メインメニューを開く

株式会社全日警(ぜんにっけい)は、東京都中央区に本社を構える、警備業者。

株式会社全日警
Zennikkei headquarters, at Nihonbashi-Hamacho, Chuo, Tokyo (2019-01-02).jpg
本社
種類 株式会社
略称 ANS
本社所在地 日本の旗 日本
103-0007
東京都中央区日本橋浜町一丁目1番12号
プラザマーム
設立 1966年10月8日
業種 サービス業
法人番号 6010001034791
事業内容
  1. 企業警備(常駐警備、巡回警備、保安警備、機械警備、公営競技場警備、催物警備等)および身辺警備
  2. 貨物自動車運送事業(現金および有価証券ならびにその他貴重品)
  3. 建物の保守、清掃および建物に付設する機械、装置等の管理
  4. 警備用機械器具および警備システムの国内販売および輸出入販売
  5. 電気通信工事、電気工事、一般建築付帯工事の請負と保守業務
  6. 損害保険代理業
  7. 通訳業務
  8. 前各号に付帯関連する一切の業務警備サービス
代表者 代表取締役社長 片岡由文
資本金 4億9,428万円(2014年3月31日現在)
売上高 341億5,000万円(2009年3月31日現在)
従業員数 4,759人(2014年現在)
決算期 3月末日
外部リンク http://www.zennikkei.co.jp/
特記事項:東京都公安委員会認定 第3号
テンプレートを表示
東海道新幹線沿線をパトロールする全日警の車両

警備業界では売上高第4位(2006年度実績)。高層ビルや官公庁、駅・空港からホームセキュリティまで、セキュリティーサービス全般を手掛ける。業界4位の大手であるが上場はしていない。

JR東海と企業提携しており(JR東海が全日警株を13.2%保有)、東海道新幹線の沿線パトロールや、名古屋駅など主要各駅、本社が入居しているJRセントラルタワーズリニア・鉄道館などJR東海関連施設の警備を請け負い、2018年に発生した東海道新幹線車内殺傷事件をうけて東海道新幹線の車内巡回乗務にも携わるようになった。

みどり会の会員企業であり三和グループに属している[1]

目次

企業沿革編集

  • 1965年 8月 創業
  • 1966年10月 株式会社全日警として法人設立(資本金1200万円)
  • 1969年 5月 機械警備事業開始
  • 1970年 4月 日本万国博覧会(大阪万博) 警備実施
  • 1972年11月 警備業法施行に伴い届け出実施
  • 1983年 3月 改正警備業法に基づく認定証の交付
  • 1985年 3月 国際科学技術博覧会(つくば科学博) 警備実施
  • 1988年 3月 千葉県市原市に研修センター開設
  • 1989年 5月 一般区域(限定)貨物自動車運送事業開始
  • 1990年 4月 国際花と緑の博覧会 警備実施
  • 1996年10月 ホームセキュリティ(新商品)販売開始
  • 1996年11月 全栄会を発起し設立
  • 1998年 2月 長野オリンピック 警備実施
  • 2001年12月 東京中央支社 ISO 9001認証取得
  • 2003年 1月 横浜支社・名古屋支社 ISO 9001認証取得
  • 2003年11月 名古屋空港支社(現・中部空港支社) ISO 9001認証取得
  • 2004年10月 長崎支社 ISO 9001認証取得
  • 2005年 3月 2005年日本国際博覧会(愛・地球博) 警備実施
  • 2006年11月 ホームセキュリティ「ハッピーガード」の販売開始
  • 2011年 6月 片岡直公 代表取締役社長が代表取締役会長へ、片岡由文 代表取締役副社長が代表取締役社長へ異動
  • 2016年 5月 第42回先進国首脳会議(伊勢志摩サミット) 警備実施

系列会社編集

提携会社編集

脚注・出典編集

関連項目編集

外部リンク編集