61年) 10月14日 桐生 ハイドロ 嶋岡孝 2510 40 三重 1 4 まくり
34 1987年(昭和62年) 10月13日 平和島 ハイドロ 今村豊 2992 26 山口 5 4 まくり
35 1988年(昭和63年) 10月12日 多摩川 ハイドロ 今村豊 2992 27 山口 3 5 まくり
36 1989年(平成元年) 10月13日 住之江 ハイドロ 瀬古修 1950 42 三重 5 3 まくり
37 1990年(平成2年) 10月11日 戸田 ハイドロ 今村豊 2992 29 山口 2 5 差し
38 1991年(平成3年) 10月14日 尼崎 ハイドロ 原田順一 2273 41 福岡 4 5 差し
39 1992年(平成4年) 10月12日 平和島 ハイドロ 服部幸男 3422 21 静岡 4 6 まくり差し
40 1993年(平成5年) 10月12日 戸田 ハイドロ 長嶺豊 1812 49 大阪 2 1 逃げ
41 1994年(平成6年) 10月12日 常滑 ハイドロ 植木通彦 3285 26 福岡 4 4 まくり差し
42 1995年(平成7年) 10月10日 丸亀 ハイドロ 安岐真人 1864 50 香川 3 2 差し
43 1996年(平成8年) 10月10日 福岡 ハイドロ 上瀧和則 3307 28 佐賀 5 1 2周1M抜き
44 1997年(平成9年) 10月12日 唐津 ハイドロ 山崎智也 3622 23 群馬 3 5 差し
45 1998年(平成10年) 10月11日 福岡 ハイドロ 濱野谷憲吾 3590 24 東京 3 5 まくり
46 1999年(平成11年) 10月11日 戸田 ハイドロ 山室展弘 3070 38 岡山 4 3 まくり差し
47 2000年(平成12年) 10月9日 戸田 ハイドロ 池上裕次 3245 36 埼玉 1 1 抜き
48 2001年(平成13年) 10月28日 常滑 ハイドロ 滝沢芳行 3381 33 埼玉 4 3 まくり
49 2002年(平成14年) 11月4日 平和島 ハイドロ 原田幸哉 3779 27 愛知 1 1 逃げ
50 2003年(平成15年) 11月3日 戸田 ハイドロ 山崎智也 3622 29 群馬 1 1 逃げ
51 2004年(平成16年) 10月31日 福岡 ハイドロ 田頭実 3257 37 福岡 1 1 逃げ
52 2005年(平成17年) 10月30日 ハイドロ 太田和美 3557 32 奈良 1 1 逃げ
53 2006年(平成18年) 10月29日 福岡 ハイドロ 魚谷智之 3780 30 兵庫 3 3 まくり差し
54 2007年(平成19年) 10月8日 平和島 ハイドロ 高橋勲 3517 39 神奈川 1 1 逃げ
55 2008年(平成20年) 10月13日 丸亀 ハイドロ 丸岡正典 4042 29 奈良 1 1 抜き
56 2009年(平成21年) 10月13日 尼崎 ハイドロ 松井繁 3415 39 大阪 1 1 逃げ
57 2010年(平成22年) 10月11日 桐生 ハイドロ 瓜生正義 3783 34 福岡 4 4 差し
58 2011年(平成23年) 10月10日 平和島 ハイドロ 池田浩二 3941 33 愛知 1 1 逃げ
59 2012年(平成24年) 10月28日 福岡 ハイドロ 丸岡正典 4042 33 奈良 2 2 差し
60 2013年(平成24年) 10月21日 平和島 ハイドロ 瓜生正義 3783 37 東京 1 1 逃げ
61 2014年(平成26年) 10月20日 常滑 ハイドロ 仲口博崇 3554 42 愛知 1 1 逃げ
62 2015年(平成27年) 10月25日 浜名湖 ハイドロ 守田俊介 3721 40 滋賀 1 1 逃げ
63 2016年(平成28年) 10月30日 福岡 ハイドロ 瓜生正義 3783 40 東京 1 1 逃げ
64 2017年(平成29年) 10月29日 平和島 ハイドロ 深川真二 3623 43 佐賀 6 2 差し
65 2018年(平成30年) 10月28日 蒲郡 ハイドロ 守田俊介 3721 43 滋賀 1 1 逃げ

今後の開催予定編集

  • 第66回大会 2019年(令和元年)10月22日 - 27日 ボートレース児島[7]
  • 第67回大会 2020年(令和2年)10月20日 - 25日 ボートレース大村(ナイター開催)[8]

脚注編集

外部リンク編集